五竜岳から鹿島槍ヶ岳縦走

五竜岳から鹿島槍ヶ岳縦走

8月20日(土)~23日(火) 北アルプスの五竜岳から鹿島槍ヶ岳を縦走してきました!

台風の進路を気にしながらの出発でしたが、台風は北寄りの進路を進んだため直接の被害が無く縦走することが出来ました。

初日は白馬村に宿泊。

2日目は五竜岳に登るため、遠見山麓駅をゴンドラ&リフト利用で地蔵の頭直下まで一気に標高を稼ぎ、その後は小遠見山、中遠見山、大遠見山、西遠見山、白岳を経由して五竜山荘に到着。14時半頃に小屋にチェックインしたので雨には遭わずにすみました。

3日目は出発前から雨が降ったり止んだりの天気で出発時は霧雨だった為、レインウェアを着てスタートしましたが30分もすると雨もやみ急速に視界が開けてきました。

しかし前夜からの降雨で岩が少し濡れていたので注意して歩きます。午後になるまではひどい雨は降らないと予測して出発、見事的中でニンマリ(*^^)v

五竜岳より先、鹿島槍ヶ岳南峰までは岩場、鎖場、ハシゴが連続するため気が抜けません。キレット小屋に到着して暖かい食べ物が良いためカップラーメンをすすり、気を引き締めてキレット核心も難なく通過。鹿島槍ヶ岳の北峰に登頂。~南峰山頂直下に差し掛かる頃から小雨が降り出しましたが危険個所を無事通過したことにホットする。あとは布引山を越えて冷池小屋まで稜線を注意しながら歩き、雨足がひどくなる前に小屋に無事到着しました。

4日目は朝から小雨が降るなか出発。下山は赤岩尾根を利用、急な尾根で部分的に短いハシゴ&鎖場が出てきますが約3時間で西俣出合に到着。出合に着くころには雨も完全に止み、その後は大谷原の駐車場まで約1時間の林道歩きで無事終了。登山の汗を大町温泉郷の薬師の湯で流し帰路につきました。

白馬五竜エスカルプラザ

白馬五竜エスカルプラザ

とおみ駅とゴンドラケーブル

とおみ駅とゴンドラケーブル

ゴンドラで高度を稼ぎます

ゴンドラで高度を稼ぎます

アルプス平駅

アルプス平駅

地蔵の頭(1673m)

地蔵の頭(1673m)

早くもナナカマドが色づいてきています

早くもナナカマドが色づいてきています

小遠見山(2007m)

小遠見山(2007m)

中遠見山(2037m)

中遠見山(2037m)

大遠見山(2106m)

大遠見山(2106m)

ミヤマコゴメグサ

ミヤマコゴメグサ

カライトソウ

カライトソウ

白岳山頂(2541m)

白岳山頂(2541m)

トウヤクリンドウ

トウヤクリンドウ

オヤマリンドウ

オヤマリンドウ

五竜山荘に到着

五竜山荘に到着

五竜山荘テント場にコマクサが咲いていました

五竜山荘テント場にコマクサが咲いていました

朝、出発して間もなく雨も止みました

朝、出発して間もなく雨も止みました

五竜山荘と北には大黒岳、唐松岳が顔を出しています

五竜山荘と北には大黒岳、唐松岳が顔を出しています

目指す鹿島槍ヶ岳の双児峰も見えています

目指す鹿島槍ヶ岳の双児峰も見えています

遠くに白馬岳のピークも見えています

遠くに白馬岳のピークも見えています

槍ヶ岳には朝陽があたっています

槍ヶ岳には朝陽があたっています

立山連峰の山々も見えています

立山連峰の山々も見えています

五竜岳山頂まであと少し

五竜岳山頂まであと少し

山荘から約1時間ほどで五竜岳(2814m)に到着

山荘から約1時間ほどで五竜岳(2814m)に到着

鹿島槍ヶ岳にも陽があたってきました!

鹿島槍ヶ岳にも陽があたってきました!

虹が出現して幻想的な景色が・・・

虹が出現して幻想的な景色が・・・

剱岳をズームアップ

剱岳をズームアップ

連続する岩場を慎重に通過します

連続する岩場を慎重に通過します

振り返ると北尾根ノ頭とその奥に五竜岳

振り返ると北尾根ノ頭とその奥に五竜岳

キレット小屋と鹿島槍ヶ岳北峰

キレット小屋と鹿島槍ヶ岳北峰

八峰キレット核心部

八峰キレット核心部

核心部②

核心部②

ハシゴ場

ハシゴ場

切れと~奥に剱岳

切れと~奥に剱岳

あっと峰いう間に鹿島槍ヶ岳北(2842m)

あっと峰いう間に鹿島槍ヶ岳北(2842m)

吊り尾根の先に南峰

吊り尾根の先に南峰

吊り尾根に咲いていたミネウスユキソウ

吊り尾根に咲いていたミネウスユキソウ

鹿島槍ヶ岳南峰(2889m)雨が降って来た!

鹿島槍ヶ岳南峰(2889m)雨が降って来た!

最終日、ガレた赤岩尾根を慎重に下ります

最終日、ガレた赤岩尾根を慎重に下ります

大谷原(大谷原橋)に無事到着、お疲れさまでした!

大谷原(大谷原橋)に無事到着、お疲れさまでした!

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です