04月

宮崎県 クマガイソウの鳥屋岳と親父山~三尖山周遊

4月26日(土)~27日(日) 高千穂町にある花の山を訪ねました。

初日は高千穂森の会で管理されている鳥屋岳を訪ねました。

 

高千穂森の会 興梠さんに鳥屋岳の自然、山に入る際の諸注意など聞いています。

高千穂森の会 興梠さんに鳥屋岳の自然、山に入る際の諸注意など聞いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

003結果

 

 

 

 

 

 

 

006結果

 

 

 

 

 

 

 

カノコソウ

カノコソウ

モモイロラショウモンカズラ

モモイロラショウモンカズラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

008結果

歩き始めて10分程で最初のクマガイソウ群生地に到着

歩き始めて10分程で最初のクマガイソウ群生地に到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

011結果016結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワサビ

ハワサビ

025結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

031結果

セイヨウシャクナゲ

セイヨウシャクナゲ

028結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

032結果033結果036結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

042結果045結果

 

 

 

 

 

 

 

043結果

ユキザサ

ユキザサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説を聞きながらゆっくり歩き約1時間半で山頂到着

解説を聞きながらゆっくり歩き約1時間半で山頂到着

山頂には立派な展望台があります

山頂には立派な展望台があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台からは360度のパノラマが望めます。見えているのは阿蘇方面

展望台からは360度のパノラマ。見えているのは阿蘇方面

くじゅう、祖母山系も見えます。

くじゅう、祖母山系も見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

067結果066結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

070結果068結果

 

 

 

 

 

 

 

074結果069結果077結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

076結果

 

 

 

 

 

 

 

クマガイソウは咲き始めでしたがとても綺麗で満足しました!この貴重な自然をいつまでも後世に残したいですね。

2日目は四季見原高原の先にある四季見橋より入山、親父山~黒岳~三尖山を周遊しました。

親父山登山口

親父山登山口

13分程林道を詰めていきます。

13分程林道を詰めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林道終点より入山

林道終点より入山

小さな沢を渡ります。

小さな沢を渡ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要所要所に案内標識があります

要所要所に案内標識があります

標識に従い山頂を目指します。

標識に従い山頂を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き始めて30分程でアケボノツツジが咲いている場所を通過

歩き始めて30分程でアケボノツツジが咲いている場所を通過

アケボノツツジ

アケボノツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

091結果092結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親父山山頂直下の黒岳分岐標識

親父山山頂直下の黒岳分岐標識

登山口から約2時間で親父山山頂(1644m)到着。

登山口から約2時間で親父山山頂(1644m)到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親父山山頂からは障子岳、古祖母山、傾山などの展望が望めます。

親父山山頂から障子岳、古祖母山、傾山などの展望が望めます。

山頂から障子岳へと向かう登山道。今回は時間の関係でパスします

山頂から障子岳へと向かう登山道。今回は時間の関係でパス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒岳へと向かう稜線にはシャクナゲの群生地が続きます。今回は残念がら蕾が多く・・・

黒岳へと向かう稜線にはシャクナゲの群生地が続きます。今回は残念がら蕾が多く・・・

黒岳周辺は岩場多いのですが急な個所にはロープが設置されていたりと慎重に通過すれば問題ありません。(岩が濡れていたり、氷が付いている場合は別です)

黒岳周辺は岩場多いのですが急な個所にはロープが設置されていたりと慎重に通過すれば問題ありません。(岩が濡れていたり、氷が付いている場合は別です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒岳山頂(1578m)に到着。山頂は展墓きかず、20m程先の展望台がgoodです。

黒岳山頂(1578m)に到着。山頂は展墓きかず、20m程先の展望台がgoodです。

展望台からは祖母山山頂、阿蘇山系が見えます。

展望台からは祖母山山頂、阿蘇山系が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒岳の下りにて親父山を振り返る。稜線付近は5月だというのに早春の装いでした。

黒岳の下りにて親父山を振り返る。稜線付近は5月だというのに早春の装いでした。

四季見高原方面の稜線

四季見高原方面の稜線

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三尖山へと向かう稜線付近にはアケボノツツジが綺麗に咲いていました。

三尖山へと向かう稜線付近にはアケボノツツジが綺麗に咲いていました。

 

112結果

 

 

 

 

 

 

 

 

110結果111結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

114結果

あと4、5日すれば咲きそうですが・・・

あと4、5日すれば咲きそうですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

118結果

アケボノツツジと黒岳

アケボノツツジと黒岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三尖山山頂(1474m)ササヤブの中で展墓なし。

三尖山山頂(1474m)ササヤブの中で展墓なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三尖山から下山口までは急な下りが続きます。

今回の周遊コースタイムは休憩、昼食をはさみ約5時間の行程でした。

三尖山登山口(今回は下山口となりました)

三尖山登山口(今回は下山口となりました)

高千穂、トンネルの道の駅にてトイレ休憩&御土産を購入して帰路へとつきました。

高千穂、トンネルの道の駅にてトイレ休憩&御土産を購入して帰路へとつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

132結果133結果

 

 

 

 

 

 

 

134結果135結果

 

 

 

 

 

 

 

次回は四国の山の便りをお伝えします、乞うご期待あれ!

霧島高原 韓国岳

4月24日(木)霧島高原の韓国岳に登って来ました!

登山コースは不動池近くの韓国岳登山口~韓国岳山頂往復コースを歩きました。

韓国岳登山口

韓国岳登山口

硫黄山分岐から見た韓国岳北峰

硫黄山分岐から見た韓国岳北峰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

151結果152結果

 

 

 

 

 

 

 

キリシマミズキ

キリシマミズキ

キリシマミズキ

キリシマミズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甑岳

甑岳

左側は白鳥山、右側は甑岳

左側は白鳥山、右側は甑岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハルリンドウ

ハルリンドウ

韓国岳山頂(1700m)に到着。登山口より約1時間半

韓国岳山頂(1700m)に到着。登山口より約1時間半

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国岳火口壁

韓国岳火口壁

韓国岳火口

韓国岳火口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂からは高千穂峰、新燃岳などの山々が連なります

山頂からは高千穂峰、新燃岳などの山々が連なります

眼下には大浪池が

眼下には大浪池が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂直下の案内標識

山頂直下の案内標識

案内標識その2

案内標識その2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリシマミズキの道

キリシマミズキの道

オオカメノキ

オオカメノキ

キリシマミズキの奥に北峰

キリシマミズキの奥に北峰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国岳山頂と斜面に咲くキリシマミズキ

韓国岳山頂と斜面に咲くキリシマミズキ

キリシマミズキと韓国岳

キリシマミズキと韓国岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

188結果193結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

187結果190結果

 

 

 

 

 

 

 

下山後ノカイドウ自生地を訪ねましたが残念ながら蕾でした。

下山後ノカイドウ自生地を訪ねましたが残念ながら蕾でした。

世界でも自生しているのはここだけ。

世界でも自生しているのはここだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリシマミズキ

キリシマミズキ

キリシマミズキズームアップ画像

キリシマミズキ拡大画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島県 栗野岳と磯間嶽

4月19日(土)~20日(日)鹿児島県の九州百名山  栗野岳・磯間嶽の2座に登って来ました!

当初の予定では初日に栗野岳、2日目に磯間嶽を登る予定でしたが、2日目は天候が崩れ雨が降るとの予報が出ていた為、初日に磯間嶽を登る事にしました。

磯間嶽は大浦登山口より入山~磯間嶽~中岳~岩稜登山口へと下山しました。

登山口より約50分程で磯間嶽岩峰基部に到着。クサリ場を慎重に通過します

登山口より約50分程で磯間嶽岩峰基部に到着。クサリ場を慎重に通過します

岩場では三点確保の基本をしっかり行いましょう!

岩場では三点確保の基本をしっかり行いましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

磯間嶽山頂(363m)到着。これから行く岩稜を見渡す事が出来ます。絶景かな

磯間嶽山頂(363m)到着。これから行く岩稜を見渡す事が出来ます。絶景かな

田の神さあ岩付近より磯間嶽を望む

田の神さあ岩付近より磯間嶽を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

008結果009結果

 

 

 

 

 

 

 

岩場では三点確保の基本をしっかり行いましょう!

岩場では三点確保の基本をしっかり行いましょう!

012結果010結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通称、ワンコ岩

通称、ワンコ岩

磯間嶽の岩稜帯は登ったり、下ったりと忙しい限りです

磯間嶽の岩稜帯は登ったり、下ったりと忙しい限りです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマツツジも綺麗に咲いていました

ヤマツツジも綺麗に咲いていました

ヤマツツジ その2

ヤマツツジと磯間嶽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

磯間山系最高峰の中嶽山頂(395m)に到着。

磯間山系最高峰の中嶽山頂(395m)に到着。

325mピーク、この辺りがら雨が降り始めました。

325mピーク、この辺りがら雨が降り始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩行開始より約5時間で岩稜登山口に到着。これより林道を下ります

歩行開始より約5時間で岩稜登山口に到着。これより林道を下ります

雨に濡れた体を温泉で温まり20時、やっと夕食にありつけました。お疲れ様でした!

雨に濡れた体を温泉で温まり20時、やっと夕食にありつけました。お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は栗野岳登山です。

天気予報通り朝から小雨がパラつくなか登山開始。

日本一の枕木階段より入山

日本一の枕木階段より入山

天気が良いと眼下には素晴らしい展望が望めるのですが・・・

天気が良いと眼下には素晴らしい展望が望めるのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見晴台分岐

見晴台分岐右側の道を7分程で展望台へ出ます

栗野岳山頂(1094m)に到着。周りはガスッており残念ながら展望なし

栗野岳山頂(1094m)に到着。周りはガスッており残念ながら展望なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

復路は往路と同じ道を下山。約3時間程で登山終了しました。

034結果

 

 

 

 

 

 

 

下山後は初日の行程と入れ替えていた関係で時間に余裕が出てきたので秘湯・南州館にて入浴、昼食を済ませ帰福しました。

下山後は初日の行程と入れ替えていた関係で時間に余裕が出てきたので秘湯・南州館にて入浴、昼食を済ませ帰福しました。

国境の島 対馬探訪

4月16日(水)~17日(木)の日程で対馬を訪ねました。

4月16日、博多港よりジェットフォイルにて対馬 厳原港へ到着。

御岳のある上対馬へと移動。御岳(みたけ)はツシマヤマネコの生息地としても有名でがそのほかにも日本最大級のキツツキ「カタタキ」をはじめ、ヤイロチョウなどの珍しい野鳥の繁殖地としても有名です。植物ではモミの巨木やタチツボスミレ、シハイスミレ、ナンザンスミレなどスミレ類の野草も沢山観察することが出来ます。

御岳登山口(標高80m)

御岳登山口(標高80m)

御岳 案内標識

御岳 案内標識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山道に入ってすぐに急な階段の上りが30分程続きます。

登山道に入ってすぐに急な階段の上りが30分程続きます。

登山道脇にさくヒトリシズカ

登山道脇にさくヒトリシズカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山いますがヒトリシズカです

沢山いますがヒトリシズカです

山頂より20分程手前にある島大国魂神社

山頂より20分程手前にある島大国魂神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御岳山頂直下にある鳥居

御岳山頂直下にある鳥居

御岳山頂/御岳(479m)

御岳山頂/御岳(479m)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御岳登山は往復約3時間で終了しました。

夕食は島ならではの海の幸三昧に舌鼓。まいう~!

夕食は島ならではの海の幸三昧に舌鼓。まいう~!

翌朝、宿の前の海からは綺麗な太陽が顔を出しています。

翌朝、宿の前の海からは綺麗な太陽が顔を出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカハラダカ展望台

アカハラダカ展望台

アカハラダカ展望台から見た龍良山(左から3つ目のピーク)

アカハラダカ展望台から見た龍良山(奥から2つ目のピーク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右側の鈍頂は対馬最高峰の矢立です

右側の鈍頂は対馬最高峰の矢立です

龍良山登山口へと向かう林道入口

龍良山登山口へと向かう林道入口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林道に沿って進んで行きます

林道に沿って進んで行きます

林道入口より約15分程で龍良山登山口に到着

林道入口より約15分程で龍良山登山口に到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

龍良山山麓には人の手が入った事が無い原始林が広がっています

龍良山山麓には人の手が入った事が無い原始林が広がっています。モミ・スダジイの巨木群は圧巻

原始林の中ではランの花がもうすぐ咲こうとしていました。

原始林の中ではランの花がもうすぐ咲こうとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮎戻し、浅藻分岐の標識

鮎戻し、浅藻、竜良山分岐の標識

林道入口より約2時間程で龍良山(558m)山頂へ到着

林道入口より約2時間程で龍良山(558m)山頂へ到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂からは対馬最高峰の矢立山(648.5m)が見えています。眼下には鮎戻し公園付近が見えています。

山頂からは対馬最高峰の矢立山(648.5m)が見えています。眼下には鮎戻し公園付近が見えています。

下山途中に撮影したスダジイの板根

下山途中に撮影したスダジイの板根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山麓から見た龍良山山頂

山麓から見た龍良山山頂

下山後は鮎戻し自然公園にも立ち寄りました

下山後は鮎戻し自然公園にも立ち寄りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮎戻し自然公園の道沿いに咲いていたアリアケスミレ

鮎戻し自然公園の道沿いに咲いていたアリアケスミレ

船の乗船時間まで余裕があったので豆酘崎にも立ち寄りました

船の乗船時間まで余裕があったので豆酘崎にも立ち寄りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眼下の海の透明度は素晴らしいものがありました

眼下の海の透明度は素晴らしいものがありました

展望台へと続く道

展望台へと続く道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足元には可愛らしいルリハコベの花が咲いていました。

足元には可愛らしいルリハコベの花が咲いていました。

豆酘崎灯台

豆酘崎灯台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島の山旅は是非おススメですよ~食べ物は美味しいし、低山ならではの手軽さと観光地巡りもコンパクトな日程でこなす事が出来ます。

次回はヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)の咲く頃にまた対馬を訪れたいなと思っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のマチュピチュ 竹田城跡と朝来山

4月11日(金)~13日(日)の日程で兵庫県 朝来市の竹田城跡と朝来山を訪ねました。

最初は立雲峡より朝来山に登り、竹田城跡を見下ろし、下山後にゆっくり竹田城跡を訪ねることにしました。

立雲峡はちょうど桜まつりが開催されていましたが朝早い時間だったので特に混み合った感もなく楽しむことが出来ました。

立雲峡駐車場、桜が満開です。

立雲峡駐車場、桜が満開です。

立雲峡散策マップ

立雲峡散策マップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立雲峡駐車場からも竹田城跡を見る事が出来ます。

立雲峡駐車場からも竹田城跡を見る事が出来ます。

竹田城跡望遠、季節的な事もありいたってクリアな画像になりました

竹田城跡望遠、季節的な事もあり少し霞んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝来山登山口(標高260m)をスタート

朝来山登山口(標高260m)をスタート

公園内の分岐には親切に案内標識があります

公園内の分岐には親切に案内標識があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公園内を上りつつ振り向くと竹田城跡が見えています

公園内を上りつつ振り向くと竹田城跡が見えています

案内標識

案内標識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公園内の展望所からは竹田城跡が眼下に見えます

公園内の展望所からは竹田城跡が眼下に見えます

竹田城跡も桜が満開です

竹田城跡も桜が満開です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案内標識

案内標識

トサミズキ?も綺麗に咲いていました

トサミズキ?も綺麗に咲いていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案内標識に従い進みます

案内標識に従い進みます

林道を少し歩き、山らしい登山口へ到着

林道を少し歩き、山らしい登山口へ到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始めは緩やかな登りです

始めは緩やかな登りです

今回、上りのルートはむささびコースを使用しました。

今回、上りのルートはむささびコースを使用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝来山展望台に到着。本当は眺めが良いはずですが、残念ながら霞んでます

朝来山展望台に到着。本当は眺めが良いはずですが、残念ながら霞んでます

展望台に設置されている立派な案内板

展望台に設置されている立派な案内板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

026結果027結果

 

 

 

 

 

 

 

028結果029結果

 

 

 

 

 

 

 

030結果展望台から朝来山山頂へと向かう登山道に咲き始めたばかりのミスミソウを発見

ミスミソウ(雪割草)

ミスミソウ(雪割草)

良く目を凝らすと落ち葉の下などにミスミソウが何株も隠れていました

良く目を凝らすと落ち葉の下などにミスミソウが何株も隠れています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝来山(757m)山頂は森の中で展望は殆どありません。でも草原状で明るく里山ならではの雰囲気があり良いかな?

朝来山(757m)山頂は森の中で展望は殆どありません。でも草原状で明るく里山ならではの雰囲気があり良いかな?

山頂標識。このあと下山ルートは北西に延びる尾根を下山しました。(要ルートファインディング)

山頂標識。このあと下山ルートは北西に延びる尾根を下山しました。(要ルートファインディング)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に立雲峡公園まで下山してきました。

あっという間に立雲峡公園まで下山してきました。

色々な種類の桜をはじめ、コブシ、タムシバ、スミレなどが綺麗でした。そして人の多さにまたビックリ!

色々な種類の桜をはじめ、コブシ、タムシバ、スミレなどが綺麗でした。そして人の多さにまたビックリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所を移動し、こんどは竹田城跡の入口、山城の里駐車場へ到着。

場所を移動しこんどは竹田城跡の入口、山城の里駐車場へ到着。

竹田城跡についての解説標識

竹田城跡についての解説標識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹田城跡より見た立雲峡&朝来山

竹田城跡より見た立雲峡&朝来山

竹田城跡、大手門より入城

竹田城跡、大手門より入城

 

 

 

 

 

 

 

 

 

054結果055結果

 

 

 

 

 

 

 

056結果057結果

 

 

 

 

 

 

 

059結果064結果

 

 

 

 

 

 

 

062結果063結果

 

 

 

 

 

 

 

条件がそろえばこんな写真も撮れるかな?

条件がそろえばこんな写真も撮れるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の所要時間

朝来山登山、約3時間・竹田城跡観光(山城の里駐車場より徒歩にて竹田城跡散策、往復)約2時間半

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都一周トレイル 東山コース

4月8日(火)~10日(木) 京都一周トレイル東山コース 伏見稲荷駅~北白川仕伏町まで歩きました

新門司港から往復フェリー利用、現地日帰りの行程です。

伏見稲荷駅が東山コースの始点となっています。

伏見稲荷駅が東山コースの始点となっています。

伏見稲荷大社入口、お土産屋さんが軒を連ねています

伏見稲荷大社入口、お土産屋さんが軒を連ねています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

302結果303結果

 

 

 

 

 

 

 

伏見稲荷大社境内案内

伏見稲荷大社境内案内

千本鳥居の中を歩きます

千本鳥居の中を歩きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

144結果143結果

 

 

 

 

 

 

 

四つ辻

四つ辻

山道へと入ります

山道へと入ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いったん住宅街へと下り今度は階段を上ります。

いったん住宅街へと下り今度は階段を上ります。

泉通寺山門

泉涌寺山門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

円通寺橋、枝垂れ桜が綺麗でした。

円通寺橋、枝垂れ桜が綺麗でした。

清水山へと取りつき

清水山への取りつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清水山(242.3m)杉林の中にあり展望なし。

清水山(242.3m)杉林の中にあり展望なし。

清水山から東山公園へと続く気持ちの良いトレイルが続きます。

清水山から東山公園へと気持ちの良いトレイルが続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東山公園へ到着。東屋でランチタイムにしました。

東山公園へ到着。東屋でランチタイムにしました。

東屋からはこれから向かう大文字山、その奥には比叡山も見えていました。

東屋からはこれから向かう大文字山、その奥には比叡山も見えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東山公園展望台からは京都の街を一望出来ます。春霞みでイマイチでした

東山公園展望台からは京都の街を一望出来ます。春霞みでイマイチでした

尊勝院、こちらも境内の桜が綺麗でした。

尊勝院、こちらも境内の桜が綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅街の一角に粟田神社があります。

住宅街の一角に粟田神社があります。

蹴上インクラインへと歩いてきました。

蹴上インクラインへと歩いてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インクライン解説標識

インクライン解説標識

インクライン模型

インクライン模型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インクラインの桜、満開でした!

インクラインの桜、満開でした!

素晴らしいお天気に素晴らしい笑顔!

素晴らしいお天気に素晴らしい笑顔!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日向大神宮へと向かう階段

日向大神宮へと向かう階段

日向大神宮鳥居

日向大神宮鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

230結果232結果

 

 

 

 

 

 

 

奥の宮へと続く階段

奥の宮へと続く階段

奥の宮、胎内くぐりの様な造りになっています。

奥の宮、胎内くぐりの様な造りになっています。入口側

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥の宮、出口側

奥の宮、出口側

歩きやすい山道を進みます。

歩きやすい山道を進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七福思案処(分岐)

七福思案処(分岐)大文字山山頂まで長い登りが続きます。

日当りが良いところではミツバツツジが咲いています。

日当りが良いところではミツバツツジが咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやくといった感じで大文字山(465.4m)に到着。

ようやくといった感じで大文字山(465.4m)に到着。

展望が素晴らしい山頂ですが、今回は残念ながら霞んでいます。

展望が素晴らしい山頂ですが、今回は残念ながら霞んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五山送り火の火床にも足をのばしました。

五山送り火の火床にも足をのばしました。

弘法大師様が祀ってあります。

弘法大師様が祀ってあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都の街を一望できる素晴らしい場所です。

京都の街を一望できる素晴らしい場所です。

調子こいて大の字を模してみました!

調子こいて大の字を模してみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山は変則ルートで霊鑑寺経由で哲学の道へと下りました。

下山は変則ルートで霊鑑寺経由で哲学の道へと下りました。

哲学の道では散り始めの桜並木が見事でした!

哲学の道では散り始めの桜並木が見事でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

273結果278結果

 

 

 

 

 

 

 

280結果283結果

 

 

 

 

 

 

 

276結果281結果296結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

290結果298結果

 

 

 

 

 

 

 

次回、京都一周トレイルは11月17日~20日の日程で東山コースの後半、銀閣寺道~ケーブル比叡山駅まで歩き、そのあと北山東部コースを戸寺まで歩きます。

秋の京都も素晴らしいよ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州オルレ 天草 維和島コース

4月7日(月) 九州オルレ 天草市の維和島コースを歩いて来ました!

オルレとは韓国・済州島から始まったもので、もともとは済州島の言葉で「通りから家に通じる狭い路地」という意味だったそうです。

自然豊かな済州島で、トレッキングする人が増え、オルレはトレッキングコースと命名され、今では韓国トレッキングの中心的コース

となっているそうです。オルレの魅力は、海岸や山などを五感で感じ、自分なりにゆっくりとコースを楽しむところにあるそうです。

九州オルレは、済州島の姉妹版で、済州島と同じように四季の美しい風景があり、トレッキングに適した山岳がある九州を自分の

足で再発見してもらいたいとの思いで整備されました。

維和島コース、スタート地点

維和島コース、スタート近くの駐車場

道しるべにもなっているカンセ(馬の頭が進行方向になります)

道しるべにもなっているカンセ(馬の頭が進行方向になります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千崎古墳群標識

千崎古墳群標識

千崎古墳群上り口

千崎古墳群上り口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千崎古墳

千崎古墳

オルレコースの目印としてリボンがつけてあります

オルレコースの目印としてリボンがつけてあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩田跡付近のルート

塩田跡付近のルート

波打ち際も歩きます

波打ち際も歩きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蔵々(ぞうぞう)標識。漁港です

蔵々(ぞうぞう)標識。漁港です

漁港付近、海抜1mです

漁港付近、海抜1mです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対岸には可愛らしい灯台がありました

対岸には可愛らしい灯台がありました

何ザクラ?

何ザクラ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

景色に見てれて歩いていると白亜紀の地層が地表に出ている個所が

景色に見てれて歩いていると白亜紀の地層が地表に出ている個所

白亜紀の地層がこんなところに・・・

白亜紀の地層がこんなところに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地層の近くに何故か飼いヤギがいました。

地層の近くに何故か飼いヤギがいました。

海岸沿いにはルリハコベの花が咲き乱れていました。

海岸沿いにはルリハコベの花が咲き乱れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルリハコベ

ルリハコベ

8500年前の地層がむき出しになった外浦自然海岸

8500年前の地層がむき出しになった外浦自然海岸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海岸より高山へ向け山道に入ります

海岸より高山へ向け山道に入ります

オルレ案内標識もしっかり設置されています

オルレ案内標識もしっかり設置されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急な登りでは安全の為、ロープも張ってあります

急な登りでは安全の為、ロープも張ってあります

海岸よりひと登りで展望の良い場所へと出ます。

海岸よりひと登りで展望の良い場所へと出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望案内板

展望案内板

展望案内板

展望案内板

展望案内板

展望案内板

高山山頂手前の急登入口

高山山頂手前の急登入口

急登といっても5分程で抜けてしまします

急登といっても5分程で抜けてしまします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高山山頂へ最後の登り?

高山山頂へ最後の登り?

高山(166.9m)山頂に到着

高山(166.9m)山頂に到着

高山山頂からは360度のパノラマが広がっています。今回は黄砂の影響か遠くの展望は望めませんでした

高山山頂からは360度のパノラマが広がっています。今回は黄砂の影響か遠くの展望は望めませんでした

山頂からは、三角岳も見えますよ~

山頂からは、三角岳も見えますよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンセに従い山を下ります

カンセに従い山を下ります

果樹園の中の道を歩きます

果樹園のそばの道を歩きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなところに安部首相夫人のお手植え記念樹が

こんなところに安部首相夫人のお手植え記念樹が

維和桜・花公園にも立ち寄りました

維和桜・花公園にも立ち寄りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜は終わっていましたがツツジが咲いていました

桜は終わっていましたがツツジが咲いていました

今回のコースのゴール千束天満宮へ到着。

今回のコースのゴール千束天満宮へ到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千束天満宮近く、花の奥に東大維橋が見えています。

千束天満宮近く、花の奥に東大維橋が見えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のコースは12.3km、行動時間約5時間半でした。

古墳群を見たり、海岸沿いを歩いたかと思うと山道を登り標高は低いが展望ばつぐんの高山をはじめ果樹園の小路、花公園など変化に富んだコースでたっぷり楽しむことが出来ました。百聞は一見に如かず、ぜひ一度歩いてみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

佐賀県 黒髪山

4月6日(日) 佐賀県の黒髪山へ乳待坊から登りました。

乳待坊展望台駐車場

乳待坊展望台駐車場

駐車場より舗装路を歩くこと30分、登山口へ到着

駐車場より舗装路を歩くこと30分、登山口へ到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見返峠経由、約50分程で山頂直下クサリ場到着

見返峠経由、約50分程で山頂直下クサリ場到着

2本目のクサリ場にさしかかるところです

2本目のクサリ場にさしかかるところです

一つ目のクサリ場通過し、一安心

一つ目のクサリ場通過し、一安心

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサリの次はハシゴ場、慎重に通過します。

クサリの次はハシゴ場、慎重に通過します。

3本目のクサリ場

3本目のクサリ場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前方に見えるのが山頂の(天童岩)

前方に見えるのが山頂の(天童岩)

山頂手前の最後のクサリ場

山頂手前の最後のクサリ場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒髪山山頂に到着。駐車場より約1時間50分

黒髪山山頂に到着。駐車場より約1時間50分

天童岩標識

天童岩標識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天童岩より青螺山を望む

天童岩より青螺山を望む

天童岩にて集合写真!

天童岩にて集合写真!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山は天童岩取りつきから有田ダム方面へと進路をとります

下山は天童岩取りつきから有田ダム方面へと進路をとります

有田ダム分岐、今回は西光密寺へ立ち寄ります

有田ダム分岐、今回は西光密寺へ立ち寄ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜が散り始めた西光密寺、綺麗でした。

桜が散り始めた西光密寺、綺麗でした。

西光密寺 境内

西光密寺 境内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西光密寺からは見返峠へと戻ります。快適なトラバースが続きます

西光密寺からは見返峠へと戻ります。快適なトラバースが続きます

黒髪山、雌岩?ちょっと変わった構図で撮ってみました

黒髪山、雄岩?ちょっと変わった構図で撮ってみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山道沿いにはサツマイナモリの花が沢山咲いていました。

登山道沿いにはサツマイナモリの花が沢山咲いていました。

舗装路を駐車場へ向け下山

舗装路を駐車場へ向け下山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場へと戻って来ました。

駐車場へと戻って来ました。

乳待坊展望台

乳待坊展望台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳待坊展望台からの眺め

乳待坊展望台からの眺め

乳待坊展望台より黒髪山山頂方面

乳待坊展望台より黒髪山山頂方面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

037結果039結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

041結果042結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麓の町より黒髪山を望む

麓の町より黒髪山を望む

麓の町より青螺山方面を望む

麓の町より青螺山方面を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は下山後、武雄温泉へと立ち寄りました。重要文化財の御門

今回は下山後、武雄温泉へと立ち寄りました。重要文化財の御門

御門の2階にはこちらも重要文化財指定の天井絵があります。

御門の2階にはこちらも重要文化財指定の天井絵があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井絵は残念ながら特別公開の際にしか観覧出来ません。

天井絵は残念ながら特別公開の際にしか観覧出来ません。

御門は東京駅を設計した辰野金吾氏の設計で、東京駅建築と同時期に建てられたので辰野氏の遊び心で此処の天井絵が造られたとも言われているそうです。

御門は東京駅を設計した辰野金吾氏の設計で、東京駅建築と同時期に建てられたので辰野氏の遊び心で此処の天井絵が造られたとも言われているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の皆が入浴中に私は武雄温泉の裏手にある桜山公園へと散策に

参加者の皆が入浴中に私は武雄温泉の裏手にある桜山公園へと散策に

桜山公園には奇岩があり展望も抜群です。

桜山公園には奇岩があり展望も抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜山公園の散策路には日当りが良いせいか、ミツバツツジが満開に咲いていました。

桜山公園の散策路には日当りが良いせいか、ミツバツツジが満開に咲いていました。

シキミの花も綺麗に咲いていました。

シキミの花も綺麗に咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜山公園より下山して、武雄温泉新館の資料館も訪ねました。

桜山公園より下山して、武雄温泉新館の資料館も覘いてみました。

新館を改修する際に出土した大正天皇が訪れる予定の為に造ったといわれる特別な浴槽。残念ながら使われる事なく埋められたとのことでした。

新館を改修する際に出土した大正天皇が訪れる予定の為に造ったといわれる特別な浴槽。残念ながら使われる事なく埋められたとのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉入浴後、時間に余裕があったので近くにある話題の武雄市図書館にも立ち寄りました。

温泉入浴後、時間に余裕があったので近くにある話題の武雄市図書館にも立ち寄りました。

木をふんだんに利用し、明るい内装の館内、本好きな方なら一日過ごせてしましそうです。

木をふんだんに利用し、明るい内装の館内、本好きな方なら一日過ごせてしましそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もお天気に恵まれ、盛りだくさんの旅となりました。感謝、感謝!

倉木山とキスミレ鑑賞&湯布院散策

4月1日(火)大分県の倉木山(1155m)へ登りに行きました!

倉木山登山口へと向かう途中、野焼きした黒い大地に黄色いキスミレが映える。

今年はなかなか気温が上がらず、開花しているのか少々心配していましたが可愛らしい姿で咲いていました。

狭霧台より由布岳を望むいつ見ても格好の良い山です

狭霧台より由布岳を望むいつ見ても格好の良い山です

狭霧台の眼下には湯布院盆地が広がっています。

狭霧台の眼下には湯布院盆地が広がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キスミレと由布岳

キスミレと由布岳

キスミレ

キスミレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キスミレ②

キスミレ②

倉木山登山口より山頂付近を望む

倉木山登山口より山頂付近を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場より簡易舗装路を登ること10分程で山道に入ります。

駐車場より簡易舗装路を登ること10分程で山道に入ります。

日当りの良い土手で咲き始めたツクシショウジョウバカマ

日当りの良い土手で咲き始めたツクシショウジョウバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山道途中より由布岳を望む

登山道途中より由布岳を望む

登山道沿いの林はまだ早春の趣が

登山道沿いの林はまだ早春の趣が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂まであとひと登り

山頂まであとひと登り

歩き出しから約1時間半、倉木山(1155m)山頂に到着

歩き出しから約1時間半、倉木山(1155m)山頂に到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

025結果

山頂からも由布岳が綺麗に見えています。

山頂からも由布岳が綺麗に見えています。

約3時間程で倉木山登山を終了。由布岳正面登山口へ移動、何か花が咲いていないか歩きましたが、まだこれといって咲いておらず残念

約3時間程で倉木山登山を終了。由布岳正面登山口へ移動、何か花が咲いていないか歩きましたが、まだこれといって咲いておらず残念

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

由布岳正面登山道より隣の鶴見岳を望む

由布岳正面登山道より隣の鶴見岳を望む

下山後は湯布院 七色の風にて入浴。平日の昼間なので温泉も空いていて貸し切り状態、湯ったり入ることができました。やはり登山は平日に限る!

下山後は湯布院 七色の風にて入浴。平日の昼間なので温泉も空いていて貸し切り状態、湯ったり入ることができました。やはり登山は平日に限る!

温泉入浴後は湯布院の町で散策。とっておきの場所へ!

温泉入浴後は湯布院の町で散策。とっておきの場所へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月初旬の湯布院は散策するのにベストシーズン。菜の花と桜、景色を十二分に楽しむことができますよ~!

4月初旬の湯布院は散策するのにベストシーズン。菜の花と桜、景色を十二分に楽しむことができますよ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州トレッキング倶楽部の山旅は山あり観光ありで楽しいよ~ ルンルン♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市房山と熊本城 桜まつり

3月29日(土)~30日(日)の日程で熊本・宮崎県の市房山・石堂山へ登る予定でした!
人吉市の天気予報では午後より降水確率が上がるとの事でしたが、当たらなくて良い時には当たるもので、市房山登山口へ到着する少し前より雨粒がポツリポツリ。
登山開始するころには霧雨の中での歩き出しとなりました。

市房山登山口

市房山登山口

苔むした石畳をゆっくり登っていきます。

苔むした石畳をゆっくり登っていきます。

 

登り始めて25分ほどで市房神社に到着、ここで昼食を摂りました。

登り始めて25分ほどで市房神社に到着、ここで昼食を摂りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中の道は都合によりカットさせて頂きました。九合目ではマンサクの花がお出迎え

途中の道は都合によりカットさせて頂きました。九合目ではマンサクの花がお出迎え

登山口より約3時間程で市房山山頂(1721m)へ到着。まわりはガスっており視界ゼロ 残念!

登山口より約3時間程で市房山山頂(1721m)へ到着。まわりはガスっており視界ゼロ 残念!早々に下山しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は石堂山へ登山予定でしたが、早朝まで激しい雨が降っていたこともあり参加者は戦意喪失、山は登らず帰ることになりました。

とはいっても午後からは天候も回復するとの天気予報が出ていたので急遽、観光して帰ることにしました。

手始めに一番近い観光スポット、市房ダム周辺の桜見物~人吉市内で国宝に指定されている青井阿蘇神社&人吉城跡を巡ることに。

市房ダム周辺の桜

市房ダム周辺の桜

市房ダム周辺の桜

市房ダム周辺の桜

国宝 青井阿蘇神社 山門

国宝 青井阿蘇神社 山門

青井 阿蘇神社お堀の赤橋

青井 阿蘇神社お堀の赤橋

人吉城跡

人吉城跡

人吉城案内標識

人吉城案内標識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本城 本丸

熊本城 天守閣

熊本城

熊本城

熊本城

熊本城

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本丸御殿大広間も観覧しました。

本丸御殿大広間も観覧しました。

昭君之間 素晴らしい造りとなっていました。

昭君之間 素晴らしい造りとなっていました。

昭君之間

昭君之間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床の間び日本画の絵も素晴らしい!

床の間び日本画の絵も素晴らしい!

034結果035結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井板一枚一枚にも植物の絵を描き込んである折り上げ格天井も見事としか言いようがありません。

天井板一枚一枚にも植物の絵を描き込んである折り上げ格天井も見事としか言いようがありません。

素晴らしい床の間です

素晴らしい床の間です

壁や襖にはモンゴルび嫁がされた王昭君の物語が描かれています。

壁や襖にはモンゴルび嫁がされた王昭君の物語が描かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい日本建築や絵画を鑑賞した後は、お抹茶で一服。

素晴らしい日本建築や絵画を鑑賞した後は、お抹茶で一服。

城外より天守閣を望む

城外より天守閣を望む

加藤清正像

加藤清正像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石堂山へ登れなかったのは残念でしたが、前日の市房山、熊本城の観覧と桜まつりなど盛だくさんの内容で充実した2日間になりました。参加者の方へ感謝、感謝!