紅葉の八甲田山・岩木山

9月29日(土)~10月2日(火)紅葉の八甲田山・白神岳・岩木山を登る予定でしたが、今年は台風の影響を受ける山行が多く

今回も初日は移動日で奥入瀬渓流の散策を予定していましたが、翌日以降台風の接近による降雨が予想された為、予定変更。

2日目に予定していた八甲田山を初日に登ることにしました。酸ヶ湯温泉の先にある大駐車場の脇にある登山口より入山、仙人岱分岐を経て八甲田山の最高峰/八甲田大岳(1584m)に登頂。残念ながら山頂付近はガスがかかり展望は得られませんでした。

山頂から大岳ヒュッテ(避難小屋)方向へ少し標高が下がると視界が開けてきて井戸岳、赤倉岳などの稜線を確認することが出来ました。ヒュッテ前で少し休憩をしたのち、暗くなる前に下山するべく先を急ぎました。秋の八甲田山一番の見どころである上毛無岱から下毛無岱へと下る階段からは素晴らしい草紅葉の景色と遠くに岩木山も望むことが出来感激でした!下毛無岱周辺では素晴らしい草紅葉のなか、何度もカメラのシャッターを押しながらも時間との戦いでした。下山口の酸ヶ湯温泉へは明るいうちに下山することが出来ホッとしました。初日宿泊の酸ヶ湯温泉は言わずと知れた名湯で、美味しい夕食に舌鼓をうち今夜もまた酒が進むのでありました。

2日目は予報通りの雨、八甲田雪中行軍遭難の地、蔦温泉の蔦沼、奥入瀬渓流、十和田湖などを観光しながら宿泊地のある黄金崎の不老不死温泉へと向かいました。こちらの波打ち際にある露天風呂が有名な宿です。3日目は白神岳登山の予定でしたが予報で台風通過が早朝から午前中の予報となっていたので安全の為、中止を決定。昼前から雨も止んできたので白神山地の十二湖ハイキングへ出かけましたが、小雨が降ったり止んだりの天候のため青池と沸壺の池だけ巡りました。

3日目は予報では晴れとなっていましたが岩木山周辺はスッキリしない天候で六合目より上部はガスの中、登山口がある八合目では風雨がありましたが、徐々に止んでくると予想し、登山決行。凰鳴ヒュッテ(避難小屋)付近に着く頃には雨もやみ山頂を目指しました。雨はやんでもガスが取れず山頂は真っ白、記念写真を撮り山頂にある避難小屋にて軽食を食べてから下山しました。無事八合目の登山口へと戻ってきた頃、ガスが取れてきて山頂付近を確認することが出来ました。最後は空港へ向かう途中、参加者の方々はリンゴの土産を買い占め、思い出とリンゴでリュックをいっぱいに膨らませ家路へとつきました。(#^^#)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です