04月

熊本県 小岱山

4/8(月)熊本県の小岱山に登って来ました!

今回は九州トレッキング倶楽部の記念すべき第一回の山行です。

小岱山は麓から沢山のルートで登ることが出来る山で熊本のハイカーに

親しまれている山です。今回は中央登山口から筒ヶ岳、観音岳を経て蛇ヶ谷公園

へと縦走しました。

P1000693

 

 

 

 

 

中央登山口(5台程度の駐車スペースがあります。)

P1000694

 

 

 

 

 

 

 

早くもミツバツツジが咲き始めていました。

P1000695

 

 

 

 

 

 

 

歩きやすい登山道を緩やかに登って行きます。

P1000696

 

 

 

 

 

小岱山系最高峰、筒ヶ岳(501m)に到着。

登山口より約50分程で到着、山頂からは西側に有明海を挟んで

雲仙普賢岳を望むことが出来ます。

P1000697

 

 

 

 

 

P1000698

 

 

 

 

 

筒ヶ岳山頂の九州自然歩道(筒ヶ岳)説明標識

P1000699

 

 

 

 

 

 

 

P1000702

 

 

 

 

 

P1000703

 

 

 

 

 

 

 

筒ヶ岳から観音岳へと向かう縦走路、歩きやすく

快適な道が続きます。日当たりが良いこともあり

早くもミツバツツジがあちらこちらで咲いていました。

P1000704

 

 

 

 

 

観音岳(473m)山頂に到着。広い草原状になっており展望

も素晴らしく、玉名市、荒尾市をはじめ阿蘇方面や南側には

金峰山、二ノ岳、三ノ岳など確認する事が出来ました。

平日でしたが奥のハイカーが訪れていました。

我々もここでランチタイムをとりました。

P1000705

 

 

 

 

 

P1000706

 

 

 

 

 

 

 

P1000707

 

 

 

 

 

 

 

P1000709

 

 

 

 

 

観音岳から蛇ヶ谷公園までの縦走路では満開のミツバツツジ

も見ることができました。ハルリンドウもあちらこちらで顔をのぞかせて

いました。

今回のコースタイムは中央登山口から蛇ヶ谷公園までの約4時間

の縦走でしたが、丁度よいハイキングコースでお勧めです。

下山後は玉名温泉 美人の湯で汗を流して帰りました。

次回は大分県の元越山の山の便りをお届けしますね!

Byヒデ

※ゴールデンウィ-クは大崩山、傾山、五葉岳、夏木山、天主山など予定しています。

世界自然遺産 屋久島 

3/29(金)~31(日) の行程で屋久島に行って来ました!

1日目は博多駅よりJR九州新幹線を利用し、鹿児島中央駅まで移動。(小倉)

鹿児島南埠頭まで車で移動。

屋久島へは高速艇(トッピー)を利用しました。

P1000532

 

 

 

高速船は鹿児島~屋久島間を1時間45分で運行

 

 

P1000534

 

 

 

 

高速船戦中からは錦江湾を挟んで薩摩富士/開聞岳

が綺麗な形を浮かび上がらせていました。

P1000538

 

 

 

 

 

 

 

今回は安房港近くのホテル屋久島山荘さんに宿泊しました。

ホテル屋久島山荘は旧安房旅館で小説家の林芙美子さん

の小説「浮雲」の執筆活動をこのお宿でされた経緯があり、

浮雲の宿として有名です。

 

行程2日目はいよいよ九州の山の最高峰 宮之浦岳にアタックです。

P1000552

 

 

 

 

 

 

今回は淀川登山口より入山。登山口には立派なトイレも

設置されています。

P1000553

 

 

 

 

 

 

P1000564

 

 

 

 

 

登山口を出発して1時間程したところにある淀川小屋に到着。

P1000563

 

 

 

 

小屋の脇にはトイレも設置されています。

P1000567

 

 

 

 

 

 

小屋の中は綺麗に利用されています。

P1000566

 

 

 

 

 

 

 

トイレは携帯トイレが利用出来るようになっています。

携帯トイレ利用は今では山の常識になってきています。

P1000570

 

 

 

 

 

P1000574

 

 

 

 

 

 

 

小屋のすぐ先にある淀川、水の色がとても綺麗

で周りの景色とマッチして何とも言えない雰囲気

を醸し出しています。この橋を渡るといいいよ本格的な

登りが始まります。

P1000581

 

 

 

 

 

小花之江河の少し手前の地点から見た高盤岳山頂には

変わった形をした岩がのっています。

P1000585

 

 

 

 

 

小花之江河です。もう少し進むと花之江河!

P1000592

 

 

 

 

 

登山口より約2時間半強で標高1600mの花之江河に到着。

正面には黒味岳が見えています。

P1000593

 

 

 

 

 

 

 

P1000595

 

 

 

 

 

投石平と右手には筑紫岳/投石岳

P1000596

 

 

 

 

 

投石平側より黒味岳を望む(右側のピークが黒味岳最高点)

P1000605

 

 

 

 

 

P1000606

 

 

 

 

 

投石平からは安房岳、翁岳の山麓を巻くようにして徐々に

標高を上げていきます。(正面の山は栗生岳です)

P1000609

 

 

 

 

 

ヤクジカが高みの見物をしています。

P1000611

 

 

 

 

 

栗生岳の取付き付近より振り返ると手前から翁岳、安房岳、筑紫岳

が綺麗に並んでいます。

P1000616

 

 

 

 

 

この栗生岳の奥に宮之浦岳が、あと少しガンバ!

P1000618

 

 

 

 

 

P1000622

 

 

 

 

 

登山口よりゆっくり登ること約6時間、やっと九州最高峰の

宮之浦岳(1936m)山頂に到着。

今日はおだやかな晴天のなか山頂に立つことが出来、

参加者全員満面の笑みでした。

P1000623

 

 

 

 

 

宮之浦岳山頂より北側には永田岳の特徴のある山容が見えています。

この日は春霞もあありあまり遠くの島までは確認出来ませんでしたが、

トカラ列島、大隅半島など確認することが出来ました。

下山は往路を戻り、最終的には11時間半かけて淀川登山口へ到着。

ゆっくり、安全に怪我無くが一番です!

夕食時は勿論、祝杯をあげ大いに盛り上がりました。

 

行程最終日は白谷雲水峡、もののけの森ショートハイクをしました。

P1000634

 

 

 

 

 

最終日はあいにくの雨となりましたが、小雨程度だったし

登頂目的日は晴れていたので良しとするか!

P1000635

 

 

 

 

 

P1000646

 

 

 

 

 

 

 

二代大杉です。

P1000654

 

 

 

 

 

白谷雲水峡、もののけの森というイメージに惑わされては

いけません、はっきりいって山道です。おまけに岩の上や

木の根は非常に滑りやすいので注意が必要です。

P1000658

 

 

 

 

 

 

 

P1000673

 

 

 

 

 

雲水峡入口から約1時間でもののけの森に到着。

この先30分程先にある太鼓岩も天気の良い日は眺めも

良く立ち寄りたい場所です。

P1000661

 

 

 

 

 

P1000683

 

 

 

 

 

 

 

P1000685

 

 

 

 

 

P1000688

 

 

 

 

 

P1000691

 

 

 

 

 

白谷雲水峡入口付近に咲いていたモチツツジ

※地元のガイドさん曰く、今年のシャクヤクナゲは20年に

一度の当り年との事です。是非屋久島の山を訪ねてみては

いかがでしょうか?  byヒデ