紅葉の尾瀬

紅葉の尾瀬

尾瀬写真美術館

尾瀬写真美術館

檜枝岐にて

檜枝岐にて

檜枝岐歌舞伎の舞台

檜枝岐歌舞伎の舞台

檜枝岐歌舞伎 資料館

檜枝岐歌舞伎 資料館

尾瀬 御池登山口にて

尾瀬 御池登山口にて

広沢田代

広沢田代

広沢田代付近の紅葉

広沢田代付近の紅葉

広沢田代の池塘

広沢田代の池塘

熊沢田代を振り返って

熊沢田代を振り返って

燧ヶ岳/俎嵓(まないたぐら)

燧ヶ岳/俎嵓(まないたぐら)

俎嵓山頂より柴安嵓を望む

俎嵓山頂より柴安嵓を望む

燧ヶ岳の最高点、柴安嵓(しばやすぐら)

燧ヶ岳の最高点、柴安嵓(しばやすぐら)

柴安嵓の下りにて眼下に尾瀬ヶ原が

柴安嵓の下りにて眼下に尾瀬ヶ原が

落葉したダケカンバの木々たち

落葉したダケカンバの木々たち

台風の影響で崩壊した見晴新道ルート(段小屋坂分岐近くまで続いていました)

台風の影響で崩壊した見晴新道ルート(段小屋坂分岐近くまで続いていました)

見晴新道崩壊状況

見晴新道崩壊状況

段小屋坂の木道付近、紅葉は見頃を迎えています

段小屋坂の木道付近、紅葉は見頃を迎えています

分岐の標識

分岐の標識

綺麗に紅葉したツタウルシ

綺麗に紅葉したツタウルシ

本日の宿は第二長蔵小屋さんです。

本日の宿は第二長蔵小屋さんです。

見晴の宿と背後は燧ヶ岳です

見晴の宿と背後は燧ヶ岳です

清々しい朝陽が尾瀬ヶ原を照らす

清々しい朝陽が尾瀬ヶ原を照らす

雲の上に顔を出した至仏山

雲の上に顔を出した至仏山

050結果10月4日(金)~6日(日)で尾瀬の燧ヶ岳に登って来ました。初日は麓の檜枝岐に宿泊。

尾瀬写真美術館で白籏史朗さんの写真を鑑賞、宿の近くの檜枝岐歌舞伎の舞台も見物に行きました。

2日目の行程は御池登山口を出発、燧ヶ岳を越えて見晴まで歩きます。

歩き始めは小雨のなか出発でしたが、降ったり止んだりの天気となりました。時よりガスの切れ目から見える景色も格別です。(負け惜しみ?)

燧ヶ岳から見晴新道の下りルートは先日の台風の影響でかなり悪く通常の歩行時間の約1.5倍ほどかかる旨の注意書きがルート数箇所に設置されていましたが、どうしてなかなかのものでした。かなり大規模に崩壊していますので今後は別ルートを歩けるよう望みます。

2日目の行動時間は約9時間半かかりました。お疲れ様でした!

最終日は見晴を出発、中田代、上田代、山ノ鼻を経て鳩待峠が終点です。静かな尾瀬を十二分に堪能しました。

遥か彼方に至仏山

遥か彼方に至仏山

尾瀬らしい景色

尾瀬らしい景色

進行方向に至仏山

進行方向に至仏山

振り返ると燧ヶ岳

振り返ると燧ヶ岳

池塘の奥に景鶴山

池塘の奥に景鶴山

逆さ燧が見えます

逆さ燧が見えます

鴨の兄弟?も気持ち良さそうに泳いでいます

鴨の兄弟?も気持ち良さそうに泳いでいます

至仏山がだんだん近くなってきます

至仏山がだんだん近くなってきます

山ノ鼻の景色

山ノ鼻の景色

木漏れ日のなか鳩待峠へと登っていきます

木漏れ日のなか鳩待峠へと登っていきます

逆光に彩るハウチワカエデ

逆光に彩るハウチワカエデ

鳩待峠まであと少しガンバ

鳩待峠まであと少しガンバ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です