02月

紫尾山と出水のツル

2月25日(火) 鹿児島県の紫尾山(1067m)に登ってきました。

予定より早く移動できたので登山口へ向かう途中、鶴の越冬地で有名な出水平野へ鶴を見に立ち寄りました。

024結果025結果

 

 

 

 

 

 

 

沢山の鶴たち

沢山の鶴たち

首から上だけ白いのがナベヅル、ナベヅルよりも少し大きく薄いグレー色したのがマナヅルです

首から上だけ白いのがナベヅル、ナベヅルよりも少し大きく薄いグレー色したのがマナヅルです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫尾山林道終点登山口

紫尾山林道終点登山口

登山口より10分程で千尋ノ滝滝下に到着

登山口より10分程で千尋ノ滝滝下に到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一旦、定之段林道へ出て再度山へと入る分岐

一旦、定之段林道へ出て再度山へと入る分岐

上宮神社木々の間より山頂付近を望む事ができます

上宮神社木々の間より山頂付近を望む事ができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上宮神社より50m程登ると舗装路へと出ます

上宮神社より50m程登ると舗装路へと出ます

舗装路を道なりに登っていくと駐車場、トイレがあります。山頂はもう少し先です

舗装路を道なりに登っていくと駐車場、トイレがあります。山頂はもう少し先です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山口より約2時間で山頂へ到着。天気が良いと霧島、雲仙、開聞岳などを見る事ができるが、本日はPM・・・の影響か近場しか確認できず。

登山口より約2時間で山頂へ到着。天気が良いと霧島、雲仙、開聞岳などを見る事ができるが、本日はPM・・・の影響か近場しか確認できず。

下山は登りのキツさとは正反対にあっという間でした。

下山は登りのキツさとは正反対にあっという間でした。

林道終点登山口付近より千尋ノ滝。76mほどの落差があり見応えがあります

林道終点登山口付近より千尋ノ滝。76mほどの落差があり見応えがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※紫尾山はヒルがいることでも知られています。登山時期は気温が低い冬場から春にかけてがお勧めですよ!

 

 

 

 

 

深入山スノーハイキング

2月22日(土) 広島県の深入山スノーハイキングへ行きました!

今回のコースは南登山口から深入山(1152m)山頂への往復コース約3時間です。

南登山口より山頂を望む

南登山口より山頂を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

002結果

006結果

 

 

 

 

 

 

 

008結果010結果

 

 

 

 

 

 

 

011結果012結果

 

 

 

 

 

 

 

深入山山頂付近

深入山山頂付近

 

017結果

 

 

 

 

 

 

 

山頂からは360度のパノラマが広がります。

山頂からは360度のパノラマが広がります。

山頂にてバンザ~イ!

山頂にてバンザ~イ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尻シェードでも下れます

尻シェードでも下れます

登った山を振り返って

登った山を振り返って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は風もなく快適なスノーハイキングが楽しめました。

雪山は天候によって装備が変わってきます。ご注意ください!

 

妻籠宿と雪の白川郷・五箇山を歩く

2月8日(土)~11日(火・祝)で長野県の妻籠宿と岐阜県の白川郷・富山県の五箇山を訪ねました。

初日は夕方、新門司港をフェリーで出発し、船中泊。

2日目、朝5時30分に大阪南港に到着。最初の訪問地は妻や籠宿です

前日まで東海地方や関東、東北は記録的大雪の影響で交通関係が麻痺していた関係もあるのか妻籠宿は訪れる人も少なく静かでゆっくりと楽しむことが出来ました。

昼食は妻籠宿で美味しいお蕎麦に舌鼓!

001結果 002結果 005結果 006結果 009結果 012結果 014結果 016結果 017結果 020結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白川郷へまっすぐ向かうと早く到着してしましそうだったので、以前より行ってみたいと思っていた郡上八幡の町へ立ち寄ることを参加者に相談したところ満場一致で決定!

こういう旅先での変更が旅の楽しみの一つですね。

郡上八幡に入り早速観光案内所にて情報をゲット、散策マップを片手に城下町を歩きました。

小高い山の上には日本一美しい山城といわれている郡上八幡城があるのですが、(本来は車ですぐ近くまで行くことが出来るのですが、今回は雪の影響で通行止めとなっており歩いてしか行けないとの事で時間的に無理なのであっさりとあきらめ)、城下町の散策を楽しむことにしました。

郡上八幡はお盆の時期に開催される郡上踊り(徹夜おどり)が有名です。

郡上八幡博覧館では城下町のみどころを詳しく展示紹介されているのと同時に、郡上おどりの実演が行われているのでまずはそこへ向かう事に・・・

021結果 023結果 026結果 027結果 030結果 032結果 034結果 037結果 038結果 039結果 040結果 045結果 046結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白川郷へは夕方5時に到着。白川郷のライトアップは5時半より7時半までなので宿へチェックインしてしばらく休んでから防寒対策をしっかりとして宿を出発。

暗くなり始めると共にどこからともなく観光客がわんさか湧き出てきます。皆が目指すのは荻町城跡展望台です。緩い坂道を人混みをかき分けながら歩きます。

足元は雪で滑りやすくなっているので要注意です。展望台では思い思いにシャッターを切っている人だかり。暗いのとコンパクトカメラのせいもあり手ぶれが・・・

展望台を後にした後、荻町の町中で雪化粧した合掌造りの民家を見学して回り、宿へと戻りました。

宿へ戻ってから遅めの夕食、そして気持のよい温泉が冷えた体を芯まで温めてくれます。

047結果 048結果 051結果 057結果 064結果 068結果 071結果 074結果 078結果 083結果 087結果 086結果 097結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は朝から合掌造りの町並みを散策、夜とは違った雰囲気を楽しみました。

094結果 096結果 104結果 106結果 107結果 109結果 112結果 113結果 119結果 120結果 121結果 123結果 125結果 127結果 129結果 130結果 131結果 132結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白川郷のある荻町を出発、雪道を車で移動すること約30分で最後の訪問地、富山県の五箇山へ到着。

天気も回復してきて青空が広がりはじめました。

五箇山もいくつかの集落に分かれていますが今回は合掌の里・菅沼合掌造り集落を巡りました。

135結果 136結果 138結果 140結果 141結果 142結果 148結果 149結果 144結果 145結果 146結果 151結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・

 

 

おまけ①・・・

大阪南港へ早く到着しそうだったのでついでにまたまた寄り道です。

知る人ぞ知る、日本一低い山、天保山(4.53m)に登りに行きました。

今回は西ルートから登頂?しました。

158結果156結果155結果153結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ②・・・

フェリーデッキより見た明石大橋のイルミネーション

160結果162結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

163結果164結果

佐賀県 経ヶ嶽

1月31日(金)佐賀県の経ヶ岳に登りました。

当初の計画では30日(木)に登る予定でしたが、雨の予報だった為、翌日に延期して実施しました。

今回は佐賀県の中山キャンプ場先より入山、中山越を経て経ヶ岳へと向かいます。

中山越

中山越

山頂手前のクサリ場

山頂手前のクサリ場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三点支持を確実に

三点支持を確実に

霧氷が付いた経ヶ岳山頂の筈がポカポカ陽気となりました。

霧氷が付いた経ヶ岳山頂の筈がポカポカ陽気となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経ヶ岳山頂から多良岳を望む

経ヶ岳山頂から多良岳を望む

下山後は竹崎の蟹御殿別館、有明海の湯にて温泉入浴して帰福しました。

下山後は竹崎の蟹御殿別館、有明海の湯にて温泉入浴して帰福しました。

 

 

 

 

 

 

 

冠岳・金峰山・野間岳

1月25日(土)~26日(日)で鹿児島県の冠岳・金峰山。野間岳に登ってきました!

1日目はいちき串木野市に位置する冠岳に登りました。

コースは除福像公園~鎮國寺~西岳登山口~冠岳/西岳(516m)~分岐~材木岳~煙草神社~材木岳登山口

除福像とその奥に西岳(左側)と材木岳(右側)

除福像とその奥に西岳(左側)と材木岳(右側)

鎮國寺参道入り口

鎮國寺参道入り口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参道と舗装路を歩くこと20分程で西岳登山口に到着

参道と舗装路を歩くこと20分程で西岳登山口に到着

登山口のとりつき、最初は階段です

登山口のとりつき、最初は階段です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冠岳/西岳山頂の鳥居、登山口より25分程で到着。

冠岳/西岳山頂の鳥居、登山口より25分程で到着。

冠岳/西岳(516m)山頂標識

冠岳/西岳(516m)山頂標識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西岳山頂は30名ほどは座って食事が出来る程度の広さがあります

西岳山頂は30名ほどは座って食事が出来る程度の広さがあります

山頂からは眼下に車を駐車した除福像公園とその先に薩摩半島を見渡す事が出来ます

山頂からは眼下に車を駐車した除福像公園とその先に薩摩半島を見渡す事が出来ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初の予定では登る予定になかったが、時間に余裕があだったのでついでに材木岳も登っちゃいました

当初の予定では登る予定になかったが、時間に余裕があだったのでついでに材木岳も登っちゃいました

材木岳の案内板。山頂は狭いので注意が必要です

材木岳の案内板。山頂は狭いので注意が必要です

 

 

材木岳からの下り、煙草神社にも立ち寄りました下りのクサリ場になるので岩が濡れている場合は行かないほうが良いでしょう

材木岳からの下り、煙草神社にも立ち寄りました下りのクサリ場になるので岩が濡れている場合は行かないほうが良いでしょう

クサリは新しく、しっかりと固定してあります

クサリは新しく、しっかりと固定してあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

021結果023結果

 

 

 

 

 

 

 

 

大岩戸神社・煙草神社の案内板

大岩戸神社・煙草神社の案内板

材木岳登山口

材木岳登山口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日は約2時間半程度の歩行でした。心配した雨にもあわず良かった良かった!

2日目は最初、金峰山そして野間岳を登って帰ります。

今回、金峰山は矢杖登山口より入山しました。

登山口には4~5台ほどの駐車スペースとトイレが設置されています。

矢杖登山口、鳥居をくぐりスギ林の中を登ります。

矢杖登山口、鳥居をくぐりスギ林の中を登ります。

登山ルートは途中何度か林道を横切りますが要所要所に小さな案内標識がありますので迷うことはないでしょう

登山ルートは途中何度か林道を横切りますが要所要所に小さな案内標識がありますので迷うことはないでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山口より約1時間半程で金峰神社に到着。

登山口より約1時間半程で金峰神社に到着。

金峰山の案内標識

金峰山の案内標識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金峰山/本岳に到着。春霞みのせいなのか霞みがひどく近場の展望のみ

金峰山/本岳に到着。春霞みのせいなのか霞みがひどく近場の展望のみ

稚児の宮にも立ち寄りました

稚児の宮にも立ち寄りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稚児の宮、案内板

稚児の宮、案内板

金峰山/東岳にあるお宮

金峰山/東岳にあるお宮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お宮の奥には東岳山頂の展望台があります

お宮の奥には東岳山頂の展望台があります

東岳より本岳側に少し戻った地点にある分岐、帰りは北岳駐車場側へと下りました

東岳より本岳側に少し戻った地点にある分岐、帰りは北岳駐車場側へと下りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北岳登山口の駐車場までいったん下山。駐車場の入り口付近にある鳥居より北岳へと取りつく

北岳登山口の駐車場までいったん下山。駐車場の入り口付近にある鳥居より北岳へと取りつく

鳥居を過ぎてしばらくは急な階段の上りが10分ほど続きその後5分程で北岳(590m)山頂に到着。

鳥居を過ぎてしばらくは急な階段の上りが10分ほど続きその後5分程で北岳(590m)山頂に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北岳山頂付近は最近山頂付近の林を伐採したのか素晴らしい展望が広がっています。

北岳山頂からは先ほど登ってきた本岳、東岳が良く見えます。

北岳山頂からは先ほど登ってきた本岳、東岳が良く見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金峰山の下山路は矢杖登山口へと戻りました。その後最後の訪問地、野間岳へと移動。

野間岳は野間神社からの往復コースで登山しました。

山麓より見た野間岳

山麓より見た野間岳

野間岳登山口

駐車場にある案内標識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野間神社鳥居

野間神社鳥居

野間神社本殿にて安全祈願して出発

野間神社本殿にて安全祈願して出発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿の右手にある登山口より入山

本殿の右手にある登山口より入山

良く整備された登山道が続きます

良く整備された登山道が続きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2展望台からの景色

第2展望台からの景色

山頂直下は岩場ぽいところがありますが特に問題なく通過

山頂直下は岩場ぽいところがありますが特に問題なく通過

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一等三角点と祠がある山頂(林の中で展望はありません)

一等三角点と祠がある山頂(林の中で展望はありません)

山頂のすぐ先にある展望地

山頂のすぐ先にある展望地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望地にある国民体育大会炬火採火の地のレリーフ

展望地にある国民体育大会炬火採火の地のレリーフ

炬火採火の地展望所からは素晴らしい景色が広がっています見えているのは野間岬です

炬火採火の地展望所からは素晴らしい景色が広がっています見えているのは野間岬です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女岳方面より見た野間岳

女岳方面より見た野間岳

野間岳ズームアップ画像なかなかいいアングルで撮れたかな?

野間岳ズームアップ画像なかなかいいアングルで撮れたかな?

 

 

帰路途中、海岸の先に金峰山が姿を現す

帰路途中、海岸の先に金峰山が姿を現す

畑より見た野間岳

畑より見た野間岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野間岳

野間岳

野間岳を撮りながらふと近くの畑に目をやるとツルのような物体が

野間岳を撮りながらふと近くの畑に目をやるとツルのような物体が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越路海岸付近は昔、クジラが大量に海岸に漂着したところでもあり道の駅にはモニュメントと資料館があります

越路海岸付近は昔、クジラが大量に海岸に漂着したところでもあり道の駅にはモニュメントと資料館があります

車内より金峰山を撮る

車内より金峰山を撮る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も素晴らしい山旅になりました。それにしても冬の時期、南国の山旅はポカポカ陽気で最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮崎県 釈迦ヶ岳(法華嶽)

1月19日(日)宮崎県の釈迦ヶ岳に登って来ました!

法華嶽公園より山頂往復約4時間の行程です。

法華嶽公園駐車場に駐車。結構広い駐車場です

法華嶽公園駐車場に駐車。結構広い駐車場です

駐車場の一番奥に車止めのゲートがあります

駐車場の一番奥に車止めのゲートがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車止めゲートより30m程奥に歩いて行くと視界が開け目指す釈迦ヶ岳が姿を現します

車止めゲートより30m程奥に歩いて行くと視界が開け目指す釈迦ヶ岳が姿を現します

公園内の広場にてレンチを済ませ出発、さすが南国宮崎、気温は20度程あるようです

公園内の広場にてレンチを済ませ出発、さすが南国宮崎、気温は20度程あるようです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広場より30分程は林道歩きとなります

広場より30分程は林道歩きとなります

 

林道より山道に入るといきなりの急登が始まります

林道より山道に入るといきなりの急登が始まります

 

 

008結果009結果

 

 

 

 

 

 

 

山頂上宮

山頂上宮

上宮の裏手にある山頂標識、この山はあちこちに山頂標識があります)?

上宮の裏手にある山頂標識、この山はあちこちに山頂標識があります)?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、天気は良かったのですが春かすみのような感じで遠くの山を確認する事が出来ず残念でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼門平と薩摩富士 開聞岳

1月15日(水)~16日(木)

鹿児島県の鬼門平と薩摩富士 開聞岳に登ってきました!

初日は池田湖の北側に位置する鬼門平(306m)に登りました。

標高は低いのですが展望良しの面白い山です。

登山口はわかりにくく、池田小学校の所からせまい林道をを入っていくと登山口の標識が現れます。

駐車場はなく、路肩に駐車することになります。

鬼門平の全景

鬼門平の全景

鬼門平登山口

鬼門平登山口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P2展望所

P2展望所

奥に開聞岳が見えます

 

鬼門平山頂からの展望

鬼門平山頂からの展望

薩摩富士 会尾門岳

薩摩富士 会尾門岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

危険個所には注意書きの標識が設置されています

危険個所には注意書きの標識が設置されています

鬼ののぞき岩

体内くぐりのような場所もあり面白い!

体内くぐりのような場所もあり面白い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池田湖のイッシーくんです

池田湖のイッシーくんです

池田湖名物、日本一の大ウナギ

池田湖名物、日本一の大ウナギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のお宿は休暇村 指宿

今回のお宿は休暇村 指宿

指宿名物の砂むしも体験できます!

指宿名物の砂むしも体験できます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休暇村のレストラン綺麗で落ち着きます

休暇村のレストラン綺麗で落ち着きます

小蜂

小蜂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダバー

サラダバー

デザートも沢山で~す

デザートも沢山で~す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご馳走づくし、明日は頑張って消費しなくては

ご馳走づくし、明日は頑張って消費しなくては

ついつい別腹まで使うはめに・・・

ついつい別腹まで使うはめに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は夜がまだ明けないうちからヘッドランプを使用して登山開始です。

登山道は良く踏まれていますが足元には注意して歩きます。

長崎鼻の奥より朝陽が顔を出そうとしています

長崎鼻の奥より朝陽が顔を出そうとしています

山で迎える朝はいつも清々しいものです

山で迎える朝はいつも清々しいものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七合目から山頂直下まではハシゴ、岩場が続きます

七合目から山頂直下まではハシゴ、岩場が続きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

影開聞を見る事が出来ました

影開聞を見る事が出来ました

開聞岳(924m)山頂到着

開聞岳(924m)山頂到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂標識より一段上がったところにある皇太子殿下登山記念碑

山頂標識より一段上がったところにある皇太子殿下登山記念碑

登山開始より約6時間程で一合目登山口に到着。

登山開始より約6時間程で二合目登山口に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山麓のふれあい公園管理事務所売店には開聞岳登山証明書が販売されています

山麓のふれあい公園管理事務所売店には開聞岳登山証明書が販売されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入浴場所へと向かう途中、日本最南端の駅にも立ち寄りました

入浴場所へと向かう途中、日本最南端の駅にも立ち寄りました

登山証明書の写真と同じアングルで綺麗な薩摩富士をカメラに収める事が出来ました

登山証明書の写真と同じアングルで綺麗な薩摩富士をカメラに収める事が出来ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山後の立ち寄り湯は西郷さんがお気に入りだった「うなぎ温泉」

下山後の立ち寄り湯は西郷さんがお気に入りだった「うなぎ温泉」

泉質は硫黄泉で無色、少しトロみがあり俗にいう美人の湯のような感じでロケーションもGood!

泉質は硫黄泉で無色、少しトロみがあり俗にいう美人の湯のような感じでロケーションもGood!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会報誌の作成でブログの更新が滞っておりました。申し訳ありませんでした。会報誌の発送は2月20日頃を予定しています。

今しばらくお待ちください!