大岩扇山と日本一のミツマタの里

4月3日(水)大分県玖珠郡玖珠町に位置する大岩扇山(691m)と日本一のミツマタの里と言われている九重町の野倉地区を訪ねてきました。

大岩扇山は影の木集落から登りはじめ、参勤交代で使用された石畳が残る八丁坂を八丁越の鞍部まで約30分ほどで到着。鞍部から山頂までは緩やかな草原状の登山道を15分程で山頂に到着。遠くに由布岳の姿や安心院、宇佐方面の山並みの景色を楽しみました。下山は往路を戻り、車でミツマタの里まで30分ほど移動。ミツマタの群生地は開花時期、交通規制で車の乗り入れが禁止されており車道沿いに坂を約20分ほど登った地点に杉林の林床に一面、ミツマタが咲き誇っていて圧巻でした。車道沿いには上には桜、足元にはシュンランが咲いており目を楽しませてくれました。帰路途中、龍門の滝を見物、夏のにぎやかさとは裏腹に静かなものでした。また近くにある宝八幡宮にも立ち寄り、今年の干支にもなっているイノシシ(珍しい白イノシシ)さんにも挨拶しました。ご利益がありますように!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です