05月

脊振山地縦走パート2

5月23日(土) 脊振山地縦走パート2

今回は九千部山~石谷山~蛤岳~脊振山を歩きました。

九千部山山頂に到着。展望はききません

九千部山山頂に到着。展望はききません

坂本峠、これから蛤岳へと登ります

坂本峠、これから蛤岳へと登ります

蛤岳登山口

蛤岳登山口

ピンボケですがタツナミソウです

ピンボケですがタツナミソウです

蛤水道に沿って登ります

蛤水道に沿って登ります

蛤岳山頂に到着

蛤岳山頂に到着

山頂にある蛤水道の説明版

山頂にある蛤水道の説明版

今回のゴール、脊振山に到着です

今回のゴール、脊振山に到着です

富士山展望の山歩き

5月18日(月)~20日(水) 丹沢山と大菩薩嶺に登って来ました!

初日、大倉より入山。大倉尾根を尊仏山荘目指して登ります。通称バカ尾根の階段をひたすら登ります。

尊仏山荘がある頭ノ岳山頂に到着するころにはガスに包まれてしまいました。(>_<)

2日目は朝から丹沢山~蛭ヶ岳をピストンする予定でしたが夜半からひどい風雨であえなく沈殿。

雨が止むのを待って午前11時頃、下山開始。天候が悪い時には無理はしません!昨日登ってきた大倉尾根を今度はひたすら下りました。

トウゴクミツバツツジ、ギンランなど鑑賞しながら下りました。下山後は車で大菩薩嶺の登山口、上日川峠まで移動しました。

3日目はこれまでのモヤモヤを吹き飛ばす抜けるような青空と富士山を十二分に堪能しました(*^^)v

大倉バス停より出発

大倉バス停より出発

分岐にはわかりやすい標識が設置されています

分岐にはわかりやすい標識が設置されています

登山道は良く整備されています

登山道は良く整備されています

観音茶屋

見晴茶屋

ひたすら階段状の登山道を登ります

ひたすら階段状の登山道を登ります

堀山の家

駒止茶屋

ところどころ平坦な登山道が出てきます

ところどころ平坦な登山道が出てきます

ヤマツツジも咲いています

ヤマツツジも咲いています

また階段です

また階段です

オキナグサもありました

オキナグサもありました

トウゴクミツバツツジは満開でした

トウゴクミツバツツジは満開でした

トウゴクミツバツツジ

トウゴクミツバツツジ

丹沢の山も所々崩壊が進んでいます

丹沢の山も所々崩壊が進んでいます

幻想的な風景の中、登ります

幻想的な風景の中、登ります

ガスの中を歩く登山者、画になります

ガスの中を歩く登山者、画になります

塔の岳(1941m)山頂に到着。

塔の岳(1941m)山頂に到着。

塔の岳山頂のすぐ脇に尊仏山荘が建っています

塔の岳山頂のすぐ脇に尊仏山荘が建っています

2日目の夕方、大菩薩嶺の登山口、上日川峠に到着

2日目の夕方、大菩薩嶺の登山口、上日川峠に到着

夕食は山菜の天ぷら、馬刺し、その他・・・勿論ビールも飲むよ!

夕食は山菜の天ぷら、馬刺し、その他・・・勿論ビールも飲むよ!

3日目の朝、南アルプスの山並が雲海に浮かんでいました

3日目の朝、南アルプスの山並が雲海に浮かんでいました

甲斐駒ヶ岳かな?

甲斐駒ヶ岳かな?

しばらくは林道に沿った山道を歩きます

しばらくは林道に沿った山道を歩きます

熊出没注意の標識もありますよ~

熊出没注意の標識もありますよ~

新緑と青空が素晴らしい!

新緑と青空が素晴らしい!

福ちゃん荘横の休憩所でひと休み

福ちゃん荘横の休憩所でひと休み

福ちゃん荘脇の分岐

福ちゃん荘脇の分岐

分岐に設置されている案内標識

分岐に設置されている案内標識

稜線近くになり振り向くと富士山が顔を出していました

稜線近くになり振り向くと富士山が顔を出していました

少し雪を纏った富士山綺麗です

少し雪を纏った富士山綺麗です

富士山ドッカ―ン(^O^)/

富士山ドッカ―ン(^O^)/

大菩薩嶺山頂、展望はありません

大菩薩嶺山頂、展望はありません

雷岩から賽ノ河原へと続く稜線

雷岩から賽ノ河原へと続く稜線

稜線からはずっと富士山が見えています

稜線からはずっと富士山が見えています

親不知ノ頭から大菩薩嶺方面を望む

親不知ノ頭から大菩薩嶺方面を望む

大菩薩峠方面を見下ろす

大菩薩峠方面を見下ろす

大菩薩峠に到着

大菩薩峠に到着

大菩薩峠の脇に建つ、介山荘

大菩薩峠の脇に建つ、介山荘

上日川峠へと戻る途中、変わった花?実?を発見。その実態は虫えい(ブナハアカゲタマフシ)

上日川峠へと戻る途中、変わった花?実?を発見。その実態は虫えい(ブナハアカゲタマフシ)

下山後は入浴、昼食を済ませワイン工場見学&ワイングラス館など巡りました

下山後は入浴、昼食を済ませワイン工場見学&ワイングラス館など巡りました

佐渡島 フラワートレッキング

5月15日(金)~17日(日) 佐渡島 アオネバ渓谷と金北山縦走路を歩いて来ました。

初日は移動日で佐渡島の両津港に到着後、旅館で湯ったりしました。

2日目はドンデン山荘前にてストレッチをしてから出発。出発時は山荘付近はガスっていましたが、昼ごろから晴れるとの予報だったので希望を胸にいざ出発。暫くは車道を歩き、金北山縦走路の標識より山道に入ります。

佐渡島、両津港に到着

佐渡島、両津港に到着

金北山へと続く稜線はどんより曇っています

金北山へと続く稜線はどんより曇っています

2日目の朝、ドンデン山荘入口にて

2日目の朝、ドンデン山荘入口にて

金北山縦走路入口

金北山縦走路入口

登山道でには花達が迎えてくれます ヒトリシズカ

登山道でには花達が迎えてくれます ヒトリシズカ

シラネアオイ

シラネアオイ

シラネアオイ ズーム画像

シラネアオイ

アオネバ峠

アオネバ峠

サンカヨウ

サンカヨウ

雨に濡れてうつむいたカタクリ

雨に濡れてうつむいたカタクリ

マトネ山頂

マトネ山頂

オオイワカガミ

オオイワカガミ

縦走路

縦走路

真砂の峰

真砂の峰

歩いてきた縦走路を振り返ります。段々カスが晴れてきました

歩いてきた縦走路を振り返ります。段々カスが晴れてきました

カタクリも花弁が開いてきました

カタクリも花弁が開いてきました

ミネザクラ

ミネザクラ

目指す金北山を望む

目指す金北山を望む

シラネアオイも綺麗に開いてきました

シラネアオイも綺麗に開いてきました

いたるところカタクリだらけです

いたるところカタクリだらけです

山頂手前の垂直ちかい雪壁を登ります

山頂手前の垂直ちかい雪壁を登ります

金北山へと続く雪の道

金北山へと続く雪の道

金北山山頂のお社に到着

金北山山頂のお社に到着

自衛隊管理道路を歩きながら山頂を振り返る

自衛隊管理道路を歩きながら山頂を振り返る

自衛隊管理道路を約1時間程歩きます

自衛隊管理道路を約1時間程歩きます

金北山縦走路終点の白雲台レストハウスに到着

金北山縦走路終点の白雲台レストハウスに到着

3日目、アオネバ渓谷登山口を出発

3日目、アオネバ渓谷登山口を出発

アオネバ入口付近にはタニウツギが沢山咲いていました

アオネバ入口付近にはタニウツギが沢山咲いていました

エビネラン

エビネラン

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ

チゴユリ

チゴユリ

サンカヨウ

サンカヨウ

ヤマシャクヤクが咲き始めていました

ヤマシャクヤクが咲き始めていました

ニリンソウの群生地

ニリンソウの群生地

新緑の素晴らしい季節ですね

新緑の素晴らしい季節ですね

アオネバ峠に到着、今日は晴れています

アオネバ峠に到着、今日は晴れています

金北山縦走路入口に到着

金北山縦走路入口に到着

シラネアオイのお花畑にも立ち寄りました

シラネアオイのお花畑にも立ち寄りました

シラネアオイが咲きみだれています

シラネアオイが咲きみだれています

シラネアオイ

シラネアオイ

ザゼンソウ

ザゼンソウ

ザゼンソウ

ザゼンソウ

ドンデン高原にてミズバショウがお出迎え

ドンデン高原にてミズバショウがお出迎え

ドンデン池

ドンデン池

これから登る尻立山方面

これから登る尻立山方面

大佐渡山脈北部の山並が続きます

大佐渡山脈北部の山並が続きます

尻立山山頂に到着、奥には金北山が見えています

尻立山山頂に到着、奥には金北山が見えています

尻立山山頂より金北山山頂を望む

尻立山山頂より金北山山頂を望む

ドンデン高原の草原にはアマナが沢山咲いています

ドンデン高原の草原にはアマナが沢山咲いています

相変わらずカタクリも咲いています

相変わらずカタクリも咲いています

ドンデン高原入口に到着

ドンデン高原入口に到着

ドンデン山荘

ドンデン山荘

ドンデン山荘入口にてクールダウンの体操をしました

ドンデン山荘入口にてクールダウンの体操をしました

バス停横のドンデン山標識

バス停横のドンデン山標識

バス停よりドンデン山荘を見上げる

バス停よりドンデン山荘を見上げる

両津港FTの海鮮横丁にて天丼を食べました!

両津港FTの海鮮横丁にて天丼を食べました!

佐渡島(両津港)ともお別れです。

佐渡島(両津港)ともお別れです。

 

九州百名山 郡岳

5/14(木)長崎県 大村市に位置する九州百名山 郡岳に登って来ました。

西登山口より入山、藪った登山道を15分ほど進むとちゃんとした登山道に出ます、その後は郡岳山頂までジグザグの登りが続きます。

雨は降っていないのですが残念ながら山頂部はガスの中で展望なし、下山は南登山口へと下りました。下山後は天然温泉 大村 ゆの華にて汗を流し帰路へとつきました。

西登山口

西登山口

山中ではヤマツツジの群落を見ることが出来ました

山中ではヤマツツジの群落を見ることが出来ました

郡岳山頂、ガスっています。

郡岳山頂、ガスっています。

ホウチャクソウも咲いていました

ホウチャクソウも咲いていました

南登山口に到着

南登山口に到着

野岳湖に戻ってきましたが相かわらず山頂はガスの中・・・

野岳湖に戻ってきましたが相かわらず山頂はガスの中・・・

 

 

シャクナゲ咲く上福根山

5月10日(日) 熊本県の九州百名山 上福根山に登って来ました!

コースは横平登山口~山頂を往復

横平登山口までは林道が続いていますが、悪路のため登山口の40分程手前で車を乗り捨て登山口へ向かいます。

登山口からは山頂までは急な尾根を詰めて行きます。山頂が近くなると遅咲きのシャクナゲが森の中を綺麗に彩っていました。

新緑とシャクナゲ&ミツバツツジがとても綺麗でしたよ~(*^^)v

001結果007結果008結果004結果003結果006結果009結果010結果

 

関西百名山 御在所岳

5月6日(水・祝)~8日(金)三重県の御在所岳に登って来ました!

コースは中登山道口~おばれ岩~地蔵岩~富士見台~御在所岳~一ノ宮新道~御在所山の家登山口

中道登山口手前の駐車場をスタート

中道登山口手前の駐車場をスタート

車道のカーブした場所から入山

車道のカーブした場所から入山

中登山道口標識

中登山道口標識

登り始めて25分程すると岩場が出てきます

登り始めて25分程すると岩場が出てきます

通称、おばれ岩

通称、おばれ岩

花崗岩のザレた急登が続きます

花崗岩のザレた急登が続きます

左上部に目指す御在所岳が聳えています

左上部に目指す御在所岳が聳えています

山頂部よりもっと左手に武平峠を挟んで鎌ヶ岳が見えます

山頂部よりもっと左手に武平峠を挟んで鎌ヶ岳が見えます

狭いテラス状の場所にて休憩です

狭いテラス状の場所にて休憩です

地蔵岩を見上げます

地蔵岩を見上げます

地蔵岩を見下ろす

地蔵岩を見下ろす

イワカガミも咲いていました

イワカガミも咲いていました

キレットの下り

キレットの下り

キレットを下から見上げる

キレットを下から見上げる

フデリンドウも沢山咲いていました

フデリンドウも沢山咲いていました

ハシゴ場もあります

ハシゴ場もあります

シロヤシオが何輪か残っていました

シロヤシオが何輪か残っていました

フモトスミレとフイリフモトスミレの交配種?

フモトスミレとフイリフモトスミレの交配種?

岩場のトラバースも出てきます

岩場のトラバースも出てきます

トラバース道を離れた場所から見るとこんな感じです

トラバース道(基部ブッシュ)を離れた場所から見るとこんな感じ

アカヤシオが出てきました

アカヤシオが出てきました

ヒメイチゲ

ヒメイチゲ

御在所岳山頂広場(三角点はまだ先です)

御在所岳山頂広場(三角点はまだ先です)

広場の案内標識

広場の案内標識

広場にて昼食を済ませてから三角点を目指します

広場にて昼食を済ませてから三角点を目指します

広場から山頂へ向かう途中にアカヤシオが沢山咲いていました

広場から山頂へ向かう途中にアカヤシオが沢山咲いていました

アケボノツツジとの違いは花柄に線毛があるところです

アケボノツツジとの違いは花柄に線毛があるところです

一等三角点の御在所岳山頂に到着

一等三角点の御在所岳山頂に到着

御在所岳頂上標識

御在所岳頂上標識

御在所岳頂上標識をバックに集合写真をパチリ!

御在所岳頂上標識をバックに集合写真をパチリ!

下山は一ノ谷新道を下ります(急坂で足場が悪いので中級車向けです)

下山は一ノ谷新道を下ります(急坂&木の根なども張り出していおり足場が悪いので中級者向けです)

樹林帯には綺麗なイワカガミが咲いています

樹林帯には綺麗なイワカガミが咲いています

今回の下山口(御在所山の家登山口)に到着

今回の下山口(御在所山の家登山口)に到着

下山口にあった可愛らしいウサギさん(*^^)v

下山口にあった可愛らしいウサギさん(*^^)v

カタクリ咲く寂地山

5月1日(金)山口県の最高峰 寂地山(1337m)にカタクリの花に出会いたくて登って来ました!

コースは寂地峡駐車場~寂地峡遊歩道~みのこし峠~寂地山~分岐~延命水~犬戻ノ滝~犬戻峡~寂地峡駐車場

001結果002結果003結果004結果005結果006結果007結果

 

エイザンスミレ

エイザンスミレ

エンレイソウ

エンレイソウ

ツクバネソウ

ツクバネソウ

咲き始めのシュンラン

咲き始めのシュンラン

みのこし峠から山頂にかけてカタクリのお花畑が続きます

みのこし峠から山頂にかけてカタクリのお花畑が続きます

日光を浴びて元気に背伸びしています

日光を浴びて元気に背伸びしています

白いカタクリもありました、ラッキー!

白いカタクリもありました、ラッキー!

寂地山山頂に到着

寂地山山頂に到着

山頂には?が祀ってありました

山頂には?が祀ってありました

山頂付近には立派なブナの木が多いです

山頂付近には立派なブナの木が多いです

イチリンソウも所々咲いていました

イチリンソウも所々咲いていました

寂地林道終点登山口

寂地林道終点登山口

犬戻しの滝

犬戻しの滝

無事寂地峡駐車場にという着。お疲れ様でした!

無事寂地峡駐車場にという着。お疲れ様でした!

千国街道 塩の道を歩く

長野県 千国街道 塩の道を歩く

4月28日(火)~30日(木)の日程で花三昧の旅を楽しんで来ました!

千国街道 塩の道とは糸魚川から松本城下まで約三十里(120km)を結び、信州側で「糸魚川街道」と呼ばれた千国街道は又の名を「塩の道」ともいわれています。日本海側からは塩をはじめ海産物、信州側からは麻やたばこを積んだ牛馬やボッカと呼ばれる人たちが盛んに往き交いました。この道がまさに塩の道と呼ばれる由縁です。

初日は移動日で昼食は美味しい新行そばのお店、古家荘さんでざるそば&旬の山菜天ぷらを食しました。

昼食後は木崎湖の近くにある居谷里湿原にてフラワーハイキング、その後は白馬村へと移動、佐野坂の姫川源流にて福寿草のお花畑&清流を見てから宿へ入りました。

2日目は塩の道、中谷~松沢口~白馬大池駅までを歩き、3日目は松沢口~落倉~八方口薬師堂まで歩き、その後帰路途中で大出の吊り橋、長谷寺の枝垂れ桜、中山高原にて菜の花畑&北アルプスの大展望を堪能しました。

新行そば&山菜の天ぷら

新行そば&山菜の天ぷら

居谷里湿原入口

居谷里湿原入口

ザゼンソウ

ザゼンソウ

キクザキイチゲ

キクザキイチゲ

キクザキイチゲ

キクザキイチゲ

ミズバショウ

ミズバショウ

ミズバショウの群生地

ミズバショウの群生地

リュウキンカ

リュウキンカ

中綱湖のオオヤマザクラ

中綱湖のオオヤマザクラ

姫川源流の福寿草

姫川源流の福寿草

福寿草

福寿草

姫川源流

姫川源流

白馬三山の朝焼け

白馬三山の朝焼け

八方尾根、五竜岳の朝焼け

八方尾根、五竜岳の朝焼け

大出の吊り橋から見た白馬三山

大出の吊り橋から見た白馬三山

塩の道の起点、中土駅

塩の道の起点、中土駅

塩の道、案内標識

塩の道、案内標識

山中にはまだ残雪があります

山中にはまだ残雪があります

フキノトウも顔を出してきました

フキノトウも顔を出してきました

ニホンカモシカにも出会えました

ニホンカモシカにも出会えました

連休には塩の道祭りも開催されます

連休には塩の道祭りも開催されます

ルート上には祭り前なのでのぼりもあります

ルート上には祭り前なのでのぼりもあります

地元の人とのふれあいも良いものです

地元の人とのふれあいも良いものです

田の畔道を歩きます

田の畔道を歩きます

木漏れ日の中、杉林を歩きます

木漏れ日の中、杉林を歩きます

エンレイソウ

エンレイソウ

千国街道案内標識

千国街道 塩の道案内標識

水仙、桃の花、桜などが一度に開花しています

水仙、桃の花、桜などが一度に開花しています

のどかな日本の原風景が続きます

のどかな日本の原風景が続きます

ヒトリシズカ(民家の庭先)

ヒトリシズカ(民家の庭先)

オキナグサ(民家の庭先)

オキナグサ(民家の庭先)

小谷村郷土館

小谷村郷土館

庚申塔

庚申塔

田畑の土手には雑草のように福寿草が咲いています

田畑の土手には雑草のように福寿草が咲いています

高妻山方面の山々も見えています

高妻山方面の山々も見えています

源長寺入口

源長寺入口、ここで景色を眺めながら昼食タイム

午後の部を開始

午後の部を開始

千国諏訪神社

千国諏訪神社

千国街道案内板

千国街道案内板

民家の壁に立派なレリーフが造られていました

民家の壁に立派なレリーフが造られていました

千国番所跡(残念ながら休館でした)

千国番所跡(残念ながら休館でした)

キケマン

キケマン

親坂の急坂を歩きながら振り向くと高妻山方面のパノラマが

親坂の急坂を歩きながら振り向くと高妻山方面のパノラマが

牛つなぎ石

牛つなぎ石

牛つなぎ石を横から見ると手綱を結ぶ穴があります

牛つなぎ石を横から見ると手綱を結ぶ穴があります

残雪もあります

残雪もあります

弘法の清水

弘法の清水

弘法の清水 案内板

弘法の清水 案内板

牛方宿(こちらも残念ながら休館日)

牛方宿(こちらも残念ながら休館日)

牛方宿の隣にある塩蔵

牛方宿の隣にある塩蔵

山の新緑と高妻山

山の新緑と高妻山

前山百体観音

前山百体観音

四十九院のコブシ

四十九院のコブシ

四十九院のコブシ

四十九院のコブシ

貞麟寺のカタクリ

貞麟寺のカタクリ

カタクリの花を撮影する我がメンバー

カタクリの花を撮影する我がメンバー

貞麟寺の枝垂れ桜

貞麟寺の枝垂れ桜

貞麟寺のカタクリ

貞麟寺のカタクリ

カタクリをズームアップ

カタクリをズームアップ

最終日の朝、大出の吊り橋と白馬三山

最終日の朝、大出の吊り橋と白馬三山

桜、萱ぶき古民家、雪の山3点セットです

桜、萱ぶき古民家、雪の山3点セットです

落倉自然園入口の桜

落倉自然園入口の桜

落倉自然園案内板

落倉自然園案内板

落倉ミズバショウ自然園

落倉ミズバショウ自然園

ミズバショウの大群落

ミズバショウの大群落

可憐なミズバショウ

可憐なミズバショウ

風切地蔵

風切地蔵

残雪を踏みしめながらカラマツ林を歩きます

残雪を踏みしめながらカラマツ林を歩きます

ミズバショウとショウジョウバカマ

ミズバショウとショウジョウバカマ

切久保諏訪社

切久保諏訪社

のどかな田園風景のなか山を見ながらのんびり歩きます

のどかな田園風景のなか山を見ながらのんびり歩きます

北アルプスの雪山と雪解け水の松川

北アルプスの雪山と雪解け水の松川

雪の北アルプスを見ながら河川敷にてランチタイム

雪の北アルプスを見ながら河川敷にてランチタイム

ゴールの八方口薬師堂

ゴールの八方口薬師堂

帰路に立ち寄った長谷寺

帰路に立ち寄った長谷寺

長谷寺の枝垂れ桜

長谷寺の枝垂れ桜

長谷寺の見事な枝垂れ桜

長谷寺の見事な枝垂れ桜

NHKドラマおひさまのロケ地にもなった中山高原

NHKドラマおひさまのロケ地にもなった中山高原

中山高原からの絶景

中山高原からの絶景

中山高原 菜の花畑と幻の池&北アルプスの絶景\(^o^)/

中山高原 菜の花畑と幻の池&北アルプスの絶景\(^o^)/

九州百名山 傾山・古祖母山・障子

の名峰3座『傾山・古祖母山・障子岳』を登って来ました!

日程は4月25日(土)~26日(日)

初日の傾山は最短ルートの九折越コース登山口より入山、往復しました。

2日目は尾平越トンネル(岩戸側登山口)より入山、古祖母山を経由して障子岳に登頂。復路コースで歩きました。

登山口標識

登山口標識

九折越から見た傾山

九折越から見た傾山

九折越から傾山へと向かう途中からパチリ!

九折越から傾山へと向かう稜線からパチリ!

ミツバツツジが迎えてくれました。

ミツバツツジが迎えてくれました。

後傾山より谷を挟んで本峰を望む

後傾山より谷を挟んで本峰を望む

傾山山頂に到着。貸切でした!(^^)!

傾山山頂に到着。貸切でした!(^^)!

2日目、尾平トンネル岩戸側登山口より入山

2日目、尾平トンネル岩戸側登山口より入山

縦走路に出るとアケボノツツジが出迎えてくれました。

縦走路に出るとアケボノツツジが出迎えてくれました。

アケボノツツジの奥に大障子岩が見えています

アケボノツツジの奥に大障子岩が見えています

障子岳、烏帽子岩、天狗岩、祖母山が見えてきました

障子岳、烏帽子岩、天狗岩、祖母山が見えてきました

古祖母山山頂直下のハシゴ場です

古祖母山山頂直下のハシゴ場です

古祖母山山頂からの展望

古祖母山山頂からの展望

静かな古祖母山山頂

静かな古祖母山山頂

障子岳山頂に到着。祖母山、親父岳山などの景色が広がっています

障子岳山頂に到着。祖母山、親父岳山などの景色が広がっています

クロモジの花も沢山咲いていました

クロモジの花も沢山咲いていました

アケボノツツジ

アケボノツツジ