東北アルプス 飯豊山登頂

8月31日(土)~9月3日(火)山形県、新潟県、福島県の三県に跨る飯豊連峰の主峰 飯豊山(2105m)に山形県側の大日杉登山口から入山。地蔵岳を経由して登頂、下山も同じルートで下山しました!初日は移動日で川西ダリヤ園で見頃を迎えたいろんな種類のダリヤを鑑賞してから山麓にある白川温泉で宿泊。22日目は大日杉登山口を出発して長い長い登りを切合小屋まで登って終了の予定でしたが、夕方以降、雨の予報だったので翌朝に登る予定だった飯豊山2日目に登ってしまうよう変更しました。その結果、行動時間は約11時間と長くなりいい汗をかきました!夕方6時頃からは雨粒が落ちだし、深夜には風雨が強くなってきました。3日目は切合小屋から大日杉登山口まで下山するだけとなり、小雨の降るなか下山開始しましたが約1時間程で雨もやみ、順調に高度を下げて行き、11時頃には無事下山。早めに宿に入り温泉&beerで乾杯しました(#^^#)

最終日の4日目は福島県の喜多方市にある新宮熊野神社を見学、喜多方町で喜多方ラーメンの試食~猪苗代湖近くの定食屋さんで美味しいランチを食べて帰路へとつきました。今回も本降りの雨の中を歩くことなく無事山旅が終了し、感謝、感謝!!

大日杉登山口/地蔵岳登山道入口
樹林帯の中に20m程の長い鎖場がありますが三点支持を確実に行えば足場はしっかりあります
登山口の名前の由来にもなった大日杉、風格があります
ブナの種子
センジュガンピ
地蔵岳山頂の標識
地蔵岳の標識の先にある展望台から飯豊山山頂を望む
ハクサンシャジン
ミヤマコゴメグサ
ウメバチソウ
タカネマツムシソウ
エゾシオガマ
イワイチョウ
イワショウブ
オヤマリンドウ
ヨツバシオガマ
ウサギギク
コバイケイソウ
今回宿泊させて頂いた切合小屋
切合小屋を出て山頂を目指します
タカネトリカブト
ハクサンフウロ
御秘所先の岩場
右側はスッパリ切れており高度感があります
山頂まであと少し
ホソバヒナウスユキソウ?
飯豊本山小屋
山頂まであと何歩?
飯豊山山頂(2105m)に到着、残念ながらガスっています
ウラシマツツジの紅葉が始まっています
イイデリンドウ、残念ながら恥ずかしがりやさん!
ナナカマドが色づき始めました
無事下山しました!
新宮熊野神社入口
長床(拝殿)
熊野三社
銅鐘 いい音色でした
木造文殊菩薩騎獅像
美味しいランチ①
ランチ②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です