10月

大台ケ原・大峰山

10月19日(日)~22日(水)吉野熊野国立公園に位置する大台ケ原・大峰山を訪ねました。

1日目は夜に新門司港よりフェリーで出発2日目の早朝、大阪南港に到着、車で大台ケ原へ向かいます。

心配した雨も出発時は曇りでしたが登山口が近くなるにつれ小雨が落ちてきてしまいました。

大台ケ原駐車場に到着

大台ケ原駐車場に到着

登山口から45分程で大台ケ原/日出ヶ岳山頂に到着。

登山口から45分程で大台ケ原/日出ヶ岳山頂に到着。

展望台にある案内標識

展望台にある案内標識

幻想的な景色の中を歩きます。(負け惜しみかな?)

幻想的な景色の中を歩きます。(負け惜しみかな?)

牛石ヶ原にある神武天皇像

牛石ヶ原にある神武天皇像

シオカラ谷で確認出来たオオダイガハラサンショウウオ

シオカラ谷で確認出来たオオダイガハラサンショウウオ

この後、ご馳走が次から次へと出てきました。

この後、ご馳走が次から次へと出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は宿を早朝出発し、大峰山脈の最高峰 八経ヶ岳へ登ります。

行者還トンネル西口~山頂を往復しました。

登山口から約1時間程で稜線に到着

登山口から約1時間程で稜線に到着

稜線の出合、大台ケ原方面の景色を見る事が出来ます

稜線の出合、大台ケ原方面の景色を見る事が出来ます

樹林帯の切れ間から目指す八経ヶ岳山頂を確認

樹林帯の切れ間から目指す八経ヶ岳山頂を確認

聖宝ノ宿跡/聖宝理源大師像

聖宝ノ宿跡/聖宝理源大師像

弥山小屋手前の公衆トイレと広場

弥山小屋手前の公衆トイレと広場

弥山小屋

弥山小屋

小屋前の弥山の看板

小屋前の弥山の看板

弥山の登り口にある鳥居

弥山の登り口にある鳥居

弥山山頂の祭殿

弥山山頂の祭殿

小屋の手前より八剣山の標識に従い山頂を目指します

小屋の手前より八剣山の標識に従い山頂を目指します

山頂がすぐ先に見えてきました

山頂がすぐ先に見えてきました

大峰山らしい風景

大峰山へと向かう途中の景色、無残です!

大峰山山頂手前にはオオヤマレンゲの保護地区があります

大峰山山頂手前にはオオヤマレンゲの保全地区があります

弥山小屋から片道約30分で大峰山/八経ヶ岳に到着360°のパノラマ

小屋から片道約30分で大峰山/八経ヶ岳に到着360°のパノラマ

仏生ヶ岳、釈迦ヶ岳など大峰奥駈道南部の山々

仏生ヶ岳、釈迦ヶ岳など大峰奥駈道南部の山々

弥山小屋広場の案内板①

弥山小屋広場の案内板①

弥山小屋広場の看板②

弥山小屋広場の案内板②

弥山小屋広場の案内板③

弥山小屋広場の案内板③

下山途中、大普賢岳方面の展望が広がります

下山途中、大普賢岳方面の展望が広がります

ドウダンツツジの紅葉

ヤシオツツジの紅葉

登山口近くの可愛らしい橋

登山口近くの可愛らしい橋

登山口

登山口

登山口の案内板

登山口の案内板

登山口付近は整理され有料駐車場になっていました

登山口付近は整備され有料駐車場になっていました

駐車場は早朝より管理者がいます。逃れられません!下の道路沿いまですべてです

駐車場は早朝より管理者がいます。逃れられません!下の道路沿いまですべてです但し、トイレはありがたい(利用料100円)

行者還トンネル西口と駐車場

行者還トンネル西口と駐車場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山最終日、下山後に車で出発して間もなく小雨が降り出しました。今回もラッキー(*^^)v

大阪南港到着予定時間に余裕があったので天保山公園へ、国土地理院で日本一低い山(天保山4.53m)に登りに?行きました!

今回も楽しい山旅となりました\(^o^)/

 

 

日光と両毛国境の名峰を訪ねて

10月15日(水)~18(土)皇海山・男体山・日光白根山の3座を巡って来ました。

初日は片品温泉へと向かう途中、日光で観光してから宿へ入りました。

訪問地は、日光華厳の滝、竜頭の滝、戦場ヶ原です。

竜頭の滝①

竜頭の滝①

竜頭の滝②

竜頭の滝②

竜頭の滝上流より望む

竜頭の滝上流より望む

竜頭の滝③

竜頭の滝③今年は台風の影響もあり残念なことに・・・

竜頭茶屋

竜頭の茶屋

皆で滝を見ながらお茶してます

皆で滝を見ながらお茶してます

おご馳走さまです

おご馳走さまです

綺麗な黄葉ですね

綺麗な黄葉ですね

戦場ヶ原

戦場ヶ原

片品温泉の宿に到着

片品温泉の宿に到着

夕食はおご馳走ですよ~

夕食はおご馳走ですよ~

宿の休憩室

宿の休憩室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は皇海山に登ります。

鹿よけの為の林道ゲート

鹿よけの為の林道ゲート

皇海橋横の皇海山登山口

皇海橋横の皇海山登山口

立派なトイレも設置されています

立派なトイレも設置されています

皇海橋

皇海橋

登山口にある注意書き

登山口にある注意書き

NTTドコモの通話可能エリア案内板

NTTドコモの通話可能エリア案内板

不動沢沿いを登って行きます。雨が降っている場合は要注意

不動沢沿いを登って行きます。雨が降っている場合は要注意

登り始めて約2時間半程で山頂に到着

登り始めて約2時間半程で山頂(2144m)に到着

山頂標識

山頂標識

山頂標識②

山頂付近は渡瀬川の水源になっています

下山も注意して下ります

下山も注意して下ります

カラマツの黄葉が綺麗でした

カラマツの黄葉が綺麗でした

山麓は紅葉まっ盛りです

山麓は紅葉まっ盛りです

宿へと戻る途中、吹き割りの滝に立ち寄りました

宿へと戻る途中、吹き割りの滝に立ち寄りました

吹き割りの滝②

吹き割りの滝②

今夜もおご馳走で~す

今夜もおご馳走で~す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は男体山に登ります。

登山コースは裏男体林道をつめ、志津峠より山頂を往復します。

志津峠より男体山を望む

志津峠より男体山を望む

男体山登山口

男体山登山口

志津宮にて安全登山祈願してから出発!

志津宮にて安全登山祈願してから出発!

志津宮に隣接する志津小屋(避難小屋)

志津宮に隣接する志津小屋(避難小屋)

9合目付近より山頂を望む

9合目付近より山頂を望む

男体山山頂(2485m)に到着

男体山山頂(2485m)に到着

山頂の一角にある二荒山大神の銅像

山頂の一角にある二荒山大神の銅像

下山途中、大真名子山や女峰山方面を望む

下山途中、大真名子山や女峰山方面を望む

麓の三本松園地から見た男体山

麓の三本松園地から見た男体山

宿へ戻る途中、日光の三名瀑のひとつ湯滝に立ち寄りました

宿へ戻る途中、日光の三名瀑のひとつ湯滝に立ち寄りました

湯滝の前で記念撮影、素晴らしい笑顔は滝の美しさにも引けをとらない?

湯滝の前で記念撮影、素晴らしい笑顔は滝の美しさにも引けをとらない?

金精峠へと向かう途中の展望台より中禅寺湖と男体山

金精峠へと向かう途中の展望台より中禅寺湖と男体山を望む

今日の夕食メニューです

今日の夕食メニューです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終日は関東以北の最高峰、日光白根山に登りました。

登山コースは菅沼登山口~山頂~丸沼高原です。

菅沼駐車場を出発

菅沼駐車場を出発

駐車場の先にある案内板

駐車場の先にある案内板

登山口から約1時間半程で弥陀ヶ池に到着

登山口から約1時間半程で弥陀ヶ池に到着奥は本峰

気温が低く池には薄氷が張っていました

気温が低く池には薄氷が張っていました

登山道にはうっすらと雪が落ちていました

登山道にはうっすらと雪が残っていました

途中、振り返ると遠くに尾瀬の燧ヶ岳が綺麗に見えていました

途中、振り返ると遠くに尾瀬の燧ヶ岳が綺麗に見えていました

アルプスの岩稜帯を見ているようです

アルプスの岩稜帯を見ているようです

エビの尻尾も見る事が出来ました

エビの尻尾も見る事が出来ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂までもうすぐ

山頂までもうすぐだぞ~

山頂に到着バンザ~イ

山頂に到着バンザ~イ

日光白根山山頂(2578m)

日光白根山山頂(2578m)

眼下には五色沼が見えています

眼下には五色沼が見えています

山頂からは360°のパノラマが広がっています

山頂からは360°のパノラマが広がっています

ゴンドラ駅近くにある二荒山神社、お礼参りをします

ゴンドラ駅近くにある二荒山神社、お礼参りをします

山頂から約2時間程でゴンドラ山頂駅に到着

山頂から約2時間程でゴンドラ山頂駅に到着

ゴンドラに乗って一気に下山します

ゴンドラに乗って一気に下山します

昼食は美味しいお蕎麦を食しました

昼食は美味しいお蕎麦を食しました

真打ちそば、コシがあってだしもGoodでした。

真打ちそば、コシがあってだしもGoodでした。

足湯もあります

足湯もあります

泉質も良い、薬師之湯にて入浴しました

泉質も良い、薬師之湯にて入浴しました

薬師之湯 紅葉①

薬師之湯 紅葉①

薬師之湯 紅葉②

薬師之湯 紅葉②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も素晴らしい山々、素晴らしい紅葉、素晴らしい会員との旅でした!感謝、感謝\(^o^)/

紅葉の東北三山②

10月10日(金)~13日(月・祝)越後駒ヶ岳・平ヶ岳・会津駒ヶ岳の3座を登って来ました!

初日は移動日で八海山のショートハイキングを予定していましたが、稜線がガスっていた為、断念し宿泊地の銀山平温泉へと向かいました。

今回連泊した銀山平温泉 湖山荘

今回連泊した銀山平温泉 湖山荘

今回は本館ではなくコテージに宿泊しました。

今回は本館ではなくコテージに宿泊しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食の岩魚の塩焼き

夕食の岩魚の塩焼き

美雪マスの御刺身

美雪マスの御刺身

養殖ですが立派な型の岩魚の塩焼きです

養殖ですが立派な型の岩魚の塩焼きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は枝折峠から越後駒ヶ岳を往復しました。

駐車場が狭くかなりの混雑が予想された為、宿を4時に出発、峠駐車場へは午前4時40分程に到着しましたが駐車スペースは2台程しか空いておらずギリギリセーフでした。

奥只見湖方面より朝陽があがってきました

奥只見湖方面より朝陽があがってきました

朝陽に薄っすらと姿を現す越後駒ヶ岳

朝陽に薄っすらと姿を現す越後駒ヶ岳

晴天の空に風格ある越後駒ヶ岳が映えます

晴天の空に風格ある越後駒ヶ岳が映えます

コース中にはちょっとした岩場歩きも出てきます

コース中にはちょっとした岩場歩きも出てきます

駒ノ小屋

駒ノ小屋

越後駒ヶ岳山頂(2003m)に到着

越後駒ヶ岳山頂(2003m)に到着

越後駒ヶ岳の山頂標識

越後駒ヶ岳の山頂標識、奥は中ノ岳

約8時間半程で登山口へ戻って来ました

約8時間半程で登山口へ戻って来ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は平ヶ岳登山です。今回は山頂への最短コースになっている中ノ岐林道終点より入山しました。

この登山口へと向かう林道は個人では進入出来ず地元の宿を利用した方のみが宿の送迎を利用し入山する事が可能です。

その為、ほとんどの方が宿をご前4時に出発、薄暗い中、登山口を一斉に登り始めます。

我々が入山した際にも100名以上の登山者が一斉に登山開始しました。

姫ノ池より見た平ヶ岳山頂付近

姫ノ池より見た平ヶ岳山頂付近

青空の下、気持ちの良い木道歩きが続きます

青空の下、気持ちの良い木道歩きが続きます

三角点がある平ヶ岳山頂

三角点がある平ヶ岳山頂

玉子石にも立ち寄りました

玉子石にも立ち寄りました

中腹より下が丁度紅葉が綺麗でした

中腹より下がちょうど紅葉が綺麗でした

登山口のすぐ先にある平ヶ岳沢に架かる橋

登山口のすぐ近くにある平ヶ岳沢に架かる橋

中ノ岐林道終点登山口に到着

中ノ岐林道終点登山口に到着

3泊目の宿へ向かう途中、尾瀬の燧ヶ岳を望む

桧枝岐の宿へ向かう途中、尾瀬の燧ヶ岳をパチリ!

尾瀬の御池より七入へ少し下ったところで寄り道

尾瀬の御池より七入へ少し下ったところで寄り道

モ―カケの滝の案内板

モ―カケの滝の案内板

モ―カケの滝

モ―カケの滝

桧枝岐温泉のお宿にてまたまたおご馳走です

桧枝岐温泉のお宿にてまたまたおご馳走です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4日目は台風接近による雨を予想して出発を1時間繰り上げ、またまた午前4時出発。

会津駒ヶ岳の林道終点登山口をヘッドランプの明かりを頼りに4時30分出発。

樹林帯を過ぎ会津駒ヶ岳の山頂付近が見えてきました

樹林帯を過ぎ会津駒ヶ岳の山頂付近が見えてきました

駒ノ小屋へと続く木道

駒ノ小屋へと続く木道

登ること約3時間半、会津駒ヶ岳山頂(2133m)に到着

登ること約3時間半、会津駒ヶ岳山頂(2133m)に到着

山頂のパノラマガイド①

山頂のパノラマガイド①

山頂のパノラマガイド② 山頂からは越後駒ヶ岳、平ヶ岳、尾瀬、日光、をはじめ沢山の山を確認出来ました。

山頂のパノラマガイド② 山頂からは越後駒ヶ岳、平ヶ岳、尾瀬、日光、をはじめ沢山の山を確認出来ました。

駒ノ大池と平ヶ岳

駒ノ大池と平ヶ岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山麓の紅葉は今が盛りといったところでした

山麓の紅葉は今が盛りといったところでした

会津駒ヶ岳登山口に到着雨に会う事なくGood!

会津駒ヶ岳登山口に到着雨に会う事なくGood!

136結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会津駒ヶ岳登山が終了し、整理運動をしているとポツリポツリと雨が落ちだし、車に乗って出発するなり本降りの雨となりました。

今回もついていましたよ~(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉の東北三山①

10月5(日)~8日(水) 八甲田山・白神岳・岩木山にて山&温泉三昧でした!

初日は青森空港より宿がある酸ケ湯温泉へと向かう途中、奥入瀬渓流に寄り道しました。

飛行機の中から岩木山を撮影

飛行機の中から岩木山を撮影

八甲田山登山口駐車場付近より八甲田大岳を望む

八甲田山登山口駐車場付近より八甲田大岳を望む

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流の銚子大滝

奥入瀬渓流の銚子大滝

睡蓮池?より北八甲田の山々を望む

睡蓮池?より北八甲田の山々を望む

酸ケ湯温泉の夕食、おご馳走ですだ~

酸ケ湯温泉の夕食、おご馳走ですだ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は八甲田山の登山をしました。

コースは地獄谷コース~仙人岱~八甲田山/大岳~上毛無岱~下毛無岱~酸ケ湯温泉の周遊コースを歩きました。

残念ながら山頂では暴風の為、撮影するどころでなく足早に通過しました(T_T)

歩き始めは落ち葉を踏みしめながら歩きました

歩き始めは落ち葉を踏みながら歩きました

下毛無岱の草紅葉が綺麗でした

下毛無岱の草紅葉が綺麗でした

ハウチワカエデの紅葉

ハウチワカエデの紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐで下山口の酸ケ湯温泉に到着

もうすぐで下山口の酸ケ湯温泉に到着

場所は変わり、黄金崎不老不死温泉にて今日もおご馳走です

場所は変わり、黄金崎不老不死温泉にて今日もおご馳走です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は白神岳を登りました。

不老不死温泉

不老不死温泉

白神岳登山口にある立派な休憩所&トイレ

白神岳登山口にある立派な休憩所&トイレ

休憩所より約20分程先のマテ山登山口

休憩所より約20分程先のマテ山登山口

木漏れ日の中、登ります

木漏れ日の中、登ります

ブナの原生林が続きます

ブナの原生林が続きます

ブナの森はキノコの宝庫、これは毒キノコかな?

ブナの森はキノコの宝庫、これは毒キノコかな?

稜線近くになってやっと下界の景色が見えてきました

稜線近くになってやっと下界の景色が見えてきました

稜線より山頂付近を望む

稜線より山頂付近を望む

白神岳の山頂手前にある避難小屋

白神岳の山頂手前にある避難小屋

白神岳山頂(1232m)に到着

白神岳山頂(1232m)に到着

向白神の天狗岳、向白神岳などの景色が広がります

向白神の天狗岳、向白神岳などの景色が広がります

下山は往路を戻ります

下山は往路を戻ります

美しいブナの森、登りとは違った景色を見る事が出来ます

登りとは違った景色を見る事が出来ます

不老不死温泉の絶景露天風呂

不老不死温泉の絶景露天風呂、この露天風呂に入るため遠路はるばる来られる方も多いとか

この露天風呂は日没までしか入浴できません日本海に沈む夕日を眺めながら最高!

この露天風呂は日没までしか入浴できません日本海に沈む夕日を眺めながらの入浴は最高!

日本海に夕陽が沈んだ直後、静寂が訪れます

日本海に夕陽が沈んだ直後、静寂が訪れます

今夜もご馳走です!(^^)!

今夜もご馳走です!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4日目は津軽富士こと、お岩木山に登ります。といっても時間の関係で八合目からの登山開始となります(残念!)

登山前に観光?千畳敷海岸です

登山前に観光?千畳敷海岸です

千畳敷海岸は奇岩が多く景勝地となっています

千畳敷海岸は奇岩が多く景勝地となっています

津軽岩木スカイラインの入口付近より岩木山を望む

津軽岩木スカイラインの入口付近より岩木山を望む

八合目駐車場にある岩木山の標識

八合目駐車場にある岩木山の標識

八合目駐車場より岩木山山頂を望む

八合目駐車場より岩木山山頂を望む

八.五合目ぐらいから山頂を見る

八.五合目ぐらいから山頂を見る、どうか晴れますように!

残念ながら山頂ではガスの中で展望きかず

残念ながら山頂ではガスの中で展望きかず

下山後はメンバーの要望によりリンゴ園へ

下山後はメンバーの要望によりリンゴ園へ

たわわに実ったリンゴ達、本場で食べるリンゴは一味違う?

たわわに実ったリンゴ達、本場で食べるリンゴは一味違う?

今回、リンゴ農家の直売所にて宅急便にてリンゴを直送して頂きました。娘さんと親子でパチリ!後日送られてきたリンゴは大好評でしたよ

今回、リンゴ農家の直売所にて宅急便にてリンゴを直送して頂きました。娘さんと親子でパチリ!後日送られてきたリンゴは大好評でしたよ

海岸線を走る五能線

海岸線を走る五能線

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東北のPRポスターをパチリ!

東北のPRポスターをパチリ!

今回は山の紅葉と温泉三昧の旅で、地元にも貢献することが出来ました。

旅を通じて日本の良さを再認識させられますね!

サッカー選手の中田英寿さんが引退メッセージでこう言われていました、『人生とは旅であり、旅とは人生である』好きな言葉です。

 

紅葉の北アルプス 涸沢カール

10月1日(水)~4日(土) 北アルプスの涸沢カールを訪ねました。

初日は上高地より入山、徳沢まで移動しました。

河童橋から定番のアングル

河童橋から定番のアングル

梓川越しに明神岳を望む

梓川越しに明神岳を望む

遊歩道では猿も歩きます

遊歩道では猿も歩きます

上高地より約2時間程で徳澤園に到着

上高地より約2時間程で徳澤園に到着

徳澤園は蝶ヶ岳へと続く長塀尾根への取りつき点になります

徳澤園は蝶ヶ岳へと続く長塀山への取りつき点になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は徳澤園を出発、横尾大橋を経由し涸沢ヒュッテのテント場へと移動します

朝日を浴びた明神岳

朝日を浴びた明神岳

横尾にて一休み

横尾にて一休み

屏風岩

屏風岩

遠くに北穂高岳を望む

遠くに北穂高岳を望む

北穂高岳に荷揚げするヘリ

北穂高岳に荷揚げするヘリ

紅葉の道を歩きます

紅葉の道を歩きます

樹林帯を抜けると穂高の山々が顔を出してきました

樹林帯を抜けると穂高の山々が顔を出してきました

紅葉と屏風岩

紅葉と屏風岩

涸沢岳、涸沢槍が綺麗に見えています

涸沢岳、涸沢槍が見えています

涸沢ヒュッテテント場まであと少し

涸沢ヒュッテテント場まであと少し

涸沢テント場からの眺め残念ながら稜線は・・・

涸沢テント場からの眺め残念ながら稜線は・・・

到着時間が早かったので屏風のコルまで歩きました

到着が早かったので屏風のコルまで歩きました

所々クサリ場が出てきます要注意

所々クサリ場、岩場が出てきます要注意

クサリ場

クサリ場が続きます

屏風のコルまではまだ距離があります

屏風のコルまではまだ距離があります

涸沢へ戻る途中、紅葉の中に涸沢ヒュッテが

涸沢へ戻る途中、紅葉の中に涸沢ヒュッテが

紅葉と涸沢ヒュッテ

紅葉と涸沢ヒュッテ

涸沢のテント場

涸沢のテント場

涸沢小屋

涸沢小屋

ナナカマドの赤い実

ナナカマドの赤い実

残念ながら夕方より雨となりました

残念ながら夕方より雨となりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初の予定では3日目は北穂高岳に登頂予定でしたが昨夜から降り続く雨のため中止、休養日としました。

4日目は涸沢より一気に上高地まで下山します。

夜明けの穂高岳(奥穂高岳)

夜明けの穂高岳(奥穂高岳)

朝焼けの奥穂高岳

朝焼けの奥穂高岳

あっという間に上高地の河童橋まで戻って来ました

あっという間に上高地の河童橋まで戻って来ました奥は焼岳です

五千尺ホテルにてご褒美の?ケーキセット

五千尺ホテルにてご褒美の?ケーキセットだよ~ん!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山後は白骨温泉にて入浴してから帰路へとつきました。今回、北穂高岳へは登れませんでしたがまた次回に山は逃げません。

歳は逃げますけどね!今回の山行中も北穂高にて、濡れた山道を下山中に転落する事故が発生していました。