槍ヶ岳登頂4日間

槍ヶ岳登頂4日間

8月3日(土)~6日(火)の4日間で槍ヶ岳に行って来ました。

初日、平湯温泉にてシャトルバスに乗り換え、上高地バスセンターに到着。

ストレッチをした後、出発。本日の行程は徳沢までの約2時間の歩きです。

河童橋から岳沢、穂高を望む

河童橋から岳沢、穂高を望む

梓川越しに明神岳

梓川越しに明神岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳沢までは樹林帯の歩きやすい道が続きます。

徳沢までは樹林帯の歩きやすい道が続きます。

センジュガンピ

センジュガンピ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元同僚の中祖夫妻。今回は徳沢までキャンプに来たそうです

中祖夫妻。今回は徳沢までキャンプに来たそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梓川沿いの景観が広がります。

梓川沿いの景観が広がります。

今晩の宿、徳沢ロッジ

今晩の宿、徳沢ロッジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は徳沢から穂高岳山荘まで登ります。

ヤマホタルブクロ

ヤマホタルブクロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横尾山荘

横尾山荘

横尾山荘前から見た屏風岩方面

横尾山荘前から見た屏風岩方面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ

槍沢に沿って標高を上げて行きます。

槍沢に沿って標高を上げて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横尾山荘から約2時間程で槍沢ロッジに到着。一休み

横尾山荘から約2時間程で槍沢ロッジに到着。一休み

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバギボウシ

オオバギボウシ

イワオトギリ

イワオトギリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

槍沢キャンプ場付近からは沢幅が広くなり傾斜も段々きつくなります。

槍沢キャンプ場付近からは沢幅が広くなり傾斜も段々きつくなります。

P1000924結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南岳から派生しる横尾尾根の斜面には幾筋もの滝が流れていました。

南岳から派生しる横尾尾根の斜面には幾筋もの滝が流れていました。

P1000925結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオヒョウタンボク

オオヒョウタンボク

クルマユリ

クルマユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

槍沢沿いには短い雪渓が数箇所まだ少し残っていました。

槍沢沿いには短い雪渓が数箇所まだ少し残っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000936結果

ニッコウキスゲの群落

ニッコウキスゲの群落

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだん薄日がさしてきました。

だんだん薄日がさしてきました。

雪渓

雪渓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカラマツ

ミヤマカラマツ

オオバキスミレ

オオバキスミレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シナノキンバイ

シナノキンバイ

P1000948結果

 

 

 

 

 

 

 

 

コバイケイソウと山

コバイケイソウと山

P1000955結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はコバイケイソウの当たり年だそうです。

今年はコバイケイソウの当たり年だそうです。

登ってきた槍沢を振り返ります。左側の山は赤沢山です

登ってきた槍沢を振り返ります。左側の山は赤沢山です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見えている山は左が西岳、右側は赤沢岳です。

見えている山は左が西岳、右側は赤沢岳です。

P1000962結果

 

 

 

 

 

 

 

 

天を突く鋭鋒、槍ヶ岳(参加者撮影)私はこの後、ハプニングがあり一旦、槍沢ロッジまで下山することになり画像がありません。ゴメンなさい!

天を突く鋭鋒、槍ヶ岳(参加者撮影)私はこの後、ハプニングがあり一旦、槍沢ロッジまで下山することになり画像がありません。ゴメンなさい!

 

 

 

 

 

 

 

 

私が登り返し、槍ヶ岳山荘へ到着したのは19:40分頃でした。(勿論、参加者は夕方には山荘に到着しています)

この日は夕方より山頂付近は濃いガスに覆われ、深夜には雨が降っていまいた。

翌朝も岩場が濡れているのと、天気も霧雨が降っていた為、安全第一で登頂を断念しました。

3日目の行程は西側に位置する槍平小屋まで移動予定でしたが、コース変更し、上高地側へ移動して横尾山荘に泊まることにしました。

P1000969結果P1000970結果

 

 

 

 

 

 

 

4日目も朝から天気が悪く、曇り空の下、横尾山荘を後にしました。

P1000971結果P1000976結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上高地ビジターセンターにも立ち寄りました。

上高地ビジターセンターにも立ち寄りました。

梓川の奥に焼岳が顔を出していました。

梓川の奥に焼岳が顔を出していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梓川と河童橋

梓川と河童橋

穂高の山並み

穂高の山並み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山後は平湯温泉の平湯の森で山の汗を流しサッパリしました。

下山後は平湯温泉の平湯の森で山の汗を流しサッパリしました。

中部空港にてフライト待ちの間、展望デッキより夕陽を眺めました。

中部空港にてフライト待ちの間、展望デッキより夕陽を眺めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の夏はとにかく山の天候が安定しないのが特徴です。年々地球規模での異常気象が報道されています。

人間の力とは大自然の猛威の前になすすべもありません。もっと自然の大切さ、敬愛の念を抱きながら共存していかなければいけないのかな~と考える今日この頃です。

byヒデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です