08月

穂高岳登頂4日間

8/23(金)~26(月)の日程で北アルプスの穂高岳に登って来ました。

初日は中部空港より沢渡(さわんど)まで移動、シャトルバスに乗り換え上高地より入山。

歩き始めるとすぐに土砂降りの雨の洗礼を受ける。本日の行程は2時間ほど歩いたところにある、徳沢ロッジが終点となります。

雨の中、ひたすら黙々と歩くのみ!

 

2日目は出発時から小雨がパラついたり止んだりの天気。出発してから1時間ちょっと歩いた横尾に到着する頃には雨も止んでいました。

P1010041結果P1010042結果

 

 

 

 

 

 

 

左側画像は横尾山荘前の広場より見た屏風岩方面徐々にガスの切れ間から顔を出してきた屏風岩

P1010048結果P1010052結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側の画像は横尾より1時間ほど登ったところにある本谷橋です。天気のせいか、いつもなら登山者でにぎわっている河原も

ちょっぴり寂しい感じ。

P1010055結果P1010056結果

 

 

 

 

 

 

 

標高が上がるにつれ高山植物たちも顔を出してきます。オオヒョウタンボクの花。

P1010057結果P1010058結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上はチングルマの綿毛、左側はアオノツガザクラです。

涸沢小屋

涸沢小屋

涸沢小屋のテラスより前穂高方面の望む

涸沢小屋のテラスより前穂高方面の望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前穂高の岩稜と涸沢カール

前穂高の岩稜と涸沢カール

我がグル―プの女性メンバー ガッツポーズ

我がグル―プの女性メンバー ガッツポーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屏風の頭付近の展望です。左奥dは常念岳

屏風の頭付近の展望です。左奥dは常念岳

どこから見ても特徴のある形ですぐに判る常念岳

どこから見ても特徴のある形ですぐに判る常念岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カール上部に位置する涸沢岳、涸沢槍

カール上部に位置する涸沢岳、涸沢槍

 

ザイテングラート

ザイテングラート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨もあがり前穂高の岩稜も綺麗に見えてきました。

雨もあがり前穂高の岩稜も綺麗に見えてきました。

ナナカマドの花と前穂高岳

ナナカマドの花と前穂高岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チングルマの花

チングルマの花

シナノキンバイ

シナノキンバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ

エゾシオガマ

エゾシオガマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザイテングラートの岩場。安全のためヘルメット装着です。

ザイテングラートの岩場。安全のためヘルメット装着です。

クサリ場を慎重に通過する登山者

クサリ場を慎重に通過する登山者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涸沢小屋より約2時間半ほどで本日の宿、穂高岳山荘に到着。

涸沢小屋より約2時間半ほどで本日の宿、穂高岳山荘に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穂高岳山荘を出てすぐのハシゴ場

穂高岳山荘を出てすぐのハシゴ場

他のグループが下山しています。

他のグループが下山しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋の奥にテント場、その上部は涸沢岳です。

小屋の奥にテント場、その上部は涸沢岳です。

小屋前のテラスより涸沢カールを見下ろす。

小屋前のテラスより涸沢カールを見下ろす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テント場上部より前穂高岳方面を望む。

テント場上部より前穂高岳方面を望む。

右側奥の方にジャンダルムが顔をのぞかせています。

右側奥の方にジャンダルムが顔をのぞかせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンダルム

ジャンダルム

 

ジャンダルム アップ画像

ジャンダルム ズームアップ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常念岳

常念岳

前穂高岳

前穂高岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋に到着してからは天気も回復し、展望を楽しむ事が出来ました。明日天気にな~れ!

 

 

小屋を出発してから慎重に岩場を通過し約50分程で奥穂高岳3190mに登頂。

小屋を出発してから慎重に岩場を通過し約50分程で奥穂高岳3190mに登頂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涸沢小屋付近に咲いていたヤナギラン

涸沢小屋付近に咲いていたヤナギラン

ホソバトリカブト?

ホソバトリカブト?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりがけでしたがキヌガサソウが咲いていました。

終わりがけでしたがキヌガサソウが咲いていました。

オオヒョウタンボクの実。

オオヒョウタンボクの実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラシナショウマ

サラシナショウマ

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロクモソウ

クロクモソウ

ズームアップ画像

ズームアップ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本谷橋のところで記念撮影

本谷橋のところで記念撮影

奥に見えている山は蝶槍です。

奥に見えている山は蝶槍です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は朝から濃いガスの中出発。登り始めると小雨が降りだす天気になってしまいました。ガッくし

今回は参加者の体力、技術を考慮したうえで、雨・風共に弱い事もあり登頂を決意しました。

岩が濡れているときには細心の注意が必要な事は言うまでもありませんね!

奥穂高岳登頂後、涸沢岳にも登る予定でしたが、天気が悪くなりそうだったので登らずに早めに下山する事にしました。

3日目の宿は横尾山荘。お風呂にも入れるしルンルンで下山。

夜は満天の星空を鑑賞してから寝床につきました。

 

 

モルゲンロート(朝焼け)に染まる前穂高岳

4日目は悔しいぐらい良いお天気です。モルゲンロート(朝焼け)に染まる前穂高岳

前穂高岳ズームアップ画像

前穂高岳ズームアップ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1010164結果

 

 

 

 

 

 

 

 

梓川を挟んで前穂高岳と明神岳

梓川を挟んで前穂高岳と明神岳

明神岳

明神岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明神橋と明神岳

明神橋と明神岳

 

帰りは明神橋を渡り、自然探勝路経由で河童橋へ

帰りは明神橋を渡り、自然探勝路経由で河童橋へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梓川の奥に焼岳を望む事ができます。

梓川の奥に焼岳を望む事ができます。

 

 

 

P1010185結果

 

 

 

 

 

 

 

 

河童橋付近から見た穂高の山々

河童橋付近から見た穂高の山々

焼岳を望む

焼岳を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4日間歩き通した自分へのご褒美?五千尺ホテルで美味しいケーキセットを頂きました!

4日間歩き通した自分へのご褒美?五千尺ホテルで美味しいケーキセットを頂きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信州といえばソバでしょう!

信州といえばソバでしょう!

美味しいソバに皆、満足もう下山したからお酒もいいよねと、美味しい升酒を飲みながらニンマリ。

美味しいソバに皆、満足もう下山したからお酒もいいよねと、美味しい升酒を飲みながらニンマリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山後は平湯温泉にて汗を流しました。

入浴してサッパリしたら今度は食欲が・・・信州といえばやっぱりソバでしょう!

参加したメンバーより、以前食べたソバ屋が美味しいとの情報を得て皆で早速食べに行くぞ!

バタバタとあわただしい山行よりこんなノンビリとした山行って良いよね~と一同納得。

今回はお天気の悪い中での奥穂高岳登頂でしたが、参加された皆さんのご協力のおかげで無事終了することが出来ました。

感謝!感謝!      byヒデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

槍ヶ岳登頂4日間

8月3日(土)~6日(火)の4日間で槍ヶ岳に行って来ました。

初日、平湯温泉にてシャトルバスに乗り換え、上高地バスセンターに到着。

ストレッチをした後、出発。本日の行程は徳沢までの約2時間の歩きです。

河童橋から岳沢、穂高を望む

河童橋から岳沢、穂高を望む

梓川越しに明神岳

梓川越しに明神岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳沢までは樹林帯の歩きやすい道が続きます。

徳沢までは樹林帯の歩きやすい道が続きます。

センジュガンピ

センジュガンピ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元同僚の中祖夫妻。今回は徳沢までキャンプに来たそうです

中祖夫妻。今回は徳沢までキャンプに来たそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梓川沿いの景観が広がります。

梓川沿いの景観が広がります。

今晩の宿、徳沢ロッジ

今晩の宿、徳沢ロッジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は徳沢から穂高岳山荘まで登ります。

ヤマホタルブクロ

ヤマホタルブクロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横尾山荘

横尾山荘

横尾山荘前から見た屏風岩方面

横尾山荘前から見た屏風岩方面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ

槍沢に沿って標高を上げて行きます。

槍沢に沿って標高を上げて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横尾山荘から約2時間程で槍沢ロッジに到着。一休み

横尾山荘から約2時間程で槍沢ロッジに到着。一休み

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバギボウシ

オオバギボウシ

イワオトギリ

イワオトギリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

槍沢キャンプ場付近からは沢幅が広くなり傾斜も段々きつくなります。

槍沢キャンプ場付近からは沢幅が広くなり傾斜も段々きつくなります。

P1000924結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南岳から派生しる横尾尾根の斜面には幾筋もの滝が流れていました。

南岳から派生しる横尾尾根の斜面には幾筋もの滝が流れていました。

P1000925結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオヒョウタンボク

オオヒョウタンボク

クルマユリ

クルマユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

槍沢沿いには短い雪渓が数箇所まだ少し残っていました。

槍沢沿いには短い雪渓が数箇所まだ少し残っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000936結果

ニッコウキスゲの群落

ニッコウキスゲの群落

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだん薄日がさしてきました。

だんだん薄日がさしてきました。

雪渓

雪渓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカラマツ

ミヤマカラマツ

オオバキスミレ

オオバキスミレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シナノキンバイ

シナノキンバイ

P1000948結果

 

 

 

 

 

 

 

 

コバイケイソウと山

コバイケイソウと山

P1000955結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はコバイケイソウの当たり年だそうです。

今年はコバイケイソウの当たり年だそうです。

登ってきた槍沢を振り返ります。左側の山は赤沢山です

登ってきた槍沢を振り返ります。左側の山は赤沢山です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見えている山は左が西岳、右側は赤沢岳です。

見えている山は左が西岳、右側は赤沢岳です。

P1000962結果

 

 

 

 

 

 

 

 

天を突く鋭鋒、槍ヶ岳(参加者撮影)私はこの後、ハプニングがあり一旦、槍沢ロッジまで下山することになり画像がありません。ゴメンなさい!

天を突く鋭鋒、槍ヶ岳(参加者撮影)私はこの後、ハプニングがあり一旦、槍沢ロッジまで下山することになり画像がありません。ゴメンなさい!

 

 

 

 

 

 

 

 

私が登り返し、槍ヶ岳山荘へ到着したのは19:40分頃でした。(勿論、参加者は夕方には山荘に到着しています)

この日は夕方より山頂付近は濃いガスに覆われ、深夜には雨が降っていまいた。

翌朝も岩場が濡れているのと、天気も霧雨が降っていた為、安全第一で登頂を断念しました。

3日目の行程は西側に位置する槍平小屋まで移動予定でしたが、コース変更し、上高地側へ移動して横尾山荘に泊まることにしました。

P1000969結果P1000970結果

 

 

 

 

 

 

 

4日目も朝から天気が悪く、曇り空の下、横尾山荘を後にしました。

P1000971結果P1000976結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上高地ビジターセンターにも立ち寄りました。

上高地ビジターセンターにも立ち寄りました。

梓川の奥に焼岳が顔を出していました。

梓川の奥に焼岳が顔を出していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梓川と河童橋

梓川と河童橋

穂高の山並み

穂高の山並み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山後は平湯温泉の平湯の森で山の汗を流しサッパリしました。

下山後は平湯温泉の平湯の森で山の汗を流しサッパリしました。

中部空港にてフライト待ちの間、展望デッキより夕陽を眺めました。

中部空港にてフライト待ちの間、展望デッキより夕陽を眺めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の夏はとにかく山の天候が安定しないのが特徴です。年々地球規模での異常気象が報道されています。

人間の力とは大自然の猛威の前になすすべもありません。もっと自然の大切さ、敬愛の念を抱きながら共存していかなければいけないのかな~と考える今日この頃です。

byヒデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井原山山麓 オオキツネノカミソリ

7月31日(水)久しぶりに井原山のオオキツネノカミソリを見に行きました!

今回はプライベート山行です。あまり時間がなかったのと、暑さもあり水無鍾乳洞付近のみの散策にしました。

水無鍾乳洞への案内板があります。

水無鍾乳洞への案内板があります。

 

P1000859結果

 

 

 

 

 

 

 

平日でしたが相変わらず花の時期はマイカーが多かった!

平日でしたが相変わらず花の時期はマイカーが多かった!

案内板

案内板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山口

登山口

P1000864結果

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いだしてすぐオオキツネノカミソリが出てきます。

歩いだしてすぐオオキツネノカミソリが出てきます。

 

P1000867結果

 

 

 

 

 

 

 

P1000890結果P1000893結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000875結果P1000895結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000896結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開花状況としては一週間程前が良かったのではないかと思われますが、それでも充分楽しませて頂きました。

それにしても暑すぎる!この時期、標高の高い山ばかり登っている私には結構こたえるかな~ ぐったりと言った感じ!早く標高の高い山へ避難しなくては。 byヒデ

立山三山縦走

7月27日(土)~30日(火)の日程で立山三山縦走&大日三山縦走に行って来ました!

初日は室堂ターミナルの少し手前に位置する天狗平山荘に宿泊です。

天狗平山荘

天狗平山荘

ニッコウキスゲの花

ニッコウキスゲの花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目、あいにくの天気となりました。本日の予定コースは室堂~浄土山~立山/雄山~大汝山~別山~剱御前小舎です。

P1000814結果

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000816結果

コバイケイソウ

コバイケイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナイチゴの花

ベニバナイチゴの花

ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タカネヤハズハハコ

タカネヤハズハハコ

トモエシオガマ

トモエシオガマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浄土山山頂

浄土山山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

一ノ越

一ノ越

雄山の登り

雄山の登り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雄山の一等三角点(立山)

雄山の一等三角点(立山)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雄山神社上宮

雄山神社上宮

 

立山雄山 社務所横の標柱

立山雄山 社務所横の標柱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大汝山(3015m)

大汝山(3015m)

天気が悪いこともあり雷鳥が姿を現してくれました。

天気が悪いこともあり雷鳥が姿を現してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000834結果P1000835結果

 

 

 

 

 

 

 

ガスの切れ間から一瞬、雷鳥平方面の景色を望むことが出来ました。

ガスの切れ間から一瞬、雷鳥平方面の景色を望むことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は剱御前小舎から大日三山に登り大日小屋に宿泊予定でしたが、天候の回復が見込めないこともあり、室堂へと下山する事にしました。

3日目の宿は初日宿泊した天狗平山荘へと変更。お風呂もあり快適に過ごすことができます。

4日目は当初、下山口にもなっていた称名滝を訪れました。

称名滝 案内板

称名滝 案内板

 

 

 

 

 

 

 

大日岳の登山口(当初の予定ではここに下ってくる予定でした)

大日岳の登山口(当初の予定ではここに下ってくる予定でした)

 

 

 

残雪期のみに現れるハンノキ滝

残雪期のみに現れるハンノキ滝

P1000844結果

 

 

 

 

 

 

 

P1000849結果P1000850結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000851結果P1000852結果P1000853結果

 

 

 

 

 

 

 

ソバナ

ソバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の山行は天候不順のため大日三山縦走を断念し下山しました。安全登山の原点に戻り、時には予定変更する勇気も大切ですね!  byヒデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西表島 サガリバナ鑑賞とウミショウブ

7月22日(月)~24日(水)で西表島にサガリバナ&ウミショウブの鑑賞に行ってきました。

初日は福岡空港を出発。沖縄空港経由で新石垣空港へと移動、石垣島からは高速艇にて西表島へ。

石垣港には台湾からのクルーズ船が停泊していました。

石垣港には台湾からのクルーズ船が停泊していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西表島の上原港。綺麗な海が広がっています。

西表島の上原港。綺麗な海が広がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿に到着後、近くの海岸へと散策に出ました。

宿に到着後、近くの海岸へと散策に出ました。

綺麗な砂浜が続いています。

綺麗な砂浜が続いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂浜にはウミショウブ(トチカガミ科ウミショウブ属)の雄花が打ち上げられていました。

砂浜にはウミショウブ(トチカガミ科ウミショウブ属)の雄花が打ち上げられていました。

手前に盛り上がったような砂に見えるのが受粉出来なかった?雄花です。

手前に盛り上がったような砂に見えるのが受粉出来なかった?雄花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎ウミショウブの雄花は通常水面より下にあり、干満の差が激しい大潮の干潮時に花がちょうど水面に届く程度の水深になります。

雌花はちょうどこの数時間にあわせて開花し、水面に張り付くようにして花びらを広げます。雄花ははじけたポップコーンの様にいきよいよく

水面へと浮かび上がり、水面を風に吹かれて移動し、雌花に受粉します。ときに海面を真っ白に覆い尽くすほどです。

潮が満ちてくると雌花は雄花を閉じ込みながら沈んでゆき、受粉が完了するのです。何とも神秘的な一瞬です!

2日目はピナイ川へとリバーウオッチング&ピナイサーラの滝までのジャングルトレキングを楽しみます。

船着場へと向かう途中の車道に珍しい鳥が姿を見せてくれました。

絶滅危惧種のリュウキュウキンバト

絶滅危惧種のリュウキュウキンバト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船着場近くで出陣式?カヌーに乗るのが初めての方も多く、記念撮影。

船着場近くで出陣式?カヌーに乗るのが初めての方も多く、記念撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000696結果2人乗りカヌー、力をあわせて漕ぎましょう!

2人乗りカヌー、力をあわせて漕ぎましょう!

 

 

カヌーを40分ほど漕いだ後、30分程度のジャングルトレッキング

カヌーを40分ほど漕いだ後、30分程度のジャングルトレッキング

板根(ばんこん)といわれる板状の根が特徴のシマスオウノキ

板根(ばんこん)といわれる板状の根が特徴のシマスオウノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピナイサーラの滝

落差約80m、ピナイサーラの滝

滝壺では子供、大人が入り混じりながら水遊びを楽しんでいました。当然私も滝壺で泳ぎましたよ~

滝壺では子供、大人が入り混じりながら水遊びを楽しんでいました。当然私も滝壺で泳ぎましたよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000710結果P1000713結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潮が引いたマングローブの水辺ではムツゴロウに似たハゼの仲間やフタハオガニなどが楽しそうに遊んでいました。

潮が引いたマングローブの水辺ではムツゴロウに似たハゼの仲間やフタハオガニなどが楽しそうに遊んでいました。

ヒメシオマネキ?

ヒメシオマネキ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後は祖納の海岸にて大潮で干潮になり、遠浅になった海岸でウミショウブの観察会を行いました。

皆でウミショウブの雄花が浮き上がる瞬間を見るためじっと観察しています。

皆でウミショウブの雄花が浮き上がる瞬間を見るためじっと観察しています。

ウミショウブの雄花(水中に沈んでいます)中に白く見えるのが受粉のために浮き上がる寸前の雄花。

ウミショウブの雄花(水中に沈んでいます)中に白く見えるのが受粉のために浮き上がる寸前の雄花。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水面に浮き上がるとクリオネの様な姿で水面を滑るように走り雌花を探しながら漂います。

水面に浮き上がるとクリオネの様な姿で水面を滑るように走り雌花を探しながら漂います。

P1000727結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウミショウブの雌花

ウミショウブの雌花

潮が満ちてくると共に雄花を飲み込みながら沈んで行きます。(受粉)

潮が満ちてくると共に雄花を飲み込みながら沈んで行きます。(受粉)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠浅の海岸には珊瑚礁があり、多くの魚たちが生息しています。カクレクマノミが姿を見せてくれました。

遠浅の海岸には珊瑚礁があり、多くの魚たちが生息しています。カクレクマノミが姿を見せてくれました。

 

P1000733結果

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄といえばオリオンビールでしょう!

沖縄といえばオリオンビールでしょう!

宿の庭に時々姿を現す絶滅危惧種のセマルハコガメ

宿の庭に時々姿を現す絶滅危惧種のセマルハコガメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿の方の計らいで、夕食後の月見の宴が開かれました。(地元の方の三線/さんしん演奏)と歌で思い出に残る旅となりました。

宿の方の計らいで、夕食後の月見の宴が開かれました。(地元の方の三線/さんしん演奏)と歌で思い出に残る旅となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は早朝より行動を開始しました。それというのも、サガリバナ(夜中に開花する花です)鑑賞の為です。

早朝4時前に宿を出発し、薄暗いマングローブの森をカヌーを漕いで観察に行きます。

カヌーを漕ぐのも2日目という事もあり皆、漕ぐ姿も様になってきました!

P1000763結果

サガリバナの花(蔓に下がっています)

サガリバナの花(蔓に下がっています)

P1000760結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水面に落下したサガリバナの花

水面に落下したサガリバナの花

 

 

P1000769結果

 

 

 

 

 

 

P1000774結果P1000779結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜が明ける頃、花弁が水面へと落下します。静寂の中で水面に着水する瞬間にも微かな音がします。

今回は一週間程前に台風が通過したこともあり水面に浮かぶ花の数は少なかったのですが、多い時は

水面を花で覆い尽くすほどです。次回に期待したいと思います。

サガリバナを鑑賞した後、午前8時頃には宿へと戻ります。

P1000780結果P1000782結果P1000783結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早朝のマングローブの森をカヌーで進むのは何とも気持ちの良いものです。

サガリバナを見に行った後良川(シイラガワ)の河口

サガリバナを見に行った後良川(シイラガワ)の河口

宿へ戻る途中、由布島入口にてトイレ休憩に立ち寄りました。

宿へ戻る途中、由布島入口にてトイレ休憩に立ち寄りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車道より、前日に行ったピナイサーラの滝を見ることが出来ました。

車道より、前日に行ったピナイサーラの滝を見ることが出来ました。

正午頃、上原港を出航。石垣島へと高速艇にて向かいます。

正午頃、上原港を出航。石垣島へと高速艇にて向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石垣港の旅客ターミナル

石垣港の旅客ターミナル

沖縄で見られる伝説の獣の像、シーサー(魔除けの像)

沖縄で見られる伝説の獣の像、シーサー(魔除けの像)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は旅客ターミナルの近くにある郷土料理のお店で昼食をとりました。

今回は旅客ターミナルの近くにある郷土料理のお店で昼食をとりました。

グルクンの唐揚げ(なかなか美味しいですよ)その他色々食べました!

グルクンの唐揚げ(なかなか美味しいですよ)その他色々食べました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食が済んだ後は、再集合時間を決めて、各々お土産を物色に向いました。

市場などを歩くとその土地の生活、風土を垣間見ることができるので旅の楽しみのひとつです。

ここ石垣市では公設市場などが有名です。

あっという間の3日間、新石垣空港を後にします。

あっという間の3日間、新石垣空港を後にします。

飛行機の窓からは眼下に島をとり巻く美しい珊瑚礁の景色が広がっていました。

飛行機の窓からは眼下に島をとり巻く美しい珊瑚礁の景色が広がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎ カヌー体験、綺麗なサガリバナの花、マングローブの森など西表島は大変魅力的なスポットです。

ぜひ一度訪れて実際に体験して見てはいかがですか?  byヒデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道東の山旅

先日14日に北海道から戻ったばかりですが、7月16日(火)~19日(金)の

日程で今回は道東の山3座 「羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳」に登って来ました!

初日は福岡空港より羽田空港経由で女満別空港へと到着。

空港を出発、宿へ向かう途中にオシンコシンの滝に立ち寄りしました。

今年は積雪が多かったせいか滝の水量も例年より多く感じました。

オシンコシン滝

オシンコシン滝

P1000423結果

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000425結果

 

 

 

 

 

 

 

 

知床といえば知床五湖ですが、今回は1湖のみ訪れました。

ビジターセンター

ビジターセンター

P1000430結果

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000428結果P1000431結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然保護の為、木道が整備されています。

P1000438結果P1000436結果

 

 

 

 

 

 

 

知床一湖P1000434結果

 

 

 

 

 

 

 

2日目は岩尾別温泉より入山しました。

P1000440結果P1000441結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弥三吉水

弥三吉水

銀冷水の携帯トイレブース

銀冷水の携帯トイレブース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナエンレイソウ

シロバナエンレイソウ

P1000451結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツバメオモト

ツバメオモト

P1000448結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000456結果

大沢の登り

大沢の登り

P1000460結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾコザクラ

エゾコザクラ

ジムカデ

ジムカデ

 

 

 

 

 

 

 

キバナシャクナゲ・チングルマ

キバナシャクナゲ・チングルマ

エゾノツガザクラ

エゾノツガザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チングルマ綿毛

チングルマ綿毛

エゾツツジ

エゾツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チシマノキンバイソウ

チシマノキンバイソウ

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワギキョウ

イワギキョウ

メアカンキンバイ

メアカンキンバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メアカンフスマ

メアカンフスマ

アップ画像

アップ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンネソウ

リンネソウ

チシマクモマグサ

チシマクモマグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾイソツツジ

エゾイソツツジ

イワブクロ

イワブクロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂は少しガスっています

山頂は少しガスっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾノツガザクラ

エゾノツガザクラ

アップ画像

アップ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂までもうすぐ、ガンバ!

山頂までもうすぐ、ガンバ!

ウコンウツギ

ウコンウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂手前の岩場

山頂手前の岩場

羅臼岳山頂

羅臼岳山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂標識と奥に硫黄山

山頂標識と奥に硫黄山

P1000497結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂からの下り、羅臼平と三ツ峰

山頂からの下り、羅臼平と三ツ峰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000526結果

大沢の下り、アイゼン装着

大沢の下り、アイゼン装着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大沢、眼下はオホーツク海

大沢、眼下はオホーツク海

知床五湖

知床五湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は斜里岳に登ります。

清里町より斜里岳を望む

清里町より斜里岳を望む

清里荘横から入山

清里荘横から入山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山届けBOX横に登山道情報が明記されていました。

登山届けBOX横に登山道情報が明記されていました。

P1000555結果

 

 

 

 

 

 

 

 

清里荘登山口より20分程先にある沢入口登山口

清里荘登山口より20分程先にある沢入口登山口

沢沿いのルートを注意しながら標高を上げていきます

沢沿いのルートを注意しながら標高を上げていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバタケシマラン

オオバタケシマラン

下二股(下山時はここに出てきます)

下二股(下山時はここに出てきます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000560結果P1000566結果

 

 

 

 

 

 

 

P1000568結果P1000569結果

P1000574結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翠流横を慎重に登ります。要所要所にロープもあります

翠流横を慎重に登ります。要所要所にロープもあります

オオレイジンソウ

オオレイジンソウ

アップ画像

アップ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンカヨウ

サンカヨウ

ハクサンチドリ

ハクサンチドリ

エゾゼンテイカ

エゾゼンテイカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

馬の背分岐より山頂望む

馬の背分岐より山頂望む

南斜里岳方面

南斜里岳方面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ

チシマフウロ

チシマフウロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000612結果

チシマギキョウ?

チシマギキョウ?

ミヤマオダマキ

ミヤマオダマキ

 

 

 

 

チシマヒョウタンボク

チシマヒョウタンボク

シロバナエンレイソウ

シロバナエンレイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新道コースの熊見峠

新道コースの熊見峠

下二股分岐に出ました

下二股分岐に出ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4日目最終日は雌阿寒岳へ登ります。

野中温泉登山口より稜線を望む

野中温泉登山口より稜線を望む

雌阿寒岳登山口

雌阿寒岳登山口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹林帯には遅咲きのシャクナゲが咲いていました

樹林帯には遅咲きのシャクナゲが咲いていました

6合目付近になると展望が開けてきます

6合目付近になると展望が開けてきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿寒湖方面と雄阿寒岳を望む

阿寒湖方面と雄阿寒岳を望む

P1000641結果

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂までもうすぐ

山頂までもうすぐ

P1000644結果

 

 

 

 

 

 

 

 

雌阿寒岳山頂

雌阿寒岳山頂

山頂より青沼と阿寒富士

山頂より青沼と阿寒富士

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雌阿寒岳火口壁

雌阿寒岳火口壁

火口壁

火口壁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名残惜しいですが下山します

名残惜しいですが下山します

我々が下山しだすと瞬く間にガスが沸き起こり山頂はガスに包まれてしましました

我々が下山しだすと瞬く間にガスが沸き起こり山頂はガスに包まれてしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気に恵まれ沢山の高山植物たちに出会えた4日間でした。

今回、北海道2連チャンでしたが、3日後には南の島 西表島でネイチャートレッキングです。  byヒデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予備日付きトムラウシ山登頂

7月11日(木)~14日(日)の日程で北海道 トムラウシ山へ登って来ました。

初日は福岡空港を出発し、新千歳空港へ到着後登山口近くのトムラウシ温泉へと移動。

トムラウシ温泉 国民宿舎東大雪荘

P1000195

 

 

 

 

 

 

 

2日目は宿を午前3時半に出発。

林道を最短登山口まで30分ほど車で移動します。

P1000203

 

 

 

 

 

 

 

最短登山口には広めの駐車場とトイレが設置されています。

北海道は夜明けが早く午前3時半頃より行動できるので時間を有効活用出来ます。

今年は残雪が多く、雪の上を歩く場面も多く参加者も喜んでいました。

P1000209P1000219

 

 

 

 

 

 

 

こまどり沢は上部に登るにしたがい傾斜がきつくなりますが、登りはアイゼンを使わなくても大丈夫でしたが、下りはアイゼンを利用したほうが安全に下れます。

P1000228P1000238

 

 

 

 

 

 

 

こまどり沢を抜け、短い岩ゴロを抜けると高山植物達がお出迎えしてくれます。

P1000242P1000243

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキの花はイワブクロウ、ピンクの花はエゾツツジです。

歩き出しより約4時間半ほどで前トム平へ到着。前方には目指すトムラウシ山が見えてきます。

右側のピンクの花はエゾノツガザクラです。

P1000265P1000276

 

 

 

 

 

 

 

前トム平より15分程上った場所にはトムラウシ公園が出てきます。

右側の画像はトムラウシ山山頂です。登山ルートは左側より巻きながら登ります。

P1000289P1000298

 

 

 

 

 

 

 

左側のピンクの花はエゾコザクラ、右側はエゾノハクサンイチゲ

P1000288P1000300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右側のピンクの花はミネズオウ。

P1000306P1000309

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側の白い花はイワウメ、右側は高山植物の女王コマクサです。

P1000310P1000311

 

 

 

 

 

 

 

南沼キャンプ場とその奥には残雪の十勝連峰が続いています。

P1000319P1000326

 

 

 

 

 

 

 

歩きだしから約6時間半程でトムラウシ山山頂に到着。360度のパノラマを楽しむことが出来ました。

北側には旭岳から黒岳へと続く山並みを確認することが出来ました!

P1000329P1000332

 

 

 

 

 

 

 

2日目に天気がよくトムラウシ山へ登ることが出来たので、3日目は富良野、美瑛の町を観光する事にしました。

富良野では観光の定番 ファーム富田を訪れました。前方には十勝連峰の山並みが広がります。

P1000357P1000359

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000360P1000364

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000366P1000367

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000368P1000372

 

 

 

 

 

 

 

富良野メロン、ジュースなどもありますよ~(^^)ゞ

P1000356

 

 

 

 

 

 

 

ランチは富良野町の高台の眺めの良いレストランにて食べました。

優雅な気分に浸ることができたひとときでした。

下の画像はレストラン駐車場からの眺めです。

P1000387

 

 

 

 

 

 

 

午後は美瑛へと北海道らしい風景を探してトライブしました。

P1000401P1000417

 

 

 

 

 

 

 

右側の画像はセブンスターの丘です。どこまでも続く小麦畑と青い空、何度来ても北海道は興味がつきません!

北海道満喫の4日間の旅でした。

新千歳空港では海鮮ラーメンを皆で食べました。

P1000420