18日

長崎市 稲佐山

長崎市の稲佐山へ忘年登山で登ってきました。

12月7日(土)師走に入ると世間は何だか落ち着かなくなって来ますがどこ吹く風。

山人(やまんちゅう)は静かな場所を求めて山へ向かうのです!

稲佐山というと車で山頂まで行けるのじゃない?なんて言われそうですが色々なコースがあり短いですが変化のあるコースもあるのです。今回は小江原団地登山口より入山、北側稜線より山頂へと向かいます。

緩やかな防火帯のアップダウンを繰り返しながら歩きました。結構日差しが強かったのですが全体的に樹林帯を歩きますので結構快適でした。

小江原団地登山口

小江原団地登山口

緩やかな防火帯のコースが続きます

緩やかな防火帯のコースが続きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山口から約2時間程で稲佐山野外公園に到着。野外公園からは車道沿いに20分程で山頂へと登る予定でしたが、後のスケジュールの関係で公園から山頂間はバス移動しました。ついでにいうと下山もバスで温泉へ直行で~す!

野外公園から小江原への取付き標識

野外公園から小江原への取付き標識

眼下に野外公園ステージとアンテナが連立する稲佐山山頂

眼下に野外公園ステージとアンテナが連立する稲佐山山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲佐山山頂展望台より北側の景色

稲佐山山頂展望台より北側の景色

山頂展望台より南側の景色、九州百名山の八郎岳方面の山並みが続きます

山頂展望台より南側の景色、九州百名山の八郎岳方面の山並み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長崎市内中心地と烽火山、彦山方面の景色

長崎市内中心地と烽火山、彦山方面の景色

北北西方面には岩屋山がどっしりとした山容を見せています

北北西方面には岩屋山がどっしりとした山容を見せています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲佐山の三角点、標高333mには立派なモニュメントが設置されています

稲佐山の三角点、標高333mには立派なモニュメントが設置されています

ここ稲佐山は三等三角点なのです。

ここ稲佐山は三等三角点なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は忘年登山ということで稲佐山中腹にある稲佐山温泉ふくの湯にて入浴&自然食バイキングを堪能しました。

今回は忘年登山ということで稲佐山中腹にある稲佐山温泉ふくの湯にて入浴&自然食バイキングを堪能しました。

温泉の周辺をウロチョロしていると遅咲きのダンギクの群生地がありました。ラッキー!

温泉の周辺をウロチョロしていると遅咲きのダンギクの群生地がありました。ラッキー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンギクは大陸系の植物で葉の形が菊の葉に似ており花が段々に咲くことから段菊という名前がついたとか、花言葉は魅惑、わがまま・・・

ダンギクは大陸系の植物で葉の形が菊の葉に似ており花が段々に咲くことから段菊という名前がついたとか、花言葉は魅惑、わがまま・・・

長崎といえば平和公園でしょ!時間に余裕があったので平和公園訪問&近くのカステラセンターでお土産タイムをとりました

長崎といえば平和公園でしょ!時間に余裕があったので平和公園訪問&近くのカステラセンターでお土産タイムをとりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長崎自動車道走行中の車窓より、綺麗な夕日が映る大村湾。今日も良い一日でした。

長崎自動車道走行中の車窓より、綺麗な夕日が映る大村湾。今日も良い一日でした。