宮崎県 クマガイソウの鳥屋岳と親父山~三尖山周遊

宮崎県 クマガイソウの鳥屋岳と親父山~三尖山周遊

4月26日(土)~27日(日) 高千穂町にある花の山を訪ねました。

初日は高千穂森の会で管理されている鳥屋岳を訪ねました。

 

高千穂森の会 興梠さんに鳥屋岳の自然、山に入る際の諸注意など聞いています。

高千穂森の会 興梠さんに鳥屋岳の自然、山に入る際の諸注意など聞いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

003結果

 

 

 

 

 

 

 

006結果

 

 

 

 

 

 

 

カノコソウ

カノコソウ

モモイロラショウモンカズラ

モモイロラショウモンカズラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

008結果

歩き始めて10分程で最初のクマガイソウ群生地に到着

歩き始めて10分程で最初のクマガイソウ群生地に到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

011結果016結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワサビ

ハワサビ

025結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

031結果

セイヨウシャクナゲ

セイヨウシャクナゲ

028結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

032結果033結果036結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

042結果045結果

 

 

 

 

 

 

 

043結果

ユキザサ

ユキザサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説を聞きながらゆっくり歩き約1時間半で山頂到着

解説を聞きながらゆっくり歩き約1時間半で山頂到着

山頂には立派な展望台があります

山頂には立派な展望台があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台からは360度のパノラマが望めます。見えているのは阿蘇方面

展望台からは360度のパノラマ。見えているのは阿蘇方面

くじゅう、祖母山系も見えます。

くじゅう、祖母山系も見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

067結果066結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

070結果068結果

 

 

 

 

 

 

 

074結果069結果077結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

076結果

 

 

 

 

 

 

 

クマガイソウは咲き始めでしたがとても綺麗で満足しました!この貴重な自然をいつまでも後世に残したいですね。

2日目は四季見原高原の先にある四季見橋より入山、親父山~黒岳~三尖山を周遊しました。

親父山登山口

親父山登山口

13分程林道を詰めていきます。

13分程林道を詰めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林道終点より入山

林道終点より入山

小さな沢を渡ります。

小さな沢を渡ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要所要所に案内標識があります

要所要所に案内標識があります

標識に従い山頂を目指します。

標識に従い山頂を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き始めて30分程でアケボノツツジが咲いている場所を通過

歩き始めて30分程でアケボノツツジが咲いている場所を通過

アケボノツツジ

アケボノツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

091結果092結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親父山山頂直下の黒岳分岐標識

親父山山頂直下の黒岳分岐標識

登山口から約2時間で親父山山頂(1644m)到着。

登山口から約2時間で親父山山頂(1644m)到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親父山山頂からは障子岳、古祖母山、傾山などの展望が望めます。

親父山山頂から障子岳、古祖母山、傾山などの展望が望めます。

山頂から障子岳へと向かう登山道。今回は時間の関係でパスします

山頂から障子岳へと向かう登山道。今回は時間の関係でパス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒岳へと向かう稜線にはシャクナゲの群生地が続きます。今回は残念がら蕾が多く・・・

黒岳へと向かう稜線にはシャクナゲの群生地が続きます。今回は残念がら蕾が多く・・・

黒岳周辺は岩場多いのですが急な個所にはロープが設置されていたりと慎重に通過すれば問題ありません。(岩が濡れていたり、氷が付いている場合は別です)

黒岳周辺は岩場多いのですが急な個所にはロープが設置されていたりと慎重に通過すれば問題ありません。(岩が濡れていたり、氷が付いている場合は別です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒岳山頂(1578m)に到着。山頂は展墓きかず、20m程先の展望台がgoodです。

黒岳山頂(1578m)に到着。山頂は展墓きかず、20m程先の展望台がgoodです。

展望台からは祖母山山頂、阿蘇山系が見えます。

展望台からは祖母山山頂、阿蘇山系が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒岳の下りにて親父山を振り返る。稜線付近は5月だというのに早春の装いでした。

黒岳の下りにて親父山を振り返る。稜線付近は5月だというのに早春の装いでした。

四季見高原方面の稜線

四季見高原方面の稜線

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三尖山へと向かう稜線付近にはアケボノツツジが綺麗に咲いていました。

三尖山へと向かう稜線付近にはアケボノツツジが綺麗に咲いていました。

 

112結果

 

 

 

 

 

 

 

 

110結果111結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

114結果

あと4、5日すれば咲きそうですが・・・

あと4、5日すれば咲きそうですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

118結果

アケボノツツジと黒岳

アケボノツツジと黒岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三尖山山頂(1474m)ササヤブの中で展墓なし。

三尖山山頂(1474m)ササヤブの中で展墓なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三尖山から下山口までは急な下りが続きます。

今回の周遊コースタイムは休憩、昼食をはさみ約5時間の行程でした。

三尖山登山口(今回は下山口となりました)

三尖山登山口(今回は下山口となりました)

高千穂、トンネルの道の駅にてトイレ休憩&御土産を購入して帰路へとつきました。

高千穂、トンネルの道の駅にてトイレ休憩&御土産を購入して帰路へとつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

132結果133結果

 

 

 

 

 

 

 

134結果135結果

 

 

 

 

 

 

 

次回は四国の山の便りをお伝えします、乞うご期待あれ!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です