黒部峡谷 下ノ廊下

黒部峡谷 下ノ廊下

10月18日(木)~21日(日)黒部峡谷の下ノ廊下を歩いて来ました!

1年のうち数ヶ月しか通行することが出来ないと言われている下ノ廊下を紅葉の季節に歩いて来ました。

今年は高温の日が続き、毎週台風が到来するという異常気象だった事もあり紅葉が心配でしたが峡谷では台風の影響も比較的少なく素晴らしい紅葉を愛でることが出来ました。

初日18日は移動日で、19日より入山。長野県側の扇沢駅より今年の11月で終了となるトローリーバスに乗り黒部ダムまで乗車。黒部ダム堰堤からは立山/雄山付近を望むことができ、10月に終了しているはずのダムの放水も見ることが出来ました!

午後2時頃までは素晴らしい晴天の下、歩くことが出来ましたが2時を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなり雷と小雨が降ってきましたが峡谷の水平歩道を歩くので殆ど影響なく歩くことが出来、Luckyでした。17時前には阿曽原温泉小屋に到着。露天風呂で疲れを癒しました。

20日は阿曽原温泉を出発、約4時間半程でトロッコ列車の終点、欅平駅に到着。昼食を済ませた後、本日の宿泊地の祖母谷温泉まで約50分程歩きました。祖母谷温泉は素朴なお宿で基本的には山小屋といった感じですが、お料理も美味しく何度も訪れたくなる宿です。

最終日の21日は再び欅平駅まで戻り、トロッコ列車出発時間まで近くにある猿飛峡まで往復約40分程散策しました。

欅平駅を出発後、通常なら宇奈月温泉駅まで直接向かうところですが今回は途中下車して鐘釣駅で下車、川辺の露天風呂、万年雪を観光してから再度トロッコ列車にて宇奈月温泉駅へと向かいました。峡谷沿では素晴らしい展望を楽しむことが出来、大満足でした。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です