ツクモグサ咲く八ヶ岳縦走

ツクモグサ咲く八ヶ岳縦走

6月10日(火)~12日(木)の日程で八ヶ岳に行って来ました!

今回のコースは桜平登山口より入山、硫黄岳~横岳~文三郎尾根~南沢~美濃戸口へ下山するルートでした。

1日目の行程は桜平登山口よりシラビソの森を谷沿いに詰めていきオ―レン小屋にて宿泊しました。

桜平登山口ゲート

桜平登山口ゲート

ゲートより入山し、約20分程は歩きやすい林道が続きます

ゲートより入山し、約20分程は歩きやすい林道が続きます

歩き始めて15分程の林の中にイチヨウランを発見!

歩き始めて15分程の林の中にイチヨウランを発見!

イチヨウランのズームアップ画像

イチヨウランのズームアップ画像

キバナノコマノツメも咲いていました

キバナノコマノツメも咲いていました

夏沢鉱泉前を通過、これより先は本格的な山道となります

夏沢鉱泉前を通過、これより先は本格的な山道となります

シラビソの林の中を徐々に上って行きます。

シラビソの林の中を徐々に上って行きます。

可愛らしいヒメイチゲ

可愛らしいヒメイチゲ

ヒメイチゲ

ヒメイチゲ

登山口より歩くこと約1時間30分程でオ―レン小屋に到着。上部に見えている山は硫黄岳へと続く稜線です

登山口より歩くこと約1時間30分程でオ―レン小屋に到着。上部に見えている山は硫黄岳の稜線です

オ―レン小屋の玄関です

オ―レン小屋の玄関です

小屋の前でジャンケン?何を競っているのでしょう・・・

小屋の前でジャンケン?何を競っているのでしょう・・・

その答えはコレ、八ヶ岳の開山記念60周年手ぬぐいの自分が欲しい色を選ぶためのジャンケンでした!

その答えはコレ、八ヶ岳の開山記念60周年手ぬぐいの自分が欲しい色を選ぶためのジャンケンでした!

夕食までのひと時はやっぱり呑みニュケイション、でしょう!

夕食までのひと時はやっぱり呑みニュケイション、でしょう!

オ―レン小屋の周辺には小屋の名前にもなっているオ―レンが咲いています。今回写しているのはウスギオウレンです

オ―レン小屋の周辺には小屋の名前にもなっているオ―レンが咲いています。今回写しているのはウスギオウレンです

ウスギオウレン

ウスギオウレン

オ―レン小屋受付

オ―レン小屋受付

談話室?暖話室?

談話室?暖話室?

夕食は馬肉のすき焼き風しゃぶしゃぶでした。なかなかの美味

夕食は馬肉のすき焼き風しゃぶしゃぶでした。なかなかの美味

美味しい鍋を前にやっぱり呑むなら今でしょ!

美味しい鍋を前にやっぱり呑むなら今でしょ!

こっちの鍋も美味しいよ~

こっちの鍋も美味しいよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目はオ―レン小屋~夏沢峠~硫黄岳~横岳~赤岳山頂というコースを歩きました。午後から天気が崩れるとの予報があり、参加者の方々は横岳の岩場を通る不安とツクモグサの花に出会える楽しみとで複雑な心境ではなかったかと思います。

オ―レン小屋を出発してから約25分程で夏沢峠に到着、これから登る硫黄岳の急登を前に気を引き締め出発!

オ―レン小屋を出発してから約25分程で夏沢峠に到着、これから登る硫黄岳の急登を前に気を引き締め出発!

コメバツガザクラ

コメバツガザクラ

急登で振り返ると根石岳の奥に天狗岳が顔を出しています

急登で振り返ると根石岳の奥に天狗岳が顔を出しています

硫黄岳の火口壁が荒々しい姿を見せています

硫黄岳の火口壁が荒々しい姿を見せています

小屋を出発してから約1時間半で硫黄岳山頂に到着。

小屋を出発してから約1時間半で硫黄岳山頂に到着。

硫黄岳山頂からこれから向かう山々を見渡す事が出来ました。左から横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳

硫黄岳山頂からこれから向かう山々を見渡す事が出来ました。左から横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳

横岳と赤岳のズームアップ画像

横岳と赤岳のズームアップ画像

稜線には色々な高山植物が咲き始めていました。ピントが甘いですがミネズオウ

稜線には色々な高山植物が咲き始めていました。ピントが甘いですがミネズオウ

オヤマノエンドウ

オヤマノエンドウ

キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲのズームアップ画像

キバナシャクナゲのズームアップ画像

横岳が近くなってくるとツクモグサが出てきました。天気がイマイチなので花はあまり開いていません

横岳が近くなってくるとツクモグサが出てきました。天気がイマイチなので花はあまり開いていません

いよいよ岩場の連続する横岳に突入します。

いよいよ岩場の連続する横岳に突入します。

061結果062結果063結果064結果065結果

横岳山頂に到着、岩場は地蔵の頭手前までまだまだ続きます

横岳山頂に到着、岩場は地蔵の頭手前までまだまだ続きます

目指す赤岳もガスの中に見えています

目指す赤岳もガスの中に見えています

短いクサリ、ハシゴが連続します。慎重に通過

短いクサリ、ハシゴが連続します。慎重に通過

069結果071結果

イワウメ

イワウメ

オヤマノエンドウ

オヤマノエンドウ

コイワカガミ

コイワカガミ

険しい岩場の間にホッと一息つける場所もあります

険しい岩場の間にもホッと一息つける場所もあります

なんと可愛らしい花でしょう!その名はツクモグサ

なんと可愛らしい花でしょう!その名はツクモグサ

八ヶ岳ではこの横岳付近がもっとも多く群生していると言われています

八ヶ岳では横岳付近がもっとも多く群生していると言われています

081結果082結果083結果086結果088結果090結果091結果

オヤマノエンドウとチョウノスケソウ

オヤマノエンドウとチョウノスケソウ

チョウノスケソウ

チョウノスケソウ

097結果098結果099結果100結果

地蔵の頭

地蔵の頭

赤岳案内標識

赤岳案内標識

赤岳山頂/赤岳神社上宮

赤岳山頂/赤岳神社上宮

赤岳頂上標識

赤岳頂上標識

本日の宿、赤岳頂上山荘に到着。何とかたいした雨に会うことなく到着出来ました!

本日の宿、赤岳頂上山荘に到着。何とかたいした雨に会うことなく到着出来ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は赤岳山頂を経由し文三郎尾根~行者小屋~南沢~美濃戸~美濃戸口へと一気に下山します。

出発時は残念ながら霧雨と強い風の中出発しましたが、西側の壁に入ったとたんピタリと止みひと安心。岩場を慎重に下りました

114結果115結果116結果117結果

赤岳頂上山荘を出発してから約1時間40分程で行者小屋へ到着、これから先は南沢沿いに樹林帯を下ります

赤岳頂上山荘を出発してから約1時間40分程で行者小屋へ到着、これから先は南沢沿いに樹林帯を下ります

色の濃いコイワカガミが咲いていました

色の濃いコイワカガミが咲いていました

キバナノコマノツメ、再登場

キバナノコマノツメ、再登場

ホウライタケ科のキノコかな?

ホウライタケ科のキノコかな?

谷沿いの山の斜面は新緑一色

谷沿いの山の斜面は新緑一色

ツバメオモト

ツバメオモト

今回、ツクモグサと共に期待していたホテイラン

今回、ツクモグサと共に期待していたホテイラン

128結果129結果

雨に濡れてうつむいて咲いている姿が健気ですね

雨に濡れてうつむいて咲いている姿が健気ですね

美濃戸山荘が近くなった頃から陽が差してきました

美濃戸山荘が近くなった頃から陽が差してきました

美濃戸山荘前の南沢ルート取りつきの標識

美濃戸山荘前の南沢ルート取りつきの標識

美濃戸口手前の林道脇にベニバナイチヤクソウが咲いていました

美濃戸口手前の林道脇にベニバナイチヤクソウが咲いていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美濃戸口に到着後、近くの樅の木荘で汗を流してから帰路へとつきました。お疲れ様でした!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です