中国山地の山旅① 三徳山/投入堂

10月23日(金)~25日(日)の日程で中国山地の山旅をして来ました!

今回は初日10/23の旅の記録となります。

博多駅を車で出発、鳥取県の日本遺産登録第一号『三徳山/三佛寺 投入堂』を訪ねました。三徳山三佛寺は慈覚大師円仁により開かれた山で、三佛寺の奥の院 投入堂は慶雲三年(706)、役行者が法力をもって岩窟に投入れたといわれ「投入堂」と呼ぶようになったと伝えられています。

三徳山には投入堂の他にも地蔵堂、文殊堂など岩壁の上にせり出して建てられた珍しい景観など特異な景観から訪れる人が多く、春の新緑、秋の紅葉の時期は特に来山者が多いです。しかし、修験の山にもなっていることから通常の参拝道とは違い、木の根を持ったり、鎖を掴んでよじ登ったりしなくてはいけないのでそれなりの装備、心構え、決まり事、拝観料、入山料が必要となります。詳しくは三徳山三佛寺のHPにてご確認下さい。今回、我々が投入堂へと拝登が終わり、下山途中、高齢の男性が鎖場で肩?腕?をどうかされたらしく、救助要請をされていました。だいぶ下った地点で消防のレスキュー隊、救急隊員が大勢登ってこられていました。下山後車道まで下ると消防、警察が緊急対策本部を設置していました。その後、宿に到着時に聞いた話では救急ヘリが出動したとの事で大騒ぎでした。初日の宿は三徳山山麓にある三朝温泉でした!

役行者像
文殊堂の鎖場
鐘楼堂
観音堂
投入堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です