北海道の旅 知床五湖ハイキング&釧路川カヌー体験

10月1日(木)~3日(土)の日程で北海道の知床五湖と釧路湿原を巡りました。

初日は女満別空港から知床の有名な観光地、『オシンコシンの滝』と知床峠を訪ねました。知床峠からは天気が良いと国後島などを眺める事ができますが今回は残念ながら霧が発生しており近くの景色しか見る事が出来ませんでした。宿泊はウトロ温泉でホッコリして北海道の美味しい食材に舌鼓。

2日目は知床自然センターで現地ガイドの方と合流、今回は10月1日~3日限定で試験的に交通規制が行われ、自然センターから知床フィールドセンター間を無料送迎バスで移動。フィールドセンターで10分間程公園内の行動についてのレクチャー(注意事項の説明)を受けてから出発。知床五湖の散策路は一方通行となっており、五湖から四湖、三湖、二湖、一湖と進んでいく。通常は2時間程のコースですが、現地のガイドさんの知床の自然に関する詳しい説明などを聞きながらゆっくりと3時間かけて巡った。天候は曇り空で期待していた知床五湖からの知床の山並みの展望は見る事が出来ませんでした。紅葉は気温がなかなか下がっていなかったこともあり、少し色好き始めたといった感じでした。

今回知床五湖の案内をお願いしたのは貸切ツアー専門の知床のガイド屋pikkiさんでした。https://www.shiretoko-pikki.com/

知床五湖のハイキングが終了後、釧路へと移動途中にホロベツの猟師の店にて美味しい海鮮丼を食べてから摩周湖へ、摩周湖も残念ながら一部雲がかかっており全容を見る事は出来ませんでした。摩周湖を出発後、釧路湿原の展望台に立ち寄ってから釧路市内のホテルにチェックイン。夕食は釧路市内の居酒屋で美味しい食材&お酒を飲みながら楽しい時間を過ごしました。

最終日は釧路湿原カヌー体験。現地のカヌーツアーのレイクサイドとうろさんにガイドツアーをお願いしました。http://www.shitsugen.com/

塘路湖湖畔からカヌーで出発、ガイドさんから釧路湿原の自然についての解説を聞きながら釧路川を約1時間40分程下りました。途中、カワセミ、オジロワシ、エゾシカなどを観察しながら、釧路湿原のほんの一部ですが垣間見る事ができて感動しました。帰りは当初、釧路空港から出発する予定でしたが、コロナの影響によりフライトキャンセルとなっていたので帯広空港まで移動して帰路へとつきました。

登山も良いですが、こう言った自然観察もまた一味違った自然の楽しみ方のではないでしょうか?広い北海道、何度も訪れたくなるスポットです!

女満別空港に到着
北海道ならではの食材
毛ガニ
地元ブランドのお菓子
なんだこりゃ(^.^)
じゃがりこ地域限定バージョン
知床の有名な観光地 オシンコシンの滝
ガスった知床峠
近くの景色は見えましたが羅臼岳は見えませんでした。
天気が良ければ峠から国後島も見えたのに~
夕食はブッフェスタイルでした。ついつい食べ過ぎてしまいますね!
デザートもいただきました!
知床フィールドハウスで注意事項の説明を10分程聞いてから出発。
五湖、湖面に周りの木々が映っています。
奥の山並みが見えるといいのに!
四湖に到着
ガイドさんの説明に皆聞き入っています。
切株から新たな生命が、感動。
三湖?
一湖まで来ました。
展望&撮影スポット
知床半島の山並みが見たかったなぁ~
食欲をそそる看板、漁師の店 かにや
色々あるメニューから今回は三色丼を選びました。もちろん新鮮で美味でした!
摩周湖展望台に到着、正面のガスがかかっているのが摩周岳
紅葉はまだあと10日間程後になりそうです。
釧路湿原展望にて釧路湿原の全体を見ようとしましたが、広大過ぎて(>_<)
夕方4時半頃ですが、日没が近いです。
最終日、レイクサイドとうろさんにカヌーツアーをお願いしました。
湖畔にカヌー、イイ感じです!
塘路湖から釧路川へと進んで行きます。
皆で力を合わせてオールを漕ぎます。
時より薄日が射しました。本当は青空が良いのですが、晴れると日焼や水面に光が反射して暑そうなので丁度良かったのかもしれません。
エゾシカさんも挨拶に来てくれました。
オジロワシにも何羽か遭遇することが出来ました。
みんな楽しそうです!
今回の北海道の旅も参加された皆さんのご協力で楽しい旅となりました。感謝、感謝!
カヌーの終了点から塘路湖に車で戻る道中、農家の畑にタンチョウが飛来していました。(参加された方から画像提供頂きました)