067_r

屏風ノ耳へと向かう途中、穂高の稜線がやっと姿を見せてくれました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です