大台ケ原と大杉谷

10月20日(日)~24日(木)

今回はフェリーの山旅です。初日は夕方に新門司港を出航、台風20号の影響なのかやけに赤く染まった夕暮れでしたが綺麗でした!2日目は大阪南港FTを出発して奈良県の大台ケ原登山口へ到着。登山口周辺は雨、レインウェアー&防水対策をしたのちスタート。当初の予定では反時計回りに登山口~大蛇嵓~牛石ヶ原~大台ケ原/日出ヶ岳~登山口でしたが、雨が降り足元も滑りやすいのでまずは山頂に行きその後、牛石ヶ原~大蛇嵓まで行き、中道を経由して登山口へと戻るコースに変更しました。予想通り終始雨の中で登山道は沢と化していました。下山後は三重県の尾鷲の宿まで移動。温泉で温まったあとは熊野灘で採れた海の幸に舌鼓(>_<) 外は台風20号の影響で大荒、明日の天気の回復を祈りつつ就寝。夜通し降り続いた雨も早朝には止み、宿を出発して大杉谷登山口へと向かう道中でどんどん回復へと向かい、登山口に着いた頃には素晴らしい青空が!昨日の雨で禊が終わったのかもと前向きに考えることにしました。渓谷沿いの登山道は小さなアップダウンを繰り返しながら濡れた足元に気を遣う。でも景色は綺麗と、景色と足元を交互に見ながら奥へ奥へと進んで行きました。台風の後だった事もあり、滝や、沢の水量が半端なく多く、大迫力だ~(>_<)早朝に登山口を出発して昼過ぎに今回の宿、桃ノ木山の家に到着。ここで終了組と堂倉滝を目指すグループとに分かれて行動。小屋で留守番組は早々に入浴を済ませ一杯ひっかけ、堂倉滝を目指したグループはピッチを上げて上流へと進みましたが、谷間で夕暮れが早い事もあり、七ツ釜~光滝まで行き終了。小屋まで引き返しました!小屋では3グループしか宿泊がなく、ゆったりと過ごすことが出来ました。翌朝は登山口へ向け往路を用心しながら戻りました。水量は前日よりはかなり減り穏やかな様相を取り戻していました。今回も素晴らしい参加メンバーのご協力のおかげで安全で楽しい山旅となりました。感謝、感謝!

船上からみた綺麗な夕暮れ
大台ケ原/日出ヶ岳山頂
山頂展望台、何も見えず、、、
樹林帯では所々綺麗な紅葉を見る事が出来ました
牛石ヶ原にて神武天皇と八咫烏、心眼で見よとおっしゃっていました!
雨で濡れた大蛇嵓、チョー危険なので先まで行きませんでした!
無事に下山。
宿の料理の一部、もうクエ~ん(>_<)凄い量でした!
大杉谷登山口 トイレ
中部電力発電所施設横を通過します
黒部峡谷の下ノ廊下みたいでしょ
苔の森が美しい
参加された皆さんお疲れさまでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です