05日

桜咲く 安芸の宮島

3月31日(木) 安芸の宮島 弥山登頂とアナゴ飯を食べてきました。

宮島口の近くにある、あなごめしが美味しい事で有名な上野商店であなごめし弁当を購入後、宮島行きのフェリーに乗船。

10分程で宮島に到着、宮島港フェリーターミナル近くのベンチであなごめし弁当を食べてから登山を開始しました。お弁当を開けるやいなや、鹿が近づいてきて観光マップをムシャムシャ食べたり何だリで落ち着いて食べることが出来ない我がメンバー(^◇^) 美味しいさを噛みしめることなく急いで頬張るのみでした。

準備体操してから出発、今回は大聖院コースより入山して弥山山頂を経由し、紅葉谷を下山周遊するコースを歩きました。

安芸の宮島は紅葉が綺麗なことで有名ですが、桜の時期もはずせませんよ~!まっすぐに登山口へ向かわず、いつもの道草癖が出てしまいます。

入山してからはひたすら山頂へ向け階段を登るのみです。約1時間半程で山頂に到着。春霞のせいで残念ながら展望は望めず周防大島の山並みが確認出来る程度でした。山頂の展望台も綺麗に改築されておりトイレも綺麗でした。下山は紅葉谷をひと下り、約1時間程で下山。厳島神社のところで一旦解散して宮島港フェリーターミナルに再集合。帰りも宮島口のお土産屋さんで夕食にあなごめし弁当を買っていたメンバーも(^.^)よっぽど美味しかったのかな~程良い疲れのなか夢見心地で帰路へとつきました。参加された皆さんお疲れさまでした!

上野商店(あなごめし弁当を購入)

上野商店(あなごめし弁当を購入)

フェリーで宮島へと渡ります

フェリーで宮島へと渡ります

赤い鳥居も曇り空に霞んでいます

赤い鳥居も曇り空に霞んでいます

宮島港、ちょうどお昼となりました。

宮島港、ちょうどお昼となりました。

待ちに待ったお弁当!

待ちに待ったお弁当!

ご飯粒がもちもち、アナゴも程良い薄味でマイウ~!

ご飯粒がもちもち、アナゴも程良い薄味でマイウ~!

厳島神社

厳島神社

019_R021_R020_R

大聖院登山口

大聖院登山口

白糸の滝

白糸の滝

水害後に出来た大堰堤脇を通過

水害後に出来た大堰堤脇を通過

稜線分岐より駒ヶ林方向を望む

稜線分岐より駒ヶ林方向を望む

仁王門

仁王門

弥山山頂(535m)に到着

弥山山頂(535m)に到着

綺麗になった山頂展望台

綺麗になった山頂展望台

展望台より山頂広場を眼下に見る

展望台より山頂広場を眼下に見る

遠く眼下にロープウェイ獅子岩駅を望む

遠く眼下にロープウェイ獅子岩駅を望む

人気の観光スポット、霊火堂

人気の観光スポット、霊火堂

弘法大師が火を焚かれてから絶やすことなく燃え続けている聖火

弘法大師が火を焚かれてから絶やすことなく燃え続けている聖火

五重塔まで下ってきました

五重塔まで下ってきました

歴史ある絵や書も見学しました

歴史ある絵や書も見学しました

お堂から眺めた宮島の景色

お堂から眺めた宮島の景色

厳島神社のところまで下ってきました

厳島神社のところまで下ってきました

海外の方たちの人気の赤い大鳥居

海外の方たちの人気の赤い大鳥居

表参道商店街を散策

表参道商店街を散策、宮島は西洋人の観光客が多いのが印象的でした

宮島港フェリーターミナルに戻って来ました。

宮島港フェリーターミナルに戻って来ました。

富士山展望の山歩き

3月25日(金)~27日(日) 富士山展望の山歩き、山梨県の展望の山 三方分山・身延山・竜ヶ岳に登って来ました!

初日は精進湖湖畔より入山、標高1422mの三方分山を目指しました。

登山口へと向かう道中は富士山が見えていたのですが、登り始めてほどなくして恥ずかしがり屋の富士山は雲隠れしてしまいました。

登山コースは、精進バス停~女坂峠~三方分山の往復コースで行動時間約3時間半でした。下山後は、宿がある下部温泉へと移動しました!

下部温泉は信玄の隠し湯で有名な温泉地で、その昔、金鉱があり鉱山として栄えて町です。今回はこの素敵な下部温泉に連泊しました(*^^)v

2日目は日蓮宗の総本山、身延山久遠時より入山して東山コースから山頂に向かい西山コースを下山する周遊コースを歩きました。

身延山にはロープウェイがあり山頂の奥宮まで簡単に到達することが出来ますが、当然我々登山部は歩いて登ります。

久遠時は枝垂れ桜が美しいことでも有名で、今回は本堂付近は四分咲きといったところでしたが、少し標高が低い寺院群では見頃を迎えており見事な桜を堪能する事が出来ました。身延山山頂近くの展望所からは富士山を望むことが出来ますが、今回は昨日に引き続きお隠れになったままでした。

3日目は朝から青空が広がり最終日にふさわしい絶好のハイキング日和でスタート! 最終日はダイアモンド富士を見ることが出来ることで有名な竜ヶ岳を目指します。竜ヶ岳登山者用駐車場を出発、キャンプ場の中を通り抜け登山口に到着、九十九折れの尾根道を登ること約1時間半で竜ヶ岳山頂(1485m)に到着。

九十九折れの登山道途中から山頂付近に傘雲を纏った富士山を横目に登りましたが、山頂に着いた頃から雲が流れ綺麗な姿の富士山を眺めることが出来ました。富士山以外にも御坂山塊、八ヶ岳、南アルプスの山並みなど絶景を眺めながら山頂でランチタイムをとりました。下山は北面の尾根を本栖湖に向け下ります。北側斜面ということもあり残雪が少しあり早春の山歩きといった趣でこちらもGoodでした。下山後は富士山の展望が素晴らしい温泉で汗を流し帰路へとつきました。

富士山展望の山歩きは素晴らしいコースが沢山があります、山と出で湯、美味しいお料理、ぜひ一度参加されては如何でしょう満足度120%だよーん!

初日、少しの間だけ顔を出しました

初日、少しの間だけ顔を出しました

登山道は旧街道に沿って歩きます

登山道は旧街道に沿って歩きます

歩きやすい東海自然歩道が続きます

歩きやすい東海自然歩道が続きます

三方分山山頂に到着、残念ながら富士山見えず

三方分山山頂に到着、残念ながら富士山見えず

反対側の山頂標識

反対側の山頂標識

女坂の説明板

女坂の説明板

下部温泉一泊目の宿

下部温泉一泊目の宿

食べきれない程のご馳走が出ました

食べきれない程のご馳走が出ました

身延山三門

身延山三門

三門と桜

三門と桜

本堂へと続く急な階段

本堂へと続く急な階段

本堂に参拝、安全登山を祈願しました

本堂に参拝、安全登山を祈願しました

素晴らしい彫刻の祖師堂

素晴らしい彫刻の祖師堂

仏殿と枝垂れ桜

仏殿と枝垂れ桜

青空と桜のコントラストが綺麗です

青空と桜のコントラストが綺麗です

見事な枝垂れ桜

見事な枝垂れ桜

鐘つき堂と五重塔

鐘つき堂と五重塔

登山口へと向かう途中、眼下に綺麗な桜が

登山口へと向かう途中、眼下に西谷の綺麗な桜が

本堂の裏手より入山

本堂の裏手より入山

開基堂と桜

開基堂と桜

山中にはミツマタの花が見頃を迎えていました

山中ではミツマタの花が見頃を迎えていました

熊注意の標識が所どころに

熊注意の標識が所どころに

大光坊

大光坊

大黒尊天が祀ってあります

大黒尊天が祀ってあります

思親閣山門

思親閣山門

奥之院

奥之院

日蓮大聖人像

日蓮大聖人像

立像そばにある標高標識

立像そばにある標高標識

奥之院入口

奥之院入口

身延山ロープウェイ山頂駅

身延山ロープウェイ山頂駅

ロープウェイ駅脇にある展望台

ロープウェイ駅脇にある展望台

残念ながら富士山見えず

残念ながら富士山見えず

西の谷へと下山してきました

西谷へと下山してきました

残念ながら曇り空になりましたが、西谷の桜は見頃でした

残念ながら曇り空になりましたが、西谷の桜は見頃でした

2日目も下部温泉ですが、昨夜とは違う宿に宿泊。こちらもおご馳走でした!

2日目も下部温泉ですが、昨夜とは違う宿に宿泊。こちらもおご馳走でした!

素晴らしいおもてなしの宿、 女将さんとツーショット頂きました!

素晴らしいおもてなしの宿、女将さんとツーショット頂きました!

本栖湖越しに富士山

本栖湖越しに富士山

キャンプ場を抜けて登山口へと向かいます

本栖湖キャンプ場を抜けて登山口へと向かいます

竜ヶ岳登山口、これより九十九折れの登りが

竜ヶ岳登山口、これより九十九折れの登りが

登り出して30分程で富士山が顔を出します

登り出して30分程で富士山が顔を出します

石仏と山頂へと続く稜線

石仏と山頂へと続く稜線

笹の登山道とその先に雨ヶ岳が見えています

笹の登山道とその先に雨ヶ岳が見えています

広く開けた山頂に到着

広く開けた山頂に到着

雄大な富士の景色を見ながらのランチタイム、贅沢!

雄大な富士の景色を見ながらのランチタイム、贅沢!

北側斜面に入るのでこの絶景とも暫しのお別れ

北側斜面に入るのでこの絶景とも暫しのお別れ

北側斜面の森は、まだ早春の趣が残っています

北側斜面の森は、まだ早春の趣が残っています

本栖湖湖畔に到着。靴の汚れも綺麗サッパリ。

本栖湖湖畔に到着。靴の汚れも綺麗サッパリ。