播磨アルプス 高御位山から桶居山縦走

播磨アルプス 高御位山から桶居山縦走

6月1日(水)~3(金) 兵庫県の高砂市と姫路市の境にある播磨アルプスと呼ばれている人気の高いエリアを歩いて来ました!

今回のコースは成井登山口から入山、播磨富士と呼ばれている高御位山(たかみくらやま)300mを経て桶居山(248m)まで縦走しました。

歩き始めてすぐにササユリがお出迎え、登山道をそれて通称けもの道と呼ばれている高御位山へと続く直登コースに入り込むとこちらも道沿いにササユリが点々と咲いていて登山所を楽しませてくれます。他にもオカトラノオ・ツツジ・イシモチソウなどが縦走路で見ることが出来ました。

変化に富んだコースで標高は低いが尖った山が連なりアルペン的な景観が素晴らしく、播磨アルプスの呼び名も頷けます。

山麓から小高御位山(左)と高御位山(右)を望む

山麓から小高御位山(左)と高御位山(右)を望む

成井登山口駐車場

成井登山口駐車場

成井高御位神社

成井高御位神社入口

ササユリがお出迎え

ササユリがお出迎え

歩き始めて15分程で展望が広がってきます

歩き始めて15分程で展望が広がってきます

ササユリの保護地にて

ササユリの保護地にて

スラブ状の登山道を登って行きます

スラブ状の登山道を登って行きます

3人娘?

ササユリ3人娘

ひとつの株から沢山のササユリが咲き誇っています

ひとつの株から沢山のササユリが咲き誇っています

オカトラノオ

オカトラノオ

山頂までもうすぐ

山頂までもうすぐ

登り出してから35分程で高御位山に到着

登り出してから35分程で高御位山に到着

山頂付近の岩場には先着の登山者がお弁当を広げていました

山頂付近の岩場には先着の登山者がお弁当を広げていました

山頂からは六甲山、明石大橋、小豆島、四国の山並みなど素晴らしい展望が広がっています

山頂からは六甲山、明石大橋、小豆島、四国の山並みなど素晴らしい展望が広がっています

播磨アルプスの縦走路が続いています

播磨アルプスの縦走路が続いています

展望の良い縦走路が続きます

展望の良い縦走路が続きます

形の良い鷹ノ巣山東峰(右)と鷹ノ巣山(左)の双児峰

形の良い鷹ノ巣山東峰(右)と鷹ノ巣山(左)の双児峰

桶居山へと続く縦走路、先はまだ長いよ~

桶居山へと続く縦走路、先はまだ長いよ~

ようやく桶居山が見えてきました。最後の急登!桶居山(248m)を越え15分程歩いた小ピークから南側の岩陵帯の急な下りを25分程で無事下山。

ようやく桶居山が見えてきました。最後の急登!桶居山(248m)を越え15分程歩いた小ピークから南側の岩陵帯の急な下りを25分程で無事下山。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です