09月

北海道 紅葉の大雪山系?

9月5日(水)~8日(土)

北海道の大雪山系に紅葉ハイクに出かけました。

5日は移動日で、翌日の旭岳登山のため旭岳温泉に宿泊。

翌朝、午前三時過ぎに防災メールにて日高地方で震度6強の地震発生ニュースが配信され、寝ぼけ眼で場所を確認したところ旭岳付近への影響をそれほど感じませんでした。実際、宿では一階で寝ていましたがそれほど揺れも感じられなかったです。(2階で寝ていた方たちは少し揺れを感じたとの事でした)再び眠りにつき、5時頃起床してトイレに行った際、電気がつかず水もチョロチョロしか出なかったので山小屋同様、電気を落としてあるのか宿泊した宿だけ停電かと考えていましたが周辺の宿の電気も点いておらず一帯が停電であると気づきました。旭岳登山の為、ロープウェイの山麓駅へと向かうと悪い予感が的中。停電により、ロープウェイが運休、(ロープウエイ会社の方の話で北海道道内全域が停電したとの情報あり)当初の予定ではロープウェイで姿見駅まで行き、旭岳~間宮岳~裾合平経由で姿見駅まで戻りロープウエイで下山となっていましたが予定変更を余儀なくされました。また、一合目から五合目付近まで登る頃には七合目より上部は厚い雲に覆われ山頂は見ない状況となっていました。ガスの中を懸命に登り山頂周辺では強風と戦い、無事に旭岳山頂に登頂。他の登山者情報で、おりからの強風で山頂の標識が倒れていたとの事でしたが、我々が登頂した際にいは他の登山者の方が協力して標識を元に戻されたとの事でした。下山も慎重に下り、姿見池周辺まで戻ってきた時点では他の登山者情報でロープウェイの運休を知らされ意気消沈ながら往路を下山しました。この日の行動時間は約8時間半となりました。

下山後、翌日の緑岳登山の為、大雪高原山荘へと移動。ラジオで被災状況を聞いいていると時間経過とともに被害状況の甚大さが判明してきました。移動途中、コンビニで買い物をしてから宿へと向かいました。(当然のことながら弁当、パン、惣菜等は売り切れ状態でした)心配しつつ宿泊地の大雪高原山荘に到着すると、小屋は通常営業していました(大雪高原山荘は自家発電、水も山から独自に取水しており何の問題もありませんでした)地震関係で予約のキャンセルも相次ぎ、通常であれば込み合っているのですが空室が多い状況でした。(宿は問題ないのですが、空港閉鎖、公共交通機関はすべてストップしている状況だったので車での移動方法しか宿へ到達することが出来なかった為です)

 

三日目は当初の予定通り緑岳(2020m)を目指し登山開始。標高1750m付近を過ぎたあたりから風が強くなり山頂付近は立っているのがやっとといった感じでしたが、空は晴れ渡り前日登った旭岳をはじめm遠くトムラウシ山へと続く稜線の景色を眺めることが出来ました。下山は往路を慎重に下り、正午には宿へと戻ることが出来ました。昼食後は大雪高原沼の散策へと出かけ、緑沼まで往復約2時間の行程を歩きました。今年は天候不順の為、紅葉の色づきは始まったばかりといった感じでしたが緑岳の山の斜面では綺麗なナナカマド、ダケカンバの紅葉を見ることが出来ました。

最終日は新千歳空港から福岡へと戻るのですが、途中、層雲峡にて流星の滝・銀河の滝を観光。前日から空港も一部再開されたものの非常に混雑しているとの情報があり心配していましたが、昼前に空港に到着してお土産購入と昼食をと悠長に考えていましたが到着するや否や、空港内の空調は止められており、売店、食堂も全てクローズという状況であっけにとられました!また航空会社カウンターには長蛇の列、なんとか搭乗待合室まで移動することが出来ホッとしました。航空機もほぼ予定時間に出発して無事、福岡空港へ到着することが出来ました。

関西地方ならびに北海道で被災された方々には心よりお見舞い申し上げると共に、何か出来ることが無いか検討してまいりたいと思います。一日も早い復旧を願うばかりです!最近の自然災害の多さには目を覆うばかりですが、今一度人間と自然との共存について考え直さなければいけないと強く心に感じます。便利さの裏で我々はどれだけ自然をないがしろにしている事でしょう?ひとり一人が自然環境の為にできることを考える時期になっていることは間違いないでしょう!

※緑岳、大雪高原沼の画像もあったのですが、データに不具合がありブログに反映することが出来ませんでした(>_<)

北アルプス 白馬鑓ヶ岳から唐松岳縦走

8月26日(日)~30日(木)

北アルプスの白馬鑓ヶ岳から唐松岳まで縦走する予定でしたが毎週のように来る台風の影響に気をとられていると今度は秋雨前線とは、トホホでした!

初日は移動日で、2日目は猿倉より入山して鑓温泉小屋まで約4時間半で到着。

小屋に着くな否や、すぐに温泉に直行。山上で浸る温泉、至極のひと時です(^.^)

日が暮れるころから大粒の雨が降り出し、翌朝になってもやむ気配なしでしたが気を取り直して5時半に小屋を出発。大出原から稜線に上がる頃に風が出だし、稜線に出るな否や強風吹き荒れ、台風姿勢をとりながら天狗山荘まで歩く。天狗山荘で休憩し、天候の回復を待ったが回復の兆候がなく、天狗ノ頭付近まで歩き、中止を決定。後ろ髪を引かれる思いでしたが安全第一、再挑戦を心に刻む。

鑓温泉小屋まで戻った時点で正午頃、翌日も翌々日も天候の回復が望めなかったので一気に下山することにしました。夕方4時過ぎに無事、登山口の猿倉に到着。山麓にある宿へと移動して温泉に入って疲れた心と胃袋を癒しました。(#^^#)予定より早く下山しましたが山麓の天候も不安定でハイキング出来る状態じゃなかったので思い切って観光することに決定。

4日目は曇ったり雨が降ったりぼ天候でしたが、戸隠高原の散策を決定。戸隠神社奥社、民俗館、忍者からくり屋敷を見学して、昼食は美味しい戸隠蕎麦に舌鼓。午後は鏡池周辺を散策。戸隠山の峻険な山並みは何度見ても感動ものです。夕方にはまた宿のある白馬へと戻りました。夕食は信州豚のしゃぶしゃぶでした!

最終日は午前中は天候が持ちそうだったので八方アルペンラインのゴンドラ、リフトを乗り継ぎ八方池山荘に到着。準備体操をして出発。一路、八峰池を目指します。真夏の激混み登山道とは違い、順調に標高をあげていきます。八方ケルン、第2ケルン、第3ケルンを経て八方池に到着。ガスが出ていなければ白馬三山や今回通る予定だった不帰キレットを一望する事が出来るのですが、山の女神は微笑まず、かろうじてⅡ峰、Ⅲ峰のみ確認することが出来ました。下山は往路を八方池山荘まで戻り、リフトからゴンドラに乗り換えた頃から雨粒が落ちてきました。ギリギリセーフ!帰路、岡谷IC付近まで車で進むと雨が止み、一転灼熱地獄と化しました。

山は危険を冒してまで登るものではありません。山が快く迎えてくれる時には難なくスムーズに登れてしますものです。天気の良いときにまた登ればよいのです。無理をして事故を起こしては悔やみきれません!!

今回、白馬山麓でお世話になった宿

白馬岳登山口にある猿倉荘

白馬鑓ヶ岳登山口

鑓温泉小屋方面を望む

残雪のある杓子沢

ヤマホタルブクロウ

クガイソウ

オニシモツケ

キヌガサソウ

ヨツバシオガマ

ウサギギク

クロトウヒレン?

ミヤマコゴメグサ

白馬鑓温泉小屋

開放的な温泉です(^^♪混浴です。時間帯で女性専用となりますが、待てない方は水着を着て混浴出来ます!

温泉のすぐ下はテント場です

足湯もありますよ~

夕食はカレー、コロッケ、野菜、みそ汁でした

下山日は雨がひどく殆ど写真を撮っていません
イワショウブ

無事下山!

戸隠神社奥社 随神門

奥社へと続く参道、何度来ても感動します

戸隠神社奥社に参拝

社務所横にある戸隠山登山口

戸隠山登山口入口だけ覗きました

戸隠民俗館入口

戸隠からくり屋敷

くノ一参上!(^^)!

視点を遠くに移すと戸隠山が見えていました

美味しい戸隠そばを頂きました

鏡池越の戸隠連山

戸隠連山

戸隠連山 西岳方面

アズマレイジンソウ

アケボノソウ

越水ゲレンデから見た戸隠連山と高妻山

大望峠から見た戸隠連山

青空が広がって来ました

大望峠からのパノラマ図、残念ながらアルプスはガスの中

八方駅

ゴンドラリフトに乗って上がっていきます

うさぎ平で乗り継ぎ

八方池山荘から、良く整備された登山道を登って行きます

眼下に八方池山荘と山上駅

ケルン

ケルン

唐松岳へと続く尾根道右国奥に不帰キレットが見えています

第3ケルン

八方池、残念ながら白馬三山はガスのなか

ハッポウウスユキソウ

山上駅まで戻って来ました

リフト&ゴンドラで一気に楽々下山です

乗鞍高原ハイキング

8月21日(火)~26日(日)

乗鞍高原のハイキングに行って来ました!

乗鞍高原初日は台風の進路とにらっめこしながら予定のスケジュールを入れ替えしながらの旅となりました。

最初の訪問地は乗鞍高原の長野県側にある三本滝まで往復約1時間程歩きました。その後、移動して同じく長野県側にある善五郎の滝、番所大滝など乗鞍三滝巡りをしました。

2日目は岐阜県側にある秘境 乗鞍五色ヶ原へ。五色ヶ原にはカモシカコース、シラビソコースと2コースが設定されており乗鞍岳山麓の素晴らしい自然観察コースとなっています。五色ヶ原へは地元の団体で運営管理しており、専門ガイド同行が義務ずけられています。今回歩いたシラビソコースはシラビソの原生林をはじめ、高山植物をはじめ、沢や滝が多く点在しています。コース途中には立派な休憩所等を整備されており、満足度はが高いです。行動時間は説明の時間、休憩時間を含め約8時間の行程でした。

春から秋にかけて楽しむ事が出るでしょう。なお、2019年度春からは新たに1コース追加されるとの事でした。楽しみです!

3日目は乗鞍岳登山を予定していましたが、台風の影響で前日の夜から風雨が強く登山中止を決定。宿にいてもしょうがないので高山市に観光に行くことにしました。高山祭りで使用する屋台が展示されている高山祭り屋台会館で高山祭りについて学び、そのあと市内散策で古い町並みを土産屋、造り酒屋で試飲しながら練り歩き、昼食は飛騨牛ハンバーグカレーを食べました!

宿へとも戻る途中、飛騨大鍾乳洞の観光も楽しみました。

最終日は帰路途中、宇治市の平等院にも立ち寄り観光。あまりの暑さに茶屋でかき氷、抹茶ジュースなど食べました!相変わらず寄り道大好きでてんこ盛りの旅となりました。

善五郎の滝と乗鞍岳

善五郎の滝

今回連泊したホテルのロビー

モルゲンロートに染まる乗鞍岳

あっという間に色が変わります

五色ヶ原入山前、五色ヶ原の自然やコースについて説明を受けます

五色ヶ原コース全図

今回歩いたシラビソコース図

スタート地点となる出会い小屋

出会い小屋内部、とても綺麗です

五色ヶ原入口、いよいよスタート

所々こうゆう足場が出てきますが問題ありません

ウド?

シラタマノキ

面白い形をした樹木

クルマバツクバネソウ

岩魚見小屋

岩魚見小屋内部

小屋の傍の沢には岩魚もいます

美味しいお弁当、いただきま~す!

キツリフネ

苔むした沢が良い感じです

時々立ち止まりガイドの方の話に耳を傾けます

白檜曽小屋

ゴゼンタチバナの実

ナルコユリ?の実

横手滝

急な斜面の階段と吊橋

横手橋と吊橋

桜根滝(左)と布引滝(右)

美しい布引滝の流れ

高山祭屋台会館

高山市内 むかしの町並み

雰囲気があっていいですね

造り酒屋さんで試飲

美味しいお酒が沢山並んでいます(>_<)

飛騨牛の食事処にて

飛騨鍾乳洞入口、暑いときは鍾乳洞がお勧め!

鍾乳洞内部①

鍾乳洞内部②

鍾乳洞内部には神社もありました。観光洞部分の約800mを歩きました

最終日、宇治市の平等院観光

お後がよろしいようで

南アルプス 荒川三山から赤石岳縦走

8月2日(木)~6日(月)

南アルプスの荒川三山から赤石岳を縦走してきました!

初日は畑薙第一ダム近くの駐車場に到着後、シャトルバス乗り替え椹島ロッヂへ到着。

翌日からの山小屋生活に備え、入浴&食事で精をつける。

2日目は椹島ロッジからスタートして千枚小屋へと向かう。(今回、7月12日から利用開始された新登山口より入山)

新登山口は、従来の滝見橋前にある登山口からさらに5分ほど二軒小屋方面へ林道を歩いた場所に、大井川を跨ぐ吊橋が新たに整備されておりこれを使用しました。(踏み後のはっきりした尾根を登ること約50分程で旧道からの道と合流、その後はもともとある千枚小屋へと続く登山道を登って行きます)椹島ロッヂを出発してから約8時間程で千枚小屋に到着しました。

3日目は千枚小屋を5時5分に出発。千枚岳に到着するあたりから展望が開けてきて、千枚岳山頂からは塩見岳やこれから向かう悪沢岳や赤石岳も望むことが出来ました。ガレた岩場を慎重に通過しながら荒川小屋に到着。小屋へは12時過ぎには到着。ゆっくりと休養します。午後3時頃からは雨が降り出しました!やはり早出早着きが基本ですね(#^^#)

4日目も5時半頃に小屋を出発。強風が吹いていましたが天気は良く、順調に進んでいきます。小屋を出てから約3時間半で小赤石岳に到着、一旦下り登り返して赤石岳山頂に到着。富士山を眺めながらの稜線歩きは格別です。

当初の予定では赤石小屋に宿泊予定でしたが、メンバーの足並みも揃っており一気に椹島ロッヂまで下山することになりました。

椹島ロッヂへは17時頃到着。長い一日でしたが風呂に入りビールを煽ると疲れも吹っ飛ぶというものです!(^^)!

最終日の5日目は椹島ロッヂを8時過ぎに出発。シャトルバスで駐車場まで戻り、帰路へとつきました。