ミヤマキリシマの霧島連山

ミヤマキリシマの霧島連山

4月25日(土)~26日(日)で霧島の韓国岳と高千穂峰に登って来ました!

P1010816

 

 

 

 

 

P1010817

 

 

 

 

 

ノカイドウ自生地横の大浪池登山口より入山。新緑の森の中を大浪池避難小屋方面に向け歩きます。

P1010818

 

 

 

 

 

P1010829

 

 

 

 

 

 

 

登山口より約1時間程で避難小屋手前の分岐に到着。この分岐からは韓国岳の山頂へ向けひたすら急な階段を一歩ずつ登ります。

急登を30分も登ると視界が開けてきます。後ろを斑入り帰るとミヤマキリシマ越しに大浪池を望むことが出来ます。

P1010837

 

 

 

 

 

 

 

韓国岳山頂までもう少し、真っ青な空へと天国への階段を登ります。

P1010841

 

 

 

 

 

歩き出しから約2時間15分程で韓国岳(1700m)に到着。

山頂には老若男女景色を楽しむハイカーがうじゅじゃ!

山頂からは360度のパノラマが、でもPM何てろの影響か、遠方は霞んで確認出来ず。

P1010844

 

 

 

 

 

P1010852

山頂から覗いた韓国岳の火口。最近良く目撃されるようになりましたアサギマダラです。

この蝶を見るともうすぐ夏だな~と感じるのは私だけでしょうか?

P1010857

 

 

 

 

 

 

 

P1010866

 

 

 

 

 

韓国岳の登りは皆ヒーヒー言いながら登ったのに下りは早いものです。

アッという間に硫黄山のところまで下って来ました。

台形の山は硫黄山から見た甑岳です。硫黄山付近のツツジはちょうど満開を迎えていました。

P1010874

 

 

 

 

 

今夜の夕食は黒豚しゃぶしゃぶだよ~ん!もちろん明日への活力、ビールも飲むぞー(^O^)

 

行程2日目は高千穂河原駐車場を出発。天気はどんより曇っています(>_<)

P1010876

 

 

 

 

 

高千穂河原登山口の大鳥居です。

P1010877

 

 

 

 

 

祭壇の横に正式な登山道入口があります。

 

P1010878

 

 

 

 

 

 

 

15分程で樹林帯を抜けるといきなり火口斜面の急登が始まります。

P1010887

 

 

 

 

 

P1010904

 

 

 

 

 

火口縁まで登ってくると山の斜面と火口の縁にびっしり咲いているミヤマキリシマ

の大群落を見ることが出来、登りの疲れも何のその忙しくシャッターを切っていました。

火口周辺のミヤマキリシマは満開を迎えていました。

 

P1010890

 

 

 

 

 

馬ノ背付近はかなり風が強く、注意深く風を読みながら慎重に通過。

P1010893

 

 

 

 

 

登山開始から約2時間20分程で山頂に到着。

天候が悪いこともあり寂しい山頂でした。もちろん展望はきかずでした!

P1010897

 

 

 

 

 

P1010895

 

 

 

 

 

下山を開始する頃から急速に天候が回復してきて青空が顔を出してきました。

登りは水前寺清子の歌のごとく3歩進んで2歩下がるといった登りにくい道ですが、

下りは富士山の砂走りヨロシクでザックザックとリズム良く下ります。

P1010907

 

 

 

 

 

P1010906

 

 

 

 

 

下りは自然研究路方面へと下り、途中の東屋にてランチタイムをとりました。

東屋の付近からはミヤマキリシマでピンクに彩られたお鉢周辺の景色を楽しむことが出来ました。

P1010908

 

 

 

 

 

自然研究路の東屋付近に咲いていたミヤマキリシマです。

 

P1010912

 

 

 

 

 

P1010913

 

 

 

 

 

下山後は知る人ぞ知る、霧島の秘湯(日本の秘湯番付、西の大関/新湯温泉)へ。

P1010915

 

 

 

 

 

 

 

入浴料500円で内湯と露天風呂(混浴)があります。

霧島を楽しむなら湯っ~たり一泊二日の行程がおススメですよ!

次回は雲仙からヤマボウシの山をご紹介しね!   byヒデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です