穂高岳登頂4日間

穂高岳登頂4日間

8/23(金)~26(月)の日程で北アルプスの穂高岳に登って来ました。

初日は中部空港より沢渡(さわんど)まで移動、シャトルバスに乗り換え上高地より入山。

歩き始めるとすぐに土砂降りの雨の洗礼を受ける。本日の行程は2時間ほど歩いたところにある、徳沢ロッジが終点となります。

雨の中、ひたすら黙々と歩くのみ!

 

2日目は出発時から小雨がパラついたり止んだりの天気。出発してから1時間ちょっと歩いた横尾に到着する頃には雨も止んでいました。

P1010041結果P1010042結果

 

 

 

 

 

 

 

左側画像は横尾山荘前の広場より見た屏風岩方面徐々にガスの切れ間から顔を出してきた屏風岩

P1010048結果P1010052結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側の画像は横尾より1時間ほど登ったところにある本谷橋です。天気のせいか、いつもなら登山者でにぎわっている河原も

ちょっぴり寂しい感じ。

P1010055結果P1010056結果

 

 

 

 

 

 

 

標高が上がるにつれ高山植物たちも顔を出してきます。オオヒョウタンボクの花。

P1010057結果P1010058結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上はチングルマの綿毛、左側はアオノツガザクラです。

涸沢小屋

涸沢小屋

涸沢小屋のテラスより前穂高方面の望む

涸沢小屋のテラスより前穂高方面の望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前穂高の岩稜と涸沢カール

前穂高の岩稜と涸沢カール

我がグル―プの女性メンバー ガッツポーズ

我がグル―プの女性メンバー ガッツポーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屏風の頭付近の展望です。左奥dは常念岳

屏風の頭付近の展望です。左奥dは常念岳

どこから見ても特徴のある形ですぐに判る常念岳

どこから見ても特徴のある形ですぐに判る常念岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カール上部に位置する涸沢岳、涸沢槍

カール上部に位置する涸沢岳、涸沢槍

 

ザイテングラート

ザイテングラート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨もあがり前穂高の岩稜も綺麗に見えてきました。

雨もあがり前穂高の岩稜も綺麗に見えてきました。

ナナカマドの花と前穂高岳

ナナカマドの花と前穂高岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チングルマの花

チングルマの花

シナノキンバイ

シナノキンバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ

エゾシオガマ

エゾシオガマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザイテングラートの岩場。安全のためヘルメット装着です。

ザイテングラートの岩場。安全のためヘルメット装着です。

クサリ場を慎重に通過する登山者

クサリ場を慎重に通過する登山者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涸沢小屋より約2時間半ほどで本日の宿、穂高岳山荘に到着。

涸沢小屋より約2時間半ほどで本日の宿、穂高岳山荘に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穂高岳山荘を出てすぐのハシゴ場

穂高岳山荘を出てすぐのハシゴ場

他のグループが下山しています。

他のグループが下山しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋の奥にテント場、その上部は涸沢岳です。

小屋の奥にテント場、その上部は涸沢岳です。

小屋前のテラスより涸沢カールを見下ろす。

小屋前のテラスより涸沢カールを見下ろす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テント場上部より前穂高岳方面を望む。

テント場上部より前穂高岳方面を望む。

右側奥の方にジャンダルムが顔をのぞかせています。

右側奥の方にジャンダルムが顔をのぞかせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンダルム

ジャンダルム

 

ジャンダルム アップ画像

ジャンダルム ズームアップ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常念岳

常念岳

前穂高岳

前穂高岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋に到着してからは天気も回復し、展望を楽しむ事が出来ました。明日天気にな~れ!

 

 

小屋を出発してから慎重に岩場を通過し約50分程で奥穂高岳3190mに登頂。

小屋を出発してから慎重に岩場を通過し約50分程で奥穂高岳3190mに登頂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涸沢小屋付近に咲いていたヤナギラン

涸沢小屋付近に咲いていたヤナギラン

ホソバトリカブト?

ホソバトリカブト?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりがけでしたがキヌガサソウが咲いていました。

終わりがけでしたがキヌガサソウが咲いていました。

オオヒョウタンボクの実。

オオヒョウタンボクの実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラシナショウマ

サラシナショウマ

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロクモソウ

クロクモソウ

ズームアップ画像

ズームアップ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本谷橋のところで記念撮影

本谷橋のところで記念撮影

奥に見えている山は蝶槍です。

奥に見えている山は蝶槍です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は朝から濃いガスの中出発。登り始めると小雨が降りだす天気になってしまいました。ガッくし

今回は参加者の体力、技術を考慮したうえで、雨・風共に弱い事もあり登頂を決意しました。

岩が濡れているときには細心の注意が必要な事は言うまでもありませんね!

奥穂高岳登頂後、涸沢岳にも登る予定でしたが、天気が悪くなりそうだったので登らずに早めに下山する事にしました。

3日目の宿は横尾山荘。お風呂にも入れるしルンルンで下山。

夜は満天の星空を鑑賞してから寝床につきました。

 

 

モルゲンロート(朝焼け)に染まる前穂高岳

4日目は悔しいぐらい良いお天気です。モルゲンロート(朝焼け)に染まる前穂高岳

前穂高岳ズームアップ画像

前穂高岳ズームアップ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1010164結果

 

 

 

 

 

 

 

 

梓川を挟んで前穂高岳と明神岳

梓川を挟んで前穂高岳と明神岳

明神岳

明神岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明神橋と明神岳

明神橋と明神岳

 

帰りは明神橋を渡り、自然探勝路経由で河童橋へ

帰りは明神橋を渡り、自然探勝路経由で河童橋へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梓川の奥に焼岳を望む事ができます。

梓川の奥に焼岳を望む事ができます。

 

 

 

P1010185結果

 

 

 

 

 

 

 

 

河童橋付近から見た穂高の山々

河童橋付近から見た穂高の山々

焼岳を望む

焼岳を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4日間歩き通した自分へのご褒美?五千尺ホテルで美味しいケーキセットを頂きました!

4日間歩き通した自分へのご褒美?五千尺ホテルで美味しいケーキセットを頂きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信州といえばソバでしょう!

信州といえばソバでしょう!

美味しいソバに皆、満足もう下山したからお酒もいいよねと、美味しい升酒を飲みながらニンマリ。

美味しいソバに皆、満足もう下山したからお酒もいいよねと、美味しい升酒を飲みながらニンマリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山後は平湯温泉にて汗を流しました。

入浴してサッパリしたら今度は食欲が・・・信州といえばやっぱりソバでしょう!

参加したメンバーより、以前食べたソバ屋が美味しいとの情報を得て皆で早速食べに行くぞ!

バタバタとあわただしい山行よりこんなノンビリとした山行って良いよね~と一同納得。

今回はお天気の悪い中での奥穂高岳登頂でしたが、参加された皆さんのご協力のおかげで無事終了することが出来ました。

感謝!感謝!      byヒデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です