屋久島 愛子岳とモッチョム岳

屋久島 愛子岳とモッチョム岳

ゴールデンウィ-ク前半の4月27日(土)~29日(月・祝)で屋久島の愛子岳&モッチョム岳に登って来ました!

P1010083

 

 

 

 

 

鹿児島本港よりジェットフォイルにて屋久島へ向かいます。後方に見える山は桜島です。

P1010092

 

 

 

 

 

 

 

屋久島には早い時間に着くので夕食までの間、島内観光をしました。最初の訪問地はヤク杉ランドです。千年杉、仏陀杉、などの風格のある杉や苔むした森が見所です。

P1010102P1010104

 

 

 

 

 

移動途中にはヤクザル、ヤクジカといった固有種の動物も顔を出してくれました。

P1010105

 

 

 

 

 

観光スポットでもある千尋の滝展望台もついでにまわりました。

P1010164

 

 

 

 

 

翌々日に登るモッチョム岳の全景を移動途中カメラに収めました。登っているとどんな形の山なのかが解りにくいものです。

P1010168

 

 

 

 

 

島の西部に位置する大川の滝(タイコノタキ)も訪れました。滝壺近くまで行くことができます。マイナスイオンをたっぷりと浴び、爽やかな気持ちにさせてくれます。

P1010182

 

 

 

 

 

夕食までのひと時、安房川周辺を散歩していると川でカヌーを漕いでいる人たちの姿が逆光のなか綺麗だったので思わずシャッターを切りました。我ながらなかなかgood!

P1010111

 

 

 

 

 

2日目は愛子岳に登りました。夜明け前から入山しました。

P1010113

 

 

 

 

 

森の中で迎える朝は本当に気持ちの良いものです。

P1010119

 

 

 

 

 

 

 

山頂直下になるとロープがフィクスしてある場所が連続してきますが比較的やさしい岩なので三点確保を基本に登ると問題ありません。(但し、岩が濡れている場合は要注意です)

P1010125

 

 

 

 

 

山頂はもう直ぐ先、振り返ると高度感があり天気が良い日は最高の展望です。

P1010127

 

 

 

 

 

登り始めてから約4時間程で山頂に到着。360度のパノラマが広がっていました。

ずっと奥に見えている山は屋久島の最高峰、宮之浦岳です。周辺の永田岳、翁岳、太忠岳などの山々も綺麗に見えましたよ!

下山は往路をひたすら下るのみです。

P1010141

 

 

 

 

 

とまりの木周辺より愛子岳山頂が綺麗に見えます。

P1010156

 

 

 

 

 

 

 

愛子岳登山口の標識のところにはルートが綺麗なイラストで描かれています。

 

3日目の最終日となりました。本日はモッチョム岳を登って帰路につきます。

登山口は千尋滝展望台の少し手前の標識より入山します。こちらも愛子岳同様、ひたすら登りが山頂まで続きます。

P1010194

 

 

 

 

 

登りはじめて約3時間程でようやく山頂を確認出来る展望稜線に到着。自分達がいる場所より低い位置に山頂が見えます。モッチョム岳は稜線より低い位置に山頂があるのです。

せっかく登ったにもかかわらず、標高差50m程急な坂を下り、また50m程登り返してようやく山頂に到着します。

P1010201P1010202

 

 

 

 

 

 

 

山頂直下のロープ場、これを登らないと山頂に立つことは出来ません?山頂からは眼下に尾之間の集落とその先に海が綺麗に見えます。後方に視点を移すと耳岳1202mへと続く稜線が続いています。

P1010213

 

 

 

 

 

 

 

下山はあれ?さっきと違うところを下る?モッチョム岳山頂へは巻道を利用して傾斜のなだらかな方からも登ることが出来るのです。

P1010218

 

 

 

 

 

展望稜線まで戻り、山頂付近を見ると他の登山者が山頂にいるのが確認できました。人がいると山頂の岩の大きさもわかりやすいですね。

P1010220P1010221

 

 

 

 

 

 

 

往復約5時間程で下山しました。登山口には愛子岳同様、綺麗なイラストマップが貼ってあります。

P1010222

 

 

 

 

 

山が終わると今度はお腹の虫がさわぎ出します。人間とは自然に触れると本能の赴くまま気の向くままになるのです!安房港近くの定食屋さんでうどん定食を食べました。これがまたダシが効いててたまらん!思わず まいう~と言いたくなるのは私だけでしょうか?

P1010224P1010248

 

 

 

 

 

帰りも往路同様、ジェットフォイルで鹿児島本港まで戻ります。夕日を浴び、シルエットとなった開門岳を船の中から眺めつつ、ああ今回も楽しい旅だったな~と思いつつ心地よい疲れの中、ウトウトとしていました。 次は9月に再度、屋久島を訪ねる予定です! 島の旅は良いものですよ byヒデ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です