中国山地の山旅③ 三瓶山周遊

旅の3日目、10月25日(日)は三瓶山登山しました。当初の予定では姫逃池登山口から男三瓶山~周遊して姫逃池登山口でしたが、その日の気分で楽な道を選択。東の原から観光リフトを利用して、女三瓶山~男三瓶山~子三瓶山~孫三瓶山~大平山~観光リフト利用(下山)しました!お天気に恵まれ、気持ちの良いお鉢巡り(周遊)が出来ました。行動時間は約5時間でした!

東の原から女三瓶山(右の山)を望む
観光リフト(約10分)で楽々、標高を稼ぎます!
リフト山上駅から約30分で女三瓶山に到着。
女三瓶山から孫三瓶山と室内池を望む
孫三瓶山(左)と子三瓶山(右)を望む
ヤマラッキョウが咲いていました
ユートピア980m
山の斜面の紅葉が綺麗でした
男三瓶山(1126m)に登頂しました!
子三瓶山方面を望む
子三瓶山(961m)に到着。
フウロも咲いていました。
孫三瓶山(903m)に到着。背後には子三瓶山、男三瓶山山頂付近が見えています。
大平山山頂(854m)に到着。
大平山から男三瓶山山頂付近を見上げて
大平山山頂にある展望テラス、眼下には東の原の景色が広がっています。
下山も観光リフトを利用して楽々、お疲れさまでした!

中国山地の山旅② 月山富田城跡・大万木山

旅の2日目、10月24日(土)は鳥取県から島根県に移動、午前中に安来市にある国指定史跡『月山富田城跡』難攻不落の城として有名で、尼子氏が出雲支配の拠点とした城です。現在は遺構として保護されています。城めぐりは約2時間程で出来ます。歩道もよく整備されていて実際に歩いてみると、自然の地形を巧みに利用して造られており難攻不落の城と呼ばれた所以が良く判りました。

城巡り終了後は、大万木山の門坂登山口(島根県雲南市)へと移動。大万木山は広島県の庄原市との県境に位置する山で、タタラ製鉄にまつわる遺構、ブナの森が魅力です。今回の登山コースは、門坂登山口~横手コース~渓谷コース~山頂~山頂大ブナ(タコブナ)~滝見コースの周遊コース。行動時間は約3時間半でした。黄葉に彩られたブナの森は一見の価値ありです!

下山後は、最終日の三瓶山登山の為、山麓にある国民宿舎さんべ荘さんにお世話になりました。

尼子神社
山中鹿介幸盛祈月像
当時の建物が再現されています。(花の壇)
山中御殿跡
三の丸
三の丸
城下町を見下ろして
三の丸から二の丸へと続く道
本丸跡
本丸跡に祀られていた勝日高守神社
下山口
月山富田城ジオラマ
大万木山 門坂登山口
稜線分岐
大万木山(1218m)登頂しました!
山頂のすぐ先にあるタコブナに寄り道します。
樹齢?百年はたっていると思われますが、力がみなぎっていました!
門坂峠地蔵尊付近からの眺め

中国山地の山旅① 三徳山/投入堂

10月23日(金)~25日(日)の日程で中国山地の山旅をして来ました!

今回は初日10/23の旅の記録となります。

博多駅を車で出発、鳥取県の日本遺産登録第一号『三徳山/三佛寺 投入堂』を訪ねました。三徳山三佛寺は慈覚大師円仁により開かれた山で、三佛寺の奥の院 投入堂は慶雲三年(706)、役行者が法力をもって岩窟に投入れたといわれ「投入堂」と呼ぶようになったと伝えられています。

三徳山には投入堂の他にも地蔵堂、文殊堂など岩壁の上にせり出して建てられた珍しい景観など特異な景観から訪れる人が多く、春の新緑、秋の紅葉の時期は特に来山者が多いです。しかし、修験の山にもなっていることから通常の参拝道とは違い、木の根を持ったり、鎖を掴んでよじ登ったりしなくてはいけないのでそれなりの装備、心構え、決まり事、拝観料、入山料が必要となります。詳しくは三徳山三佛寺のHPにてご確認下さい。今回、我々が投入堂へと拝登が終わり、下山途中、高齢の男性が鎖場で肩?腕?をどうかされたらしく、救助要請をされていました。だいぶ下った地点で消防のレスキュー隊、救急隊員が大勢登ってこられていました。下山後車道まで下ると消防、警察が緊急対策本部を設置していました。その後、宿に到着時に聞いた話では救急ヘリが出動したとの事で大騒ぎでした。初日の宿は三徳山山麓にある三朝温泉でした!

役行者像
文殊堂の鎖場
鐘楼堂
観音堂
投入堂