ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

紅葉の東西カナダ 東カナダ編

5日目はトロントからアルゴンキンパークへと移動。ハンツビルのルックアウトトレイルでは約1時間半ほどのハイキングを楽しみました。その後、モントリオール市街地で車窓観光。(モントリオール国会議事堂、市庁舎、博物館、ノートルダム教会など)~ローレンシャン高原に位置するモン・トランブランへと移動(宿泊)6日目はモン・トランブラン山へ、リフト、ゴンドラを乗り継ぎ山頂駅へ移動~徒歩で山頂に到着。山頂にある展望台からは360度の大パノラマを堪能。下界に広がる雲海も見事でした!当初の予定では徒歩にて山麓まで下山予定でしたが移動時間に余裕をもたせるためゴンドラで下山することにしました。下山後はオタワ市街地で渋滞にあいつつ、夜遅くにナイアガラフォールズのホテルに到着。近くのレストランで遅めの夕食を済ませてからナイアガラのライトアップ&花火を見学しました。最終日は早朝にアメリカ滝、ナイアガラの滝鑑賞&散策をしてから車でトロント空港まで移動。帰国の途につきました!今回は移動距離が長く、大変でしたが今回もお天気に恵まれ楽しい旅となりました!参加された皆さん、お疲れさまでした♪ちなみに旅行期間は9/22~9/29の8日間でした。

アルゴンキンパークの道、紅葉は始まりといった感じです。
パークの管理事務所
アルゴンキンパーク 看板
ハンツビル ルックアウトレイル標識
展望岩、バックの森が紅葉の最盛期には赤く染まります
オタワ 国会議事堂
オタワ市街地は慢性的に渋滞が発生しています
ノートルダム教会?
観光用の水陸両用車が運行しています
夕食の一例
最終日の朝、ナイアガラの朝陽
ナイアガラの滝 落ち口
大迫力でした!
川に沿った遊歩道を散歩
ナイアガラの滝 全景 滝幅260m 高さは約57m
アメリカ滝 滝の幅260m、高さは滝の上から降り積もった岩石まで21m~34m
観光用クルーズ船
手前がアメリカ滝、奥がナイアガラの滝
ナイアガラの滝はエリー湖からオンタリオ湖へと流れており、アメリカとカナダの国境にもなっています
今回の旅でお世話になった航空会社はエアーカナダさんでした!

紅葉の東西カナダ カナディアンロッキー編

初日は成田空港から空路にてバンクーバー経由カルガリー空港へ、到着後車でバンフへと移動。ホテルにチェックインする前にボウ滝を見学。

2日目は早朝の散歩中にミュールディア(野生ジカ)を発見。人なれしているのか逃げません!ホテルで朝食を済ませてから出発。レイクルイーズへと移動途中、モレ―ン・レイクにて美しいシルキーブルーの湖とテン・ピークスの山並みを見ながらラーチ・バレーハイキング。カラマツの黄葉が見事でした!約2時間半ほどハイキングを楽しんでから再び車で移動。レイク・ルイーズ見学~レイクルイーズに夕方近くに到着、町の近くでエルク(野生ジカ)に遭遇。他の観光客たちも盛んにシャッターを切っていました。

3日目は早朝ホテルを出発し、ジャスパーの町へ移動途中、ボウ・レイク~アズバスカ大氷河を見学。アサバスカ大氷河では見学してから近くにあるインフォメーションセンターでランチを終えて出発する際、吹雪となり天気の目まぐるし変化に驚きました。ジャスパーのホテルにチェックインする前に町の近くにあるサンワプタ滝、アサバスカ滝、マリーン・キャニオンで散策を楽しみました。

4日目は移動日で、ホテルを出発して約5時間程かけてエドモントン空港へ向かいました。エドモントン空港からトロント空港まで国内線にて移動、トロント空港に到着したのは夜9時半頃でそのまま空港に隣接しているホテルにチェックインしました。

ボウ滝
奥に見えているのはロッキー山脈
バンフの黄葉
バンフの街並み
柔らかく美味しいアルバータ牛のステーキ
ミュール・ディア(野生ジカ)
カササギ(カチガラス)の仲間
モレ―ン・レイクとテン・ピークスの山並み
ラーチ・バレーハイキング
モレ―ン・レイクとテン・ピークス
湖をバックに記念撮影!
エリザベス女王ゆかりのホテル
スーパーでアルコールの買い出し!
レイク・ルイーズのロッジ
ロッジのスパ
朝日を浴びた山、ロッジのテラスより撮影
ボウ・レイクにて
車窓より撮影
峠から車で通過してきたU字谷を振り返る
アサバスカ大氷河に到着
コロンビア大氷原は世界的にも珍しい分水嶺になっています
パチリ(パクリ?)
サンワプタ滝を散策
水によって削られた渓谷
アサバスカ滝を散策
近くの森からエルクが出てきました、オスのエルク、デカい!
カメラ目線、いただきました!
静かでいいジャスパーの町
マリーン・キャニオンを散策
マリーン・キャニオンは2億数千年前は海底だった場所で、歩道の石畳にはアンモナイトなどの貝の化石を見る事が出来ました
4日目は移動日で昼前にはエドモントン空港に到着
エドモントン空港、13時50分発のフライトでトロント空港へと向かいました

九州百名山 積岩山

9月12日(木)九州脊梁山地の積岩山(1414m)を歩いて来ました。

午後からは雨の予報になっていましたが、運よくはずれ夕方四時に下山するまで雨に降られることなく歩くことが出来ました!標高差こそあまりありませんが山頂に至るまで四つのピークを越えなければなりません。今回はあいにくの天候で稜線からは市房山や上福根山などの展望を楽しむことはできませんでした。下山するや否や雨粒が落ちだし本降りの雨となりました、ラッキー!!

※しゃくなげ越からの登山コースは雨続きで最近あまり人が歩いていないのかルート上ではアセビが生い茂り倒木も多くルートが不明慮になっています。個人で歩かれる方はご注意ください!

フェリーで行く御嶽山

9月7日(土)~10日(火)木曽の御嶽山に登って来ました!

初日は夕方に新門司港からフェリーで大に阪南港へ向け出港。2日目は高速道路を走り、御嶽山山麓の三岳村に宿泊して3日目は早朝5時半に黒沢口(中の湯)六合目より登山開始。整備された登山道を順調に登って行き、3時間45分程で山頂に到着しました。前日深夜の台風の影響が残っており、九合目より上部はガスが少しかかっており遠くの展望を見る事は出来ませんでしたが時よりガスの切れ間から山頂周辺の景観を確認することが出来ました。平成25年の噴火から三年を経過しましたが山頂直下にある頂上山荘などは被災の状況をまだ色濃く残しておりました。山頂の祭壇などは復旧されており、被害に遭われた多くの方々のご冥福をお、祈りいたしました。下山しだすと段々と天候が回復し中央アルプスや八ヶ岳、南アルプスの山々も確認することが出来ました。全行程約7時間程で無事下山、帰路へとつきました!

御嶽山登山をする方には安全確保の観点からヘルメットの携行ならびに着用をお薦め致します。特に八合目より上部!

山頂直下に設営されている避難用シェルター
頂上山荘、被災当時の状況がまだ残っていました
再建された社務所と祭壇
無事に黒沢口六合目登山口へと下山しました。

東北アルプス 飯豊山登頂

8月31日(土)~9月3日(火)山形県、新潟県、福島県の三県に跨る飯豊連峰の主峰 飯豊山(2105m)に山形県側の大日杉登山口から入山。地蔵岳を経由して登頂、下山も同じルートで下山しました!初日は移動日で川西ダリヤ園で見頃を迎えたいろんな種類のダリヤを鑑賞してから山麓にある白川温泉で宿泊。22日目は大日杉登山口を出発して長い長い登りを切合小屋まで登って終了の予定でしたが、夕方以降、雨の予報だったので翌朝に登る予定だった飯豊山2日目に登ってしまうよう変更しました。その結果、行動時間は約11時間と長くなりいい汗をかきました!夕方6時頃からは雨粒が落ちだし、深夜には風雨が強くなってきました。3日目は切合小屋から大日杉登山口まで下山するだけとなり、小雨の降るなか下山開始しましたが約1時間程で雨もやみ、順調に高度を下げて行き、11時頃には無事下山。早めに宿に入り温泉&beerで乾杯しました(#^^#)

最終日の4日目は福島県の喜多方市にある新宮熊野神社を見学、喜多方町で喜多方ラーメンの試食~猪苗代湖近くの定食屋さんで美味しいランチを食べて帰路へとつきました。今回も本降りの雨の中を歩くことなく無事山旅が終了し、感謝、感謝!!

大日杉登山口/地蔵岳登山道入口
樹林帯の中に20m程の長い鎖場がありますが三点支持を確実に行えば足場はしっかりあります
登山口の名前の由来にもなった大日杉、風格があります
ブナの種子
センジュガンピ
地蔵岳山頂の標識
地蔵岳の標識の先にある展望台から飯豊山山頂を望む
ハクサンシャジン
ミヤマコゴメグサ
ウメバチソウ
タカネマツムシソウ
エゾシオガマ
イワイチョウ
イワショウブ
オヤマリンドウ
ヨツバシオガマ
ウサギギク
コバイケイソウ
今回宿泊させて頂いた切合小屋
切合小屋を出て山頂を目指します
タカネトリカブト
ハクサンフウロ
御秘所先の岩場
右側はスッパリ切れており高度感があります
山頂まであと少し
ホソバヒナウスユキソウ?
飯豊本山小屋
山頂まであと何歩?
飯豊山山頂(2105m)に到着、残念ながらガスっています
ウラシマツツジの紅葉が始まっています
イイデリンドウ、残念ながら恥ずかしがりやさん!
ナナカマドが色づき始めました
無事下山しました!
新宮熊野神社入口
長床(拝殿)
熊野三社
銅鐘 いい音色でした
木造文殊菩薩騎獅像
美味しいランチ①
ランチ②