熊野古道 小雲取越編

昨日の大雲取越に引き続き22日は小雲取越を歩きました。本日はゴールとなる小和瀬の駐車場(新宮市熊野川町)からタクシーで田辺市本宮町側にある請川登山口まで移動、スタートしました。大雲取越とは違い小雲取越の道は石段が少なく歩きやすい道が続きます。小雲取越では何といっても有名な景勝地、百間ぐらを目指します。百間ぐらからは遠く果無山脈の山々の展望を楽しむことができました!その後も古道沿いに咲くヤマザクラやツツジなどを愛でながら約5時間程で無事、小和瀬駐車場に到着。小和瀬から大阪方面へと移動する車窓からは山肌に咲く満開のヤマザクラやコブシ、レンギョウなどが目を楽しませてくれました。

請川の下地橋バス停横には公衆トイレがあります
時より木々の間から眼下に熊野川を望むことができます
歩きやすい古道が続きます
スミレも沢山咲いていました
コショウの花?ジンチョウゲ科?
果無山脈
石堂茶屋跡休憩所
桜茶屋跡
尾切地蔵
ゴールの小和瀬までもう少し
小雲取越の小和瀬登り口
小和瀬橋と桜
小和瀬駐車場に到着
案内板
ゴール!バンザ~イ(*^^)v

熊野古道 大雲取越編

3月21日(土)~22日(日)の2日間で熊野古道の大雲取越・小雲取越を歩いて来ました。今回は大雲取越編で、車での移動だったので最初に那智大社観光駐車場に駐車し、タクシーで大雲取越の中間地点にある地蔵茶屋跡まで移動。地蔵茶屋から石倉峠、林道合流地点まで歩き地蔵茶屋まで戻りその後、那智大社へと向け歩きました。通常であれば那智大社から小口まで縦走するのですが今回は車のところまで戻らなくてはいけないので半分だけ歩く形となりました。ゴールの大雲取越登山口付近からは那智大滝を綺麗にみる事が出来ました!

地蔵茶屋跡
地蔵堂
案内板
石倉峠方面の入口
舟見茶屋跡上にある展望所
眼下に熊野灘を見渡すことができました
満開のアセビ
気持ちの良い木立の中を歩きます
那智高原の登り口
那智高原駐車場とその奥に妙法山
那智大社側の大雲取越登り口に到着
熊野で有名な那智王滝の景観
青岸渡寺
熊野那智大社
夜は勝浦の宿で美味しい夕食にアルコールも進みます(^.^)

セツブンソウ鑑賞ウォ―ク

2月27日(木)広島県庄原市総領町に節分の頃に咲くことから名付けられたキンポウゲ科の花、節分草を愛でながら町中を2時間半ほどウォ―キングしました。節分草の他にもセリバオウレン、福寿草、ユキワリイチゲなどをみる事が出来ました。

セリバオウレン
福寿草
花弁は開いていませんがユキワリイチゲ