07月

宗像 四塚連峰縦走

7月10日(日) 夏山に向けたトレーニング山行と銘打って宗像四塚連峰の縦走を実施しました!

城山登山口(水場横から入山)~城山~金山~地蔵峠~孔大寺山~松尾ピーク~垂見峠~湯川山~承福寺に下山。

梅雨時期という事で雨を心配?していましたが曇り空の一日でたっぷりと汗をかかせて頂きました。

足並みが揃っていたこともあり、行動時間は約7時間半(休憩・昼食時間含む)でした。

城山ではこの時期にしか見ることが出来ないウスキキヌガサタケが見れるのではと期待しましたが残念ながら登山道沿いには無く、道から少しそれた場所に頭の先端付近だけが少し覗いているのを確認したのみでした。他にはラン科のツチアケビ(別名、ヤマシャクジョウ)の果実を見ることが出来たことと、完歩出来た参加者の方々に自信がついた事が収穫でした。下山後はグビッと泡を?美味しく頂きました(*^^)v

001_R002_R003_R004_R006_R007_R009_R010_R011_R013_R

 

花の名峰 八幡平・岩手山・早池峰山

7月6日(水)~8日(木) 東北の花の名峰で有名な八幡平・岩手山・早池峰山を訪ねました。

初日は東北地方以外は真夏日というあいにくにの天気で、八幡平に登る予定でしたが登山口まで行きましたが雨と濃霧で登山中止を決定。八幡平アスピーテライン沿いにはニッコウキスゲが咲き始め、他にもハクサンチドリ、ミヤマキンバイ、ミツガシワなどの花達が雨に打たれしっとりと静かに咲いていました。

2日目は岩手山で、焼走り登山口から山頂までを往復しました。少し霧雨が降った程度で本格的な雨も降らず山頂では青空も顔を出してきました。五合目付近からはコマクサの大群落が迎えてくれて写真を撮りまくりました。他にもミヤマハンショウヅル、ハクサンチドリ、シラネアオイ、コケモモ、マイヅルソウ、カラマツソウ、ヤマオダマキ、ハクサンイチゲ、ベニバナイチヤクソウ、ムシトリスミレ、ズダヤクシュ、コケモモなどの花が咲いており暫し登山の疲れを忘れさせてくれます。

最終日は午後より雨の予報が出ていた為、出発時間を1時間程早め登山口を5時半に出発。

一合目あたりから山頂までは沢山の高山植物が開花時期を迎えていました。確認できた花は、マルバシモツケ、コバノツメクサ、ミネウスユキソウ、ハヤチネウスユキソウ、キバナノコマノツメ、ホソバイワベンケイ、ミヤマアズマギク、ミヤマシオガマ、ヨツバシオガマ、コヨウラクツツジ、コイワカガミ、チシマフウロ、ミヤマヤマブキショウマ、ナンブトラノオ、チングルマ、ウラジロナナカマド、コバイケイソウ、マイヅルソウ、ウコンウツギ、キンロバイ、ミヤマオダマキ、タカネサギソウなど。

下山後は台温泉で入浴&美味しいお蕎麦の昼食を食べてから帰路につきました。

帰路の途中、時間に余裕があったので奥州平泉 中尊寺の観光にも立ち寄りました。

参加されたメンバーも花達と同じようにの笑顔いっぱいで、楽しい山旅となったことでしょう!

ハクサンチドリ

ハクサンチドリ

雨に濡れたニッコウキスゲ

雨に濡れたニッコウキスゲ

焼走りキャンプ場駐車場から岩手山を見上げて

焼走りキャンプ場駐車場から岩手山を見上げて

岩手山 焼走り登山口

岩手山 焼走り登山口

マイヅルソウの実

マイヅルソウの実

ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ

ミヤマハンショウヅル

ミヤマハンショウヅル

ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ

高山植物の女王 コマクサ

高山植物の女王 コマクサ

コマクサをズームアップ

コマクサをズームアップ

ミヤマハンショウヅルの綿毛

ミヤマハンショウヅルの綿毛

イワブクロ

イワブクロ

シラネアオイ

シラネアオイ

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ

タカネナナカマド

タカネナナカマド

キバナノコマノツメ

キバナノコマノツメ

ウコンウツギ

ウコンウツギ

紅白のハクサンチドリ

紅白のハクサンチドリ

笠松不動避難小屋

笠松不動避難小屋

コケモモ

コケモモ

岩手山山頂

岩手山山頂

避難小屋まで下った頃にようやく山頂がハッキリ出てきました

避難小屋まで下った頃にようやく山頂がハッキリ出てきました

コマクサさんさようなら、また逢う日まで

コマクサさんさようなら、また逢う日まで

焼け走り溶岩流跡

焼け走り溶岩流跡

早池峰山 小田越登山口

早池峰山 小田越登山口

一合目付近にて

一合目付近にて

マルバシモツケ

マルバシモツケ

ミネウスユキソウ

ミネウスユキソウ

蛇紋岩の続く登山道を登ります

蛇紋岩の続く登山道を登ります

早池峰山の固有種、ハヤチネウスユキソウ

早池峰山の固有種、ハヤチネウスユキソウ

ハヤチネウスユキソウの群落の中、高度を上げていきます

ハヤチネウスユキソウの群落の中、高度を上げていきます

山頂付近までスッキリ見えてきました

山頂付近までスッキリ見えてきました

コバノツメクサ

コバノツメクサ

チシマフウロ

チシマフウロ

ミヤマシオガマ

ミヤマシオガマ

峠を挟んで薬師岳も顔を出して来ました

峠を挟んで薬師岳も顔を出して来ました

ミヤマアズマギク

ミヤマアズマギク

ハシゴ場も今日は貸切です

ハシゴ場も今日は貸切です

ハシゴ場の上部から眼下を望む

ハシゴ場の上部から眼下を望む

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ

コイワカガミ

コイワカガミ

コバイケイソウ

コバイケイソウ

チングルマ

チングルマ

ウコンウツギ

ウコンウツギ

ミヤマシオガマとアズマギク

ミヤマシオガマとアズマギク

お田植場付近から山頂

お田植場付近から山頂

ホソバイワベンケイ

ホソバイワベンケイ

山頂避難小屋

山頂避難小屋

早池峰山山頂周辺

早池峰山山頂周辺

早池峰山山頂

早池峰山山頂 貸切でした

北側に岩手山が見えていました

北側に岩手山が見えていました

山頂から見た小田越コースと雲海

山頂から見た小田越コースと雲海

下山し始めるとガスが湧き始めてきました

下山し始めるとガスが湧き始めてきました

ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ

中尊寺の月見坂

中尊寺の月見坂

杉の巨木が連なる参道を歩きます

杉の巨木が連なる参道を歩きます

中尊寺 本堂

中尊寺 本堂

モネの睡蓮のような池

モネの睡蓮のような池

世界文化遺産 金色堂

世界文化遺産 金色堂

白山神社 野外能楽殿入口

白山神社 野外能楽殿入口

能郷白山と荒島岳

6月27日(月)~30(木) 日本2百名山の能郷白山と百名山 荒島岳の2座に登って来ました!

初日は能郷白山で山頂まで最短登山コースの温見峠から入山。心配した雨も登山口に着くころには止み、レインウェアを着ることなく歩けラッキーでした。往復4時間チョッとの行程でした。

2日目は日本百名山の荒島岳、今回は諸事情で中出道登山口から小荒島岳を経て荒島岳に登頂。往復コースに変更しました。思いがけずササユリの花に出会え感動でした。こちらも能郷白山同様、雨の予報だったにも関わらず、曇りから晴れの天気に!下山後、移動途中より雨となり参加者全員の日頃の行いの良さが表れた山行となりました(*^^)v 往復約8時間の行程でした。

温見峠(ぬくみとうげ)

温見峠(ぬくみとうげ)

峠のすぐ脇から入山、最初から急登が続きます

峠のすぐ脇から入山、最初から急登が続きます

コアジサイが咲いていました

コアジサイが咲いていました

カラマツソウ

カラマツソウ

アザミの花も綺麗でした

アザミの花も綺麗でした

ナルコユリ

ナルコユリ

ユキザサ

ユキザサ

サラサドウダン

サラサドウダン

能郷白山山頂(ガスっており展望なし)

能郷白山山頂(ガスっており展望なし)

古い文字の三角点がありました

古い文字の三角点がありました

イブキトラノオ

イブキトラノオ

山頂の少し先にある白山神社奥宮

山頂の少し先にある白山神社奥宮

荒島岳 中出道コース登山口駐車場

荒島岳 中出道コース登山口駐車場

ブナの原生林、新緑が綺麗でした

ブナの原生林、新緑が綺麗でした

小荒島岳の手前ぐらいからササユリが出てきました

小荒島岳の手前ぐらいからササユリが出てきました

ササユリがお出迎え

ササユリがお出迎え

シライトソウ

シライトソウ

咲き始めのササユリは色が濃いですね

咲き始めのササユリは色が濃いですね

小荒島岳山頂

小荒島岳山頂

シャクナゲ平分岐

シャクナゲ平分岐

通称(もちがかべ)といわれる岩場、鎖場が中荒島付近まで続きます

通称(もちがかべ)といわれる岩場、鎖場が中荒島付近まで続きます

タツナミソウ

タツナミソウ

中荒島標識

中荒島標識

登山口より約3時間半、山頂に到着

登山口より約3時間半、山頂に到着

山頂脇にある加賀白山の案内版

山頂脇にある加賀白山の案内版

山頂方位板

山頂方位板

山頂の一角にある荒島大権現

山頂の一角にある荒島大権現

下り始めるとあっという間にガスが切れてきました

下り始めるとあっという間にガスが切れてきました

木漏れ日の射すなかひたすら下ります

木漏れ日の射すなかひたすら下ります

ササユリさんさようなら!

ササユリさんさようなら!

気持ちの良いブナ林が続きます

気持ちの良いブナ林が続きます

長い下りを終え無事下山。お疲れさまでした!

長い下りを終え無事下山。お疲れさまでした!

 

福智山系縦走 第3回

6月26日(日) 福智山系縦走 鱒淵ダム~福智山登山口~ホッテ谷新道~福智山~赤牟田の辻~焼立山~金満山~満干越~後入道~JR採銅所駅まで約7時間歩きました。

梅雨の中休みでお天気に恵まれすぎて暑い一日でした!

001_R002_R003_R004_R005_R006_R007_R008_R011_R013_R015_R016_R017_R018_R019_R020_R

 

美ヶ原・四阿山/根子岳

6月23日(木)~25日(土) レンゲツツジ咲く美ヶ原と四阿山/根子岳・湯ノ丸高原を巡って来ました。

当初の予定では初日、美ヶ原で2日目が四阿山、3日目が湯ノ丸山に登頂予定でしたが、梅雨前線の影響で2日目の四阿山は菅平牧場から根子岳の往復、3日目の湯の丸山は雨こそ降っていませんでしたがガスが濃く、登山口から上が真っ白だったので登山中止し、小諸の観光に変更となりました。

美ヶ原からは北アルプスの山々の大パノラマが広がり感動的でレンゲツツジも満開でした。

王ヶ頭ホテルの心温まるおもてなしは何度でも宿泊したくなります!

美ヶ原のシンボル 美しの塔

美ヶ原のシンボル 美しの塔

牛さんもお出迎え

牛さんもお出迎え

美ヶ原/王ヶ頭ホテルに到着

美ヶ原/王ヶ頭ホテルに到着

美ヶ原の最高点、王ヶ頭

美ヶ原の最高点、王ヶ頭

山頂に着いたころから急激に青空が

王ヶ頭の山頂付近にはテレビ局のアンテナが沢山

王ヶ頭の山頂付近にはテレビ局のアンテナが沢山

王ヶ鼻までの散策路はレンゲツツジのオンパレード

王ヶ鼻までの散策路はレンゲツツジのオンパレード

ついつい何度もシャッターを押してしまいます
ついつい何度もシャッターを押してしまいます

王ヶ鼻に到着

王ヶ鼻に到着

帰路は来た道を戻ります

帰路は来た道を戻ります

美味しいディナー

美味しいディナー

信州といえばヤマメの塩焼きですね

信州といえばヤマメの塩焼きですね

洋食も素敵!

洋食も素敵!

スイーツも充実しています

スイーツも充実しています

夕食後はスライド上映会、星空観察などイベントが目白押し

夕食後はスライド上映会、星空観察などイベントが目白押し

翌朝、幻想的なな雲海が出ました

翌朝、幻想的なな雲海が出ました

北アルプス 乗鞍岳

北アルプス 乗鞍岳

槍~穂高の山並み

槍~穂高の山並み

朝陽は綺麗に出ませんでしたが幻想的でgood

朝陽は綺麗に出ませんでしたが幻想的でgood

北アルプスの山並み

北アルプスの山並み

穂高連峰

穂高連峰

鹿島槍ヶ岳から五竜岳の稜線

鹿島槍ヶ岳から五竜岳の稜線

モノクロでも撮影してみました

モノクロでも撮影してみました

モノクロで鹿島槍・五竜岳

モノクロで鹿島槍・五竜岳

朝食前のイベントに参加

朝食前のイベントに参加

朝のドライブ&お散歩

朝のドライブ&お散歩

今日の美しの塔

今日の美しの塔

四阿山の登山口。菅平登山口よりスタート

四阿山の登山口。菅平登山口よりスタート

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ

ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウをズームアップ

ベニバナイチヤクソウをズームアップ

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

ヒメアヤメ?

ヒメアヤメ?

レンゲツツジ

レンゲツツジ

ツマトリソウ

ツマトリソウ

コイワカガミ

コイワカガミ

スズラン

スズラン

カラフトノイバラ

カラフトノイバラ

ハクサンチドリ

ハクサンチドリ

根子岳山頂に到着。今回は此処から戻ります

根子岳山頂に到着。今回は此処から戻ります

当初の目的地、四阿山お天気の良い日にまた来るぞー

当初の目的地、四阿山お天気の良い日にまた来るぞー

ミネウスユキソウ

ミネウスユキソウ

最終日の鹿ノ沢高原にてニッコウキスゲ

最終日の鹿ノ沢高原にてニッコウキスゲ

ベニヤマシャクヤクの蕾

ベニヤマシャクヤクの蕾

トリカブトも咲いていました

トリカブトも咲いていました

最後は小諸城址 懐古園で観光してから帰路につきました

最後は小諸城址 懐古園で観光してから帰路につきました

古都鎌倉 富士山展望の衣張山と古寺巡り

6月20日(月)~22日(水) 鎌倉アルプスと紫陽花の花咲く古寺巡りをしてきました!

1日目は、六国見山ハイキングコース、天園ハイキングコースを歩き、下山後は瑞泉寺・鎌倉宮・鶴岡八幡宮~スイーツ~鎌倉駅まで歩きました。天気は曇り時々小雨のち晴れ

夕食は地元の居酒屋さんで美味しいお魚を食べました~

2日目は、鎌倉駅よりスタートして源氏山公園~宇賀福神社(銭洗弁財天)、昼食は湘南名物のしらす丼~江ノ島電鉄で移動、紫陽花寺として有名な長谷寺、高徳寺(鎌倉大仏)を巡りました。

夕食は焼肉屋さんで生ビール飲みながら食べまくり!

3日目は、北鎌倉駅をスタートして建長寺・明月院・浄智寺・円覚寺を巡り、北鎌倉駅の横にあるお蕎麦屋さんで更科そばを食べてから帰路につきました。

紫陽花はちょうど満開の時期で、どこを歩いても紫陽花だらけで段々と感動も・・・心配した雨も殆ど降らず楽しい3日間を過ごすことが出来ました!感謝、感謝。

001_R002_R003_R004_R005_R007_R008_R010_R009_R011_R012_R013_R018_R020_R022_R023_R024_R026_R027_R030_R031_R032_R034_R035_R036_R037_R039_R041_R042_R044_R047_R048_R050_R051_R052_R053_R054_R056_R057_R058_R059_R061_R062_R065_R067_R068_R086_R087_R071_R072_R073_R077_R081_R082_R083_R084_R088_R094_R095_R097_R099_R102_R103_R104_R105_R108_R109_R111_R112_R113_R116_R115_R119_R120_R121_R122_R123_R124_R126_R127_R128_R129_R130_R133_R134_R136_R139_R140_R142_R143_R144_R145_R146_R147_R148_R149_R150_R151_R153_R154_R155_R156_R157_R158_R

 

富士山展望の乾徳山と大岳山&長瀞ウォーク

6月17日(金)~19日(日) 富士山展望の乾徳山と大岳山&長瀞ウォークを歩いて来ました。

初日は移動日で長瀞の観光をしました。渓谷沿いを散策してから宿へと入りました。

2日目は山梨県の乾徳山に登りました。コースは、乾徳山登山口駐車場から道満山、尾根を登り月見岩を経て乾徳山に登頂。

下山は高原ヒュッテ/国師ケ原を経て乾徳山登山口駐車場へと戻る周回コースを歩きました。

山頂直下では天狗岩と呼ばれている高さ約10m程の岩場を登りますが、鎖が設置されているし、巻き道もあるので好きな方を利用するといいですが、岩が濡れている時には迷わず巻き道を利用する事をお勧めします。今回は月見岩付近から綺麗な富士山を眺める事が出来ました!

3日目は東京都の奥多摩にある大岳山に登りました。往復ともにケーブルカーを利用し、行動時間の短縮をしました。

ケーブルカー御岳山駅でストレッチをした後、スタート。芥場峠を経由して大岳山に登頂。下山は綾広の滝、天狗岩を経由して御岳山駅まで戻りました。

よく整備された登山道、原生林、渓谷沿いの遊歩道など変化のあるコースで初心者でも安心して歩くことができます。

飛行機の窓から見た富士山

飛行機の窓から見た富士山

長瀞の船着場

長瀞の船着場

長瀞 畳岩からの景色

長瀞 畳岩からの景色

長瀞遊歩道MAP

長瀞遊歩道MAP

夕食は地元の食材を使用した美味しいお料理に大満足

夕食は地元の食材を使用した美味しいお料理に大満足

乾徳山登山口をスタート

乾徳山登山口をスタート

道満尾根登山口

道満尾根登山口

道満山山頂(1314m)

道満山山頂(1314m)

月見岩付近からの富士山

月見岩付近からの富士山

富士山をズームアップ

富士山をズームアップ

月見岩

月見岩

気持ちの良い青空が広がっています

気持ちの良い青空が広がっています

乾徳山山頂まであと少し

乾徳山山頂まであと少し

山頂直下の天狗岩

山頂直下の天狗岩

乾徳山(2031m)山頂に到着

乾徳山(2031m)山頂に到着

乾徳山山頂 その2

乾徳山山頂 その2

国師ケ原/高原ヒュッテ

国師ケ原/高原ヒュッテ

ヒュッテの近くでは野生の鹿が人を恐れず近寄ってきます

ヒュッテの近くでは野生の鹿が人を恐れず近寄ってきます

乾徳山登山口に到着、駐車場までもう少し

乾徳山登山口に到着、駐車場までもう少し

奥多摩の宿のディナーはフレンチでした!

奥多摩の宿のディナーはフレンチでした!

フレンチその2

フレンチその2

スイーツも充実していました。

スイーツも充実していました。

3日目、御岳ケーブルカーで一気に標高を稼ぎます

3日目、御岳ケーブルカーで一気に標高を稼ぎます

御岳山駅に到着

御岳山駅に到着

ストレッチをしてから出発

ストレッチをしてから出発

日曜日とあって登山者も多く目につきます

日曜日とあって登山者も多く目につきます

神代ケヤキ?

神代ケヤキ?

大岳山(1267m)山頂, 残念ながら霞みで展望はあまりパッとしませんでした

大岳山(1267m)山頂,
残念ながら霞みで展望はあまりパッとしませんでした

下山途中、綾広の滝に寄り道

下山途中、綾広の滝に寄り道

渓谷沿いの遊歩道では新緑が綺麗でした

渓谷沿いの遊歩道では新緑が綺麗でした

天狗岩の岩上にある大天狗像

天狗岩の岩上にある大天狗像

復路もケーブルカーで楽々下山です(*^^)v

復路もケーブルカーで楽々下山です(*^^)v

花の百名山 平標山と谷川連峰最高峰 仙ノ倉山・弥彦山脈の名峰 弥彦山と国上山

6月13日(月)~15(水)花の百名山 平標山と仙ノ倉山・弥彦山脈の弥彦山と国上山を訪ねてきました。

初日は平標登山口から岩魚沢林道、平元新道を経由して標高1650mにある平標山の家に宿泊。

2日目は朝から雨、出発を遅らせて平標山の家を9時に出発。ガスのたちこめる中、平標山を目指しました。

平標山からは稜線伝いに谷川連峰最高峰の仙ノ倉山を目指します。平標山を出発してすぐにハクサンイチゲのお花畑が迎えてくれて感激!

ハクサンコザクラ、ヨツバシオガマ、チングルマ、アカモノ、ハクサンチドリなどのお花畑が続き、残念ながら展望は楽しむことが出来ませんでしたが、幻想的な景色を堪能する事が出来ました。下山後は宿泊地の弥彦温泉まで移動しました。

3日目は弥彦温泉から弥彦神社に参拝してから登山開始。時折木漏れ日の射す樹林帯を山頂へ向けひたすら登りますした。

九合目に出ると木立の間から日本海と佐渡島を望むことが出来ました。昼食はロープウエイの山頂駅そばにある展望レストランで景色を眺めながらいただきました。

下山はロープウエイで一気に下山で楽々でした(*^^)v 下山後は車で20分程移動、国上山ビジターセンター横の駐車場より再び登山開始。

国上寺の境内にある国上山登山口から入山、山頂まで1時間程で往復しました。下山後は良寛さんゆかりの五合庵、千眼堂吊り橋などを観光しました。

下山後は山麓の温泉施設で汗を流してから帰路へとつきました。

平標登山口駐車場

平標登山口駐車場

松手山、岩魚沢林道分岐

松手山、岩魚沢林道分岐

平元新道登山口

平元新道登山口

平標山の家に到着。今回は我々のグループの貸切でした

平標山の家に到着。今回は我々のグループの貸切でした

山の家から平標山を望む

山の家から平標山を望む

山の家から見た仙ノ倉山

山の家から見た仙ノ倉山

マイヅルソウ

マイヅルソウ

アカモノ(別名イワハゼ)

アカモノ(別名イワハゼ)

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ

ウラジロヨウラク

ウラジロヨウラク

モウセンゴケ

モウセンゴケ

ハクサンコザクラ

ハクサンコザクラ

平標山山頂(1984m)

平標山山頂(1984m)

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ

チングルマ

チングルマ

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ(白花)

ヨツバシオガマ(白花)

ミネズオウ

ミネズオウ

仙ノ倉山山頂(2026m)

仙ノ倉山山頂(2026m)

幻想的n景色の中、タクサンイチゲ(^.^)

幻想的n景色の中、タクサンイチゲ(^.^)

コケモモ

コケモモ

ガスの切れ間の稜線

ガスの切れ間の稜線

ナナカマドの花も咲いています

ナナカマドの花も咲いています

ハクサンチドリ

ハクサンチドリ

ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ

ヤマツツジ

ヤマツツジ

松手山山頂(1614m)

松手山山頂(1614m)

山麓のブナ原生林

山麓のブナ原生林

新緑の森をひたすら下ります

新緑の森をひたすら下ります

松手山登山口に無事下山

松手山登山口に無事下山

弥彦神社鳥居

弥彦神社鳥居

弥彦神社参道

弥彦神社参道

弥彦神社本殿に参拝

弥彦神社本殿に参拝

弥彦山 表参道登山口

弥彦山 表参道登山口

よく整備された登山道が続きます

よく整備された登山道が続きます

九合目に到着

九合目に到着

日本海と佐渡島が見えました

日本海と佐渡島が見えました

弥彦山山頂に到着

弥彦山山頂に到着

弥彦山 御神廟に到着

弥彦山 御神廟に到着

山上レストランよりパノラマタワーを望む

山上レストランよりパノラマタワーを望む

山上展望台から多宝山を望む

山上展望台から多宝山を望む

ロープウエイからの展望

ロープウエイからの展望

国上寺本堂に参拝

国上寺本堂に参拝

国上寺境内より入山

国上寺境内より入山

国上山山頂(313m)

国上山山頂(313m)

展望台にある標識

展望台にある標識

千眼堂吊り橋

千眼堂吊り橋

良寛さんゆかりの五合庵

良寛さんゆかりの五合庵

オカトラノオ

オカトラノオ

展望台からの眺め、霞がひどく遠くの山並みは望めず

展望台からの眺め、霞がひどく遠くの山並みは望めず