熊野古道 熊野三山と川湯温泉

熊野古道 熊野三山と川湯温泉

12月8日(金)~11日(月)和歌山県の熊野三山を歩いて来ました。

熊野古道の初日は、発心門王子から水呑王子、伏拝王子、祓所王子を経て熊野本宮大社まで歩き、そのあと車で熊野速玉大社、神倉神社(ゴトビキ岩)を巡り、宿泊地の川湯温泉に到着。川湯温泉は冬の風物詩として川床に開設される大露店風呂『仙人風呂』が有名で、夜の灯篭の灯りの中で入る湯は雰囲気があります。

二日目は那智駅を出発して補陀落山寺、曼荼羅の道、大門坂を経て熊野那智大社、青岸渡寺、飛龍神社/那智大滝まで歩きました。

天気にも恵まれ楽しい古道歩きが出来ました。

帰路途中では和歌山県串本町にある橋杭岩、潮岬灯台の観光も楽しみました!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です