12月

長門富士 花尾山

12月25日(金) 山口県の花尾山、別名長門富士に登って来ました!

今回は、北側の市ノ尾集落の林道際奥部から登山開始、山頂まで2時間10分程で登頂往復しました。

PMの影響か山頂からは360度のパノラマを楽しめる筈なのですが近場の桂木山、一位ヶ岳など近場の山しか確認することができませんでした。

下山後は北長門でランチバイキングを堪能し、その後は長門市の湯本温泉で湯ったりして早めに帰路へと着きました。

今年最後の登山となりました、会員の皆さんのご協力のお陰で今年も安全で楽しい山旅を実施することが出来ました。

ありがとうございました、そして来年もまた楽しい山旅ができますよう願っています。

良い年をお迎え下さい(^O^)/

011_R012_R002_R013_R005_R004_R008_R009_R007_R010_R

大展望の鉢伏山と近江富士 三上山

12月15日(火)~18日(金)の日程で福井県の鉢伏山と滋賀県の近江富士こと三上山に登って来ました!

福井県といえばこの時期、越前ガニが旬を迎えます。ということで今回はカニを食べることがメインで山はオマケという何とも不謹慎な山行となってしまいましたが、楽しめれば何でもいいかな~(@^^)/~~~

登山1日目、木の芽峠~鉢伏山の往復。

2日目は御上神社から表登山道経由で三上山山頂に登頂から打越~裏登山道経由で御神神社へと周遊しました。

最終日、下山後は琵琶湖観光して帰路へとつきました。

小雨の降るあいにくの天気となりました

小雨の降るあいにくの天気となりました

木の芽峠案内版

木の芽峠案内版

木の芽峠にある古民家、築500年以上とのこと

木の芽峠にある古民家、築500年以上とのこと

現在、古民家に一人住まいされている平家直系のご子孫が峠の歴史を語ってくれました

現在、古民家に一人住まいされている平家直系のご子孫が峠の歴史を語ってくれました

かつて信長公が休憩されたという床の間&茶釜

かつて信長公が休憩されたという床の間&茶釜

峠から山頂へと向かう途中にある地蔵堂

峠から山頂へと向かう途中にある地蔵堂

鉢伏山山頂、残念ながらガスっており展望なし

鉢伏山山頂、残念ながらガスっており展望なし

鉢伏山三角点

鉢伏山三角点

越前岬灯台

越前岬灯台

灯台の裏山にある展望台からは日本海を一望

灯台の裏山にある展望台からは日本海を一望

灯台周辺は山全体が水仙公園となっています

灯台周辺は山全体が水仙公園となっています

水仙の開花は昨年より3週間早いとの事でした

水仙の開花は昨年より3週間早いとの事でした

眼下には雄大な日本海が広がります

眼下には雄大な日本海が広がります

お待たせしました越前ガニさんで~す

お待たせしました越前ガニさんで~す

カニ正面

カニ正面

お刺身とカニみそ焼き

お刺身とカニみそ

焼きガニ

焼きガニ

御神神社

御上神社

神社鳥居

神社鳥居

御上神社本殿

御上神社本殿

三上山(左側)と女山(右手)

三上山(左側)と女山(右側)

三上山表登山道入口

三上山表登山道入口

木漏れ日の中、気持のよい登山道が続きます

木漏れ日の中、気持のよい登山道が続きます

割岩分岐

割岩分岐

九合目展望台からは素晴らしい景色が広がります

九合目展望台からは素晴らしい景色が広がります

三上山 お社

三上山 お社

三上山解説板

三上山解説板

三上山山頂は樹林帯で展望なし

三上山山頂は林の中で展望なし

三上山山頂標識

三上山山頂標識

三上山裏登山道登山口

三上山裏登山道登山口

琵琶湖大橋近くの道の駅で昼食をとりました

琵琶湖大橋近くの道の駅で昼食をとりました

琵琶湖の名所、浮御堂を見学

琵琶湖の名所、浮御堂を見学

琵琶湖に突き出した浮御堂

琵琶湖に突き出した浮御堂

別府 大平山

12月12日(土) 忘年登山で別府市 大平山/扇山へ登って来ました!

桜の園から入山、冬枯れの気持ちのよい草原を最初トラバースしながら徐々に急登へと移行していき約1時間程で大平山/扇山山頂へ到着。

山頂からは絶景が広がり、眼下に別府市街地と別府湾をはじめ国東半島や高崎山など確認することが出来ます。

下山ルートは北側の明礬分岐から周遊道を経由して桜の園まで戻りました。

下山後は明礬温泉で冷えた身体を温め、最後は今回のお楽しみ忘年会/食事会で海の幸を堪能。

お酒もちょっぴりいただき、心地よい疲れの中帰路へと着きました。参加された皆さんお疲れさまでした!

今回参加出来なかった方は来年のお楽しみに~(^.^)

002_R001_R004_R006_R007_R008_R016_R014_R013_R012_R018_R

 

 

 

八代海の展望台 矢筈岳

12月3日(木) 熊本県の矢筈岳に登って来ました!

心配した雨にもあわず、時より薄日の射すなか矢筈峠から山頂まで往復しました。

県道から林道を進み、矢筈岳登山口に到着~女岳分岐~女岳~女岳分岐~矢筈岳~女岳分岐~矢筈岳登山口~林道~県道

下山後は湯の児温泉で湯~ったりしてから帰りました(*^^)v

林道入口

林道入口

矢筈岳登山口の案内標識も有ります

矢筈岳登山口の案内標識も有ります

林道沿いに胡椒の花が咲いていました。

林道沿いに胡椒の花が咲いていました。

林道から矢筈岳(左側)と女岳(右側)を望む

林道から矢筈岳(左側)と女岳(右側)を望む

あまりパッとしない矢筈岳登山口

あまりパッとしない矢筈岳登山口

登山口にあるコース案内標識、右回りと左回りこーすがあり、今回は右のコースを往復しました

登山口にあるコース案内標識、右回りと左回りこーすがあり、今回は右のコースを往復しました

山中ではサツマイナモリの花がいたる所に咲いていました

山中ではサツマイナモリの花がいたる所に咲いていました

女岳分岐の標識

女岳分岐の標識

樹林帯でツチトリモチを発見

樹林帯でツチトリモチを発見

分岐から10分程で女岳山頂に等到着。(展望なし)

分岐から10分程で女岳山頂に等到着。(展望なし)

女岳から分岐に戻る途中、矢筈岳を望む

女岳から分岐に戻る途中、矢筈岳を望む

矢筈岳山頂に到着。一段下に展望の良い場所があります

矢筈岳山頂に到着。一段下に展望の良い場所があります

眼下には出水平野、八代海の景色が広がっています。残念ながら曇っています!

眼下には出水平野、八代海の景色が広がっています。残念ながら曇っています!

展望所の脇にある地図

展望所の脇にある地図

天気が良いとこんな眺めが楽しめます

天気が良いとこんな眺めが楽しめます

展望案内をズームアップ

展望案内をズームアップ

脊振山地縦走第6回

11月29日(日)脊振山地縦走の第6回(最終回)を歩いて来ました!

コースは荒川峠~女岳~荒谷峠~浮嶽~白木峠~十坊山~中村(まむし温泉)

長い縦走でしたが参加された皆さんのおかげで怪我もなく無事終了しました。

全6回完歩された方は3名でした、お疲れ様でした!

荒川峠(女岳登山口)

荒川峠(女岳登山口)

女岳山頂(748m)に到着

女岳山頂(748m)に到着

コース途中から浮嶽を望む

コース途中から浮嶽を望む

荒谷峠分岐(コースは左に進みます)

荒谷峠分岐(コースは左に進みます)

白龍稲荷さん

白龍稲荷さん

白龍稲荷の上にある展望台から玄界灘を望む

白龍稲荷の上にある展望台から玄界灘を望む

加茂神社鳥居

加茂神社鳥居

加茂神社境内にある浮嶽山頂標識

加茂神社境内にある浮嶽山頂標識

白木峠に下ってきました

白木峠に下ってきました

道を挟んで反対側に十坊山登山口があります

道を挟んで反対側に十坊山登山口があります

脊振山地縦走最後のピーク、十坊山に登頂!

脊振山地縦走最後のピーク、十坊山に登頂!

山頂の坊主岩でバンザ~イ

山頂の坊主岩でバンザ~イ

坊主岩岩上から浮嶽方面を望む

坊主岩岩上から浮嶽方面を望む

熊野古道

11月25日(水)~28日(土) 和歌山県の熊野古道 熊野三山を訪ねてきました。

初日は新門司港からフェリー(泊)で大阪南港へ移動。

2日目は大阪南港から移動、中辺路の発心門王子から歩き出しました。

発心門王子~水呑王子~伏拝王子(昼食)~祓所王子~熊野本宮大社~熊野速玉大社~神倉神社/ゴトビキ岩~那智勝浦(宿泊)

3日目は補柁洛寺~曼荼羅の道~大門阪~熊野那智大社/青岸渡寺~飛龍神社/那智大滝~大阪南港~フェリー(泊)~

4日目は早朝、新門司港に到着解散。お疲れさまでした!

発心門王子

発心門王子

発心門王子 お社

発心門王子 お社

古道沿いにはのどかな風景が広がっています

古道沿いにはのどかな風景が広がっています

水呑王子

水呑王子

カエデの紅葉が綺麗でした

カエデの紅葉が綺麗でした

歩きやすい参詣道が続きます

歩きやすい参詣道が続きます

直売所に立ち寄り、こんな寄り道も楽しいですよ~

直売所に立ち寄り、こんな寄り道も楽しいですよ~

伏拝王子

伏拝王子

伏拝王子跡の茶屋で昼食にしました

伏拝王子跡の茶屋で昼食にしました

伏拝峠から熊野本宮大社方面を望む

伏拝峠から熊野本宮大社方面を望む

木漏れ日のなか気持ちのよい参詣道が続きます

木漏れ日のなか気持ちのよい参詣道が続きます

雰囲気のある石畳も出てきます

雰囲気のある石畳も出てきます

木々の間から眼下の熊野川を望めます

木々の間から眼下の熊野川を望めます

熊野本宮大社では八咫烏のポストがお出迎え

熊野本宮大社では八咫烏のポストがお出迎え

八咫烏のいわれ

八咫烏のいわれ

本殿入口の山門

本殿入口の山門

本殿は撮影禁止なのでポスターをパチリ!

本殿は撮影禁止なのでポスターをパチリ!

参道の階段を下ります

参道の階段を下ります

熊野本宮大社参道入口の鳥居

熊野本宮大社参道入口の鳥居

熊野速玉大社 門

熊野速玉大社 門

速玉大社の神殿

速玉大社の神殿

神倉神社、奥社へと向かう鳥居

神倉神社、奥社へと向かう鳥居

神倉神社奥宮とゴトビキ岩(ご神体)

神倉神社奥宮とゴトビキ岩(ご神体)

那智勝浦港と満月の月明かり

那智勝浦港と満月の月明かり

最終日は補柁洛寺から出発しました

最終日は補柁洛寺から出発しました

大門坂入口

大門坂入口

大門坂 鳥居

大門坂 鳥居

木漏れ日の中雰囲気のある大門阪を上ります

木漏れ日の中雰囲気のある大門阪を上ります

参道脇には町石があります

参道脇には町石があります

歩いてきた大門坂を振り返ります

歩いてきた大門坂を振り返ります

階段をかなり登った末に那智大社の鳥居があります。本殿はもう一つ上です

階段をかなり登った末に那智大社の鳥居があります。本殿はもう一つ上です

ようやく那智大社本殿に到着

ようやく那智大社本殿に到着

那智大社のすぐ隣には西国霊場一番札所の青岸渡寺があります

那智大社のすぐ隣には西国霊場一番札所の青岸渡寺があります

青岸渡寺本堂入口

青岸渡寺本堂入口

展望台から那智大滝と三重塔を望む

展望台から那智大滝と三重塔を望む

少し下ったところから撮影しました

少し下ったところから撮影しました

朱塗りの塔が青空に映えます

朱塗りの塔が青空に映えます

飛龍神社(那智大滝)入口の鳥居

飛龍神社(那智大滝)入口の鳥居

那智大滝を見上げます

那智大滝を見上げます

入山料300円を払い滝の近くまでもう少し近寄ります

入山料300円を払い滝の近くまでもう少し近寄ります

那智大滝 何度見ても迫力があります

那智大滝 何度見ても迫力があります

串本町の景勝地にも立ち寄りました

串本町の景勝地にも立ち寄りました

弘法大師が一晩で作ったといわれのある橋杭岩

弘法大師が一晩で作ったといわれのある橋杭岩

橋杭岩の解説板

橋杭岩の解説板

引き潮だったので岩の近くまで行くことができました

引き潮だったので岩の近くまで行くことができました

南紀白浜にも寄り道、三段壁などの絶景スポットがgoodでした!

南紀白浜にも寄り道、三段壁などの絶景スポットがgoodでした!

三段壁の絶景

三段壁の絶景

崖下には大物のお魚さん達がいそうです。

崖下には大物のお魚さん達がいそうです。

三本槍の三倉岳

 

11月21日(土)広島県の三倉岳に登ってきました!

今回はBコースから登り、朝日岳~中岳~夕陽岳~分岐~三倉岳~分岐~Aコースから下山してスタート地点へと周遊しました。

朝日岳から夕陽岳の間には簡単ですが鎖場が連続します。朝日岳、夕陽岳の山頂からは大崩山の和久塚をスケールダウンしたような絶景を楽しむことが出来ます。

約3時間半程で周遊することが出来ますよ!

登山口から見た三本槍

登山口から見た三本槍

朝日岳から夕陽岳を見上げる

朝日岳から夕陽岳を見上げる

壁ではクライミングを楽しむグループがいました。

壁ではクライミングを楽しむグループがいました。

朝日岳山頂にて

朝日岳山頂にて

夕陽岳へは簡単ですが鎖場が連続します。

夕陽岳へは簡単ですが鎖場が連続します。

夕陽岳山頂から眼下を望む

夕陽岳山頂から眼下を望む

岩場にクライマーが見えます

岩場にクライマーが見えます

夕陽岳山頂

夕陽岳山頂

三倉岳山頂は林の中で展望はききません

三倉岳山頂は林の中で展望はききません