02月

美ヶ原・入笠山スノーシューハイキング

大人の雪山遊びと題して2月14日(火)~16日(木)の日程で入笠山・美ヶ原の2座を巡って来ました!

初日は移動日で、諏訪湖周辺の観光 まずは安全祈願も兼ねて諏訪大社上社に参拝。その後、浮き城と呼ばれていた高島城の見学。~富士見高原の宿舎へ。宿舎の正面には鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、鋸岳、入笠山の絶景が広がっていました。

2日目は山麓駅からゴンドラに乗り入笠山の山中にある標高1780mまで一気に標高を稼ぎました。

スキーヤーを横目に入笠山山頂まで約1時間半の行程をスノーシューを履いてのゆっくり登山。

入笠山山頂からは360度の大パノラマが広がっていました。八ヶ岳連峰、北アルプス、乗鞍岳、御岳山、中央アルプス、南アルプス、富士山まで全て見渡すことが出来感動ものです!

下山は往路を戻り全行程約3時間、ランチは八ヶ岳連峰を眺めながらスキー場のレストランで済ませました。下山後は本日のお宿 美ヶ原高原 王ヶ頭ホテルへと移動。美鈴湖にて宿の送迎バスに乗り換え北アルプスを眺めながらどんどん標高を上げていきます。王ヶ頭ホテルに到着後、夕食の時間まで自由時間をのんびりと過ごしました。夕暮れは乗鞍岳の横へと夕陽が沈むまでの間、刻々と変わる景色をホテルの浴場から眺めたり、山頂から眺めるなど色々です。夕食は地元の食材をふんだんに使用した美味しいお料理の数々が・・・しっかり最後のデザート(別腹×2回戦)まで完食しました!

夕食後は美ヶ原高原の四季を映した上映会~星空観賞までと大忙しです。

3日目はこれまた日の出前から忙しく行動、時間とともに表情を変える景色を堪能した後は盛りだくさんの朝食をしっかり食べ、いよいよ美ヶ原高原スノーシューハイキングへ出発!と言いたいところですが、最初の15分程はホテルの雪上車に乗って美しの塔まで移動。雪上車初体験の方は大喜び、旅の良い思い出になったことでしょう!

美しの塔で記念撮影をしてからスノーシューを装着して牛伏山を目指します。積雪量はやや少なめで一部牧草が出ているところもありましたがお天気も良く十分楽しむ事が出来ました!

牛伏山山頂からは浅間山をはじめ、戸隠、妙高、そして南北に延びる北アルプスを一望する事ができました。帰路は途中雪遊びしながら王ヶ頭へと戻りました。ホテルに戻ってからは冷えた身体を湯船に浸け心も身体もポカポカ、昼食をホテルで済ませ帰路へとつきました。素晴らしい参加者と訪れるたびに違う表情を見せてくれる自然に感謝!まさに一期一会といったところでしょうか(^.^)

諏訪大社上社 大鳥居

諏訪大社上社 大鳥居

本殿に安全祈願

本殿に安全祈願

高島城、堀の水は氷が張っていました

高島城、堀の水は氷が張っていました

モルゲンローとの甲斐駒ヶ岳、左奥は北岳

モルゲンローとの甲斐駒ヶ岳、左奥は北岳

富士見パノラマリゾートのゴンドラに乗ります

富士見パノラマリゾートのゴンドラに乗ります

楽ちんだ~

楽ちんだ~

目指す入笠山山頂が見えています

目指す入笠山山頂が見えています

雪は良く締まっていて歩きやすかったです

雪は良く締まっていて歩きやすかったです

歩き出しから約1時間半で山頂に到着

歩き出しから約1時間半で山頂に到着

八ヶ岳連峰も南北全て見渡せました

八ヶ岳連峰も南北全て見渡せました

富士山も綺麗に見えました!

富士山も綺麗に見えました!

下山は皆さん足取りが軽いですね~

下山は皆さん足取りが軽いですね~

移動途中、松本市のアルプス公園に立ち寄り北アルプスの景色を堪能

移動途中、松本市のアルプス公園に立ち寄り北アルプスの景色を堪能

アルプス展望台からの眺め

アルプス展望台からの眺め

美ヶ原 王ヶ頭ホテルから富士山とその手前に車山山頂が見えています

美ヶ原 王ヶ頭ホテルから富士山とその手前に車山山頂が見えています

噴煙を上げている浅間山(右手)も綺麗に見えます

噴煙を上げている浅間山(右手)も綺麗に見えます

美ヶ原高原の先に左から蓼科山その奥に八ヶ岳連峰

美ヶ原高原の先に左から蓼科山その奥に八ヶ岳連峰

美ヶ原高原の標識

美ヶ原高原の標識

翌朝乗る雪上車と王ヶ頭ホテル

翌朝乗る雪上車と王ヶ頭ホテル

王ヶ頭山頂より王ヶ鼻へと続く斜面

王ヶ頭山頂より王ヶ鼻へと続く斜面

段々いい色になって来ました!

段々いい色になって来ました!

お日さまが乗鞍岳の裏側へとお隠れされました

お日さまが乗鞍岳の裏側へとお隠れされました

美ヶ原高原の朝焼け

美ヶ原高原の朝焼け

美ヶ原高原の日の出

美ヶ原高原からの日の出

ホテルの窓には霜の華が付いています

ホテルの窓には霜の華が付いています

日の出とともに徐々に色が変わっていきます

日の出とともに徐々に色が変わっていきます

赤味がピークを迎えました

赤味がピークを迎えました

自然が作り出す芸術作品にうっとり!

自然が作り出す芸術作品にうっとり!

PLフィルターを使用するとこんな感じに写ります

PLフィルターを使用するとこんな感じに写ります

ホテル前からの景色

ホテル玄関前からの景色

朝陽を浴びた北アルプスの山

朝陽を浴びた北アルプスの山

槍ヶ岳も見えますよ~

槍ヶ岳も見えますよ~

ホテル前から美ヶ原高原の朝

ホテル前から美ヶ原高原の朝

ホテルの中に可愛らしいリスさんもいました!(作りものです)

ホテルの中に可愛らしいリスさんもいました!(作りものです)

雪上車に乗っていざ出発!

雪上車に乗っていざ出発!

運転手さんがサービスしてかなり揺らしてくれました!

運転手さんがサービスしてかなり揺らしてくれました!

青空をバックに美しの塔

青空をバックに美しの塔

スノーシューを装着してスタート!

スノーシューを装着してスタート!

北アルプス北部、爺ヶ岳と右手に鹿島槍ヶ岳

北アルプス北部、爺ヶ岳と右手に鹿島槍ヶ岳

雪を纏った北アルプスの景色を見ながらのスノーシューハイクは最高!

雪を纏った北アルプスの景色を見ながらのスノーシューハイクは最高!

帰路、王ヶ頭ホテルを目指します

帰路、王ヶ頭ホテルを目指します

気持ちイ~ヨ~!

気持ちイ~ヨ~!

こんな事や

こんな事や

こん~な事して雪山を楽しみますよ~

こん~な事して雪山を楽しみますよ~

ホテルの前にあった猫?の芸術品

ホテルの前にあった猫?の芸術品

忘れてはいけません王ヶ頭の山頂です。最後までお天気に恵まれました!

忘れてはいけません王ヶ頭の山頂です。最後までお天気に恵まれました!

沖縄県最高峰 於茂登岳と野底岳・前嵩・屋良部岳

1月27日(金)~29日(日) 沖縄県の最高峰 於茂登岳と野底岳・前嵩に登って来ました!

初日は那覇で飛行機を乗り継ぎ石垣空港へと到着。

最初の訪問地はバンナ公園で、バンナ岳/大川山(230m)山頂は保安上の関係でフェンスの内側にあるため、近くまでしか行けません。

と隣接するバンナ展望台(360度のパノラマを楽しむことが出来ます)より翌日に登る於茂登岳が間近に見えます。

バンナ公園を後にして、米原のヤエヤマヤシ群落、サビチ洞、玉取崎展望台を観光しました。

夕食は公設市場の近くにある辺銀食道で地元で人気のラ―油を使った料理や無農薬野菜など創作料理を堪能しました。

2日目は、最初に於茂登岳に登りました。登山道には案内標識も多く設置されており、稜線まで一本道が続きます。稜線に分岐がありますが山頂の案内に従い歩みを進めます。役10分程で山頂に到着。山頂からは西側の展望が開けており、底地ビーチ、屋良部岳方面を望むことが出来ました。

帰路は往路を戻りますが、稜線分岐から東側へ少し寄り道をして展望の開けた場所から於茂登岳山頂方面を望みました。

於茂登岳登山は、ゆっくりしたペースで焼く2時間半程で下山、次は北部にある野底岳へと移動。途中、食堂で昼食を済ませ、登山口へ向かう途中にまたもや寄り道しました。伊土名の吹通川の河口にあるヒルギ群落で自然観察&砂浜散策を楽しみました。ひとしきり遊んでからようやく野底岳(別名:野底マーぺー)の登山口に到着。野底岳は東側の林道からの登山口(山頂まで約15分)もありますが、我々登山倶楽部は正統派なので一合目から登ります。といっても山頂まで約50分程の歩行時間ですが、山頂はそそり立った岩峰となっており、360度のパノラマを楽しむことができます。

下山は往路を下り、全行程約2時間程で終了。参加メンバーよりせっかく来たので石垣島の最北端を見たいとのリクエストがあり、時間的にも余裕があったので早速行ってみることにしました。最北端は平久保崎灯台で東シナ海の海を一望する事が出来、素晴らしい景色に時を忘れてしまいそうでした。

帰路は西海岸を南下して宿のある石垣港まで戻りました。2日目の夕食は、やはり地元で人気のお洒落なレストランへ、石垣牛を使ったハンバーグをはじめ、無農薬野菜のフライ、八重山ソバそしてアルコールも少々いただきました!

3日目は最初に前嵩(263m)をピストンしました。地元の人もあまり登らない山ですが、素晴らしいジャングルトレッキングを楽しむことが出来ます。

行動時間は約1時間半でした。

登山口には標識もなにも無く、本当にここから入山といった感じの取りつきです。

当然ながら登山道にも案内はまったくありません。稜線近くまで谷沿いの薄暗い道?が続き、稜線に登りつめた地点にかろうじて訳のわからないピンクのテープが付いた細い木がありこれより右手に急な登りをロープを便りに上がり、リュウキュウザサのヤブを漕ぎ、10分程で山頂に到着。三角点は設置されていますがササに覆われています。しかし、山頂付近に石がありこの上にあがると絶景を楽しむことができます。山頂付近のササを少し刈ってあげると登山者が増えるのではないかと思いますが、よそ者があれやこれや言ったところでどうしようもありません。ひとしきり景色を楽しんでから下山開始。稜線分岐まで戻り、またもや寄り道。南側にある電波塔の近くまで行き展望を楽しんでから下山しました。下山後は川平石崎まで寄り道してから石垣島の観光スポット人気ナンバー1の川平湾へ、グラスボートに乗り展望台からも川平湾の素晴らしい入江と砂浜、そして青い海を十二分に楽しみました。ここは何度来ても感動します!

ちょうど昼食の時間になり、川平湾に隣接する川平食堂で美味しいソーキ蕎麦をいただきました(*^_^*)

昼食後はまたもやメンバーから島の最西端に行ってみたいとのリクエストが・・・しゃあないなぁ~行くべ!

最西端の御神崎灯台まで行き、またもや綺麗な海と空、そしてサンゴ礁。石垣ブルーと呼ぶにふさわしい景色がなんとも言えません。

これから空港へと向かう?地図を見ると最西端の灯台から空港へと向かう抜け道というか、無理やり直線距離で進もうとする先に屋良部岳がありどうやら車道からちょっと登ると山頂へ行けそう、ということで我々登山倶楽部としては登らずにおれない性分。登山口に着くと山頂まで7分との標識があり早速取りつく。

傾斜がきつい為、安全のためロープが張ってあり息をきらしながら登ること約7分で本当に山頂に到着してしまいました!山頂には先客の子供会?の小グループがいて賑やかでした。岩峰の山頂からは360度のパノラマで今回登った山のすべてを見渡す事が出来、感動もひとしおです。下山も用心してくだり、一路空港へ向かう途中、またしても寄り道。初日に訪れたバンナ公園で桜が一分咲きだったので、この3日間で毎日気温が25度ほどということもありだいぶ開花が進んでいるのではないかと思い立ち寄る事にしました。見事予想的中し、3分咲きぐらいでしたが今年最初の桜見が出来ました。

今回も3日間、真夏日のような陽気で半袖で行動できる程でした。素晴らしい景色と素晴らしい参加者の皆さんに感謝、感謝!

バンナ岳から見た於茂登岳

バンナ岳から見た於茂登岳

石垣島では至るところハイビスカスが咲いていました

石垣島では至るところハイビスカスが咲いていました

バンナ展望台入口

バンナ展望台入口

バンナ展望台

バンナ展望台

眼下に石垣市街地と石垣港が見えています

眼下に石垣市街地と石垣港が見えています

バンナ岳の奥に於茂登岳が見えます

バンナ岳の奥に於茂登岳が見えています

ヤエヤマヤシ群落入口

ヤエヤマヤシ群落入口

ヤエヤマヤシ

ヤエヤマヤシ

サビチ洞入口

サビチ洞入口

サビチ洞内部

サビチ洞内部

石垣島にはハブちゃんがいます

石垣島にはハブちゃんがいます

サビチ洞は海に繋がっています

サビチ洞は海に繋がっています

玉取崎展望台から東海岸と北部の山が見ています

玉取崎展望台から東海岸と北部の山が見ています

初日の夕食は辺銀食道です

初日の夕食は辺銀食道です

美味しい創作料理、彩りも綺麗です

美味しい創作料理、彩りも綺麗です

2日目、石垣港の朝焼け

2日目、石垣港の朝焼け

於茂登岳登山口

於茂登岳登山口

登山道沿いには案内標識が設置されています

登山道沿いには案内標識が設置されています

小さいですが3段滝もあります

小さいですが3段滝もあります

山頂近くは傾斜がきつくなってくるのでロープが設置されています

山頂近くは傾斜がきつくなってくるのでロープが設置されています

案内標識があるので安心です

案内標識があるので安心です

於茂登岳三角点

於茂登岳三角点

於茂登岳山頂に到着

於茂登岳山頂に到着

山頂からは素晴らしい景色 が広がっています

山頂からは素晴らしい景色
が広がっています

東海岸の石垣ブルー

東海岸の石垣ブルー

山頂手前にある分岐案内、右側へ少しより道しました

山頂手前にある分岐案内、右側へ少しより道しました

東側展望台?から於茂登岳山頂を望む

東側展望台?から於茂登岳山頂を望む

伊土名のヒルギ群落

伊土名のヒルギ群落

足元では沢山のシオマネキがうごめいていました

足元では沢山のシオマネキがうごめいていました

カヌーも気持ちよさそうです

カヌーも気持ちよさそうです

河口からはこれから登る野底岳が見えています

河口からはこれから登る野底岳が見えています

感動のあまり飛び上がる4人娘?

感動のあまり飛び上がる4人娘?

山麓から見た野底岳、どこから見てもそれと判る山容をしています

山麓から見た野底岳、どこから見てもそれと判る山容をしています

野底岳登山口

野底岳登山口

所どころ用心のためロープが張ってあります

所どころ用心のためロープが張ってあります

案内標識もあります

案内標識もあります

岩の上に綺麗な八重山椿?が落ちていました

岩の上に綺麗な八重山椿?が落ちていました

山頂からは360度のパノラマが広がっています

山頂からは360度のパノラマが広がっています

山頂の岩の基部にマーペーの言われが書いてあります

山頂の岩の基部にマーペーの言われが書いてあります

眼下に広がる青い海なんとも言えませ~ん

眼下に広がる青い海なんとも言えませ~ん

野底岳山頂にあるおにぎり岩?

野底岳山頂にあるおにぎり岩?

最北端 平久保崎灯台入口

最北端 平久保崎灯台入口

石垣島最北端の灯台

石垣島最北端の灯台

2日目の夕食場所です

2日目の夕食場所です

石垣牛のハンバーグは絶品でした!

石垣牛のハンバーグは絶品でした!

前嵩登山道取りつき

前嵩登山道取りつき

しばらく沢沿いに登っていくと獣よけのゲートがあります

しばらく沢沿いに登っていくと獣よけのゲートがあります

まさにジャングルトレッキング

まさにジャングルトレッキング

木に着生しているオオタニワタリ

木に着生しているオオタニワタリ

前嵩の三角点

前嵩の三角点

前嵩山頂の岩の上から底地ビーチと川平石崎を望む

前嵩山頂の岩の上から底地ビーチと川平石崎を望む

川平湾の景色、ホントに海の色が綺麗です

川平湾の景色、ホントに海の色が綺麗です

川平湾からも野底岳が良く見えます

川平湾からも野底岳が良く見えます

川平茶屋に置いてあったオオゴマダラのサナギ

川平茶屋に置いてあったオオゴマダラのサナギ

オオゴマダラのサナギ。何度見てもこの色には驚きます

オオゴマダラのサナギ。何度見てもこの色には驚きます

食堂の外にある葉の裏にオオゴマダラの幼虫がいました

食堂の外にある葉の裏にオオゴマダラの幼虫がいました

ソーキ蕎麦も美味しかったよ~!

ソーキ蕎麦も美味しかったよ~!

石垣島最西端の御神崎灯台へやって来ました

石垣島最西端の御神崎灯台へやって来ました

最西端の景色、海の奥には西表島が見えていました

最西端の景色、海の奥には西表島が見えていました

パイナップルにそっくりなアダンの実(食べられませんよ~)

パイナップルにそっくりなアダンの実(食べられませんよ~)

屋良部岳登山口

屋良部岳登山口

山頂まで約7分ですが結構急です

山頂まで約7分ですが結構急です

屋良部岳山頂の岩峰、ここからは今回登った山全てを見渡す事が出来ます

屋良部岳山頂の岩峰、ここからは今回登った山全てを見渡す事が出来ます

前嵩の尾根の向こうに野底岳も顔を出していました

前嵩の尾根の向こうに野底岳も顔を出していました

バンナ公園のヒカンサクラは3分咲きになっていました

バンナ公園のヒカンサクラは3分咲きになっていました

無事、石垣空港へと戻ってまいりました

無事、石垣空港へと戻ってまいりました

参加された皆さん、お疲れさまでした!福岡へ戻るとまた冬空に逆戻りですが、春はもう近くまで来ています!

参加された皆さん、お疲れさまでした!福岡へ戻るとまた冬空に逆戻りですが、春はもう近くまで来ています!