大峯奥駈道 稲村ヶ岳と観音峰

大峯奥駈道 稲村ヶ岳と観音峰

5月27日(日)~30日(水)奈良県の大峯山系 稲村ヶ岳と観音峰に登って来ました!

初日は大峰山系の展望台ともいわれている観音峰に登りました。

登山口は、みたらい渓谷の入口にもなっており駐車場、トイレ、東屋が整備されています。

登山道は良く踏まれており歩きやすく、約2時間程で山頂に到着。観音平付近にはヤマシャクヤクの群生地がありますが、今回は残念ながらまだ蕾が固い状況の株が多く、一輪だけ開花した株がありました。観音峰の山頂は林に囲まれ展望はありませんが、静かな山頂でいい感じです。下山は往路を戻り下山。駐車場でトイレ休憩した後、みたらい渓谷の新緑を愛でながら約1時間半ほど散策を楽しみました。宿泊は、洞川温泉で昭和の雰囲気が漂う落ち着いた温泉街となっています。

登山2日目は、母子堂横から稲村ヶ岳(1726m)を目指します。杉や檜の樹林帯をジグザグに登っていき、法力峠で一息ついてさらに上を目指します。山上ヶ辻付近からはシャクナゲが沢山咲いており登山の疲れを癒してくれました。稲村ヶ岳、大日岳山頂付近では梯子、ロープが設置されており要注意ですが今回は天気にも恵まれコンディションンも良かったので安心して通過することが出来ました。稲村ヶ岳、大日岳の山頂は共に展望が素晴らしく大峯山系の峰々をはじめ、大台ケ原方面の展望も楽しむことが出来ました!下山も難所を注意して下山しました。下山後は洞川温泉で登山の汗を流し帰路へと着きました。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です