ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

京都 愛宕山

11月16日(金)~18日(日)京都の愛宕山に登って来ました。

紅葉については多くを語りませんが、予報では曇りとなっていましたが晴天となりラッキーでした!

コースは清滝~表参道~山頂~月輪寺~清滝を約6時間程で周遊しました。下山後は渡月橋、松尾大神にも立ち寄りました。

関西百名山2座登頂

11月1(木)~4日(日)兵庫県と鳥取県の県境に位置する扇ノ山(1310m)・氷ノ山(1510m)に登って来ました!

一座目は扇ノ山で、沢山ある登山口のうちの河合谷登山口をスタート。昨晩降った雨の影響で山中はガスっていて展望はききませんでしたが幻想的なブナの森を堪能することが出来ました。往復約3時間程の行程でした。

二座目は氷ノ山で福定親水公園より入山、下山は東尾根コースを利用しました。山頂からは360度のパノラマを楽しむことが出来ました。伯耆大山や日本海まで見渡すことが出来、感激しました。山中の紅葉も中腹は見頃で落ち葉を踏みながらの紅葉狩りは最高! 行動時間は約6時間半でした。

大戸尾根から登る根子岳

10月26日(土)熊本県の根子岳/東峰を大戸尾根から登って来ました!

心配した雨にも遭わず綺麗な紅葉と展望を楽しむことが出来ました。

下山後は月廻り温泉でほっこりしてから帰路へとつきました(*^^)v

黒部峡谷 下ノ廊下

10月18日(木)~21日(日)黒部峡谷の下ノ廊下を歩いて来ました!

1年のうち数ヶ月しか通行することが出来ないと言われている下ノ廊下を紅葉の季節に歩いて来ました。

今年は高温の日が続き、毎週台風が到来するという異常気象だった事もあり紅葉が心配でしたが峡谷では台風の影響も比較的少なく素晴らしい紅葉を愛でることが出来ました。

初日18日は移動日で、19日より入山。長野県側の扇沢駅より今年の11月で終了となるトローリーバスに乗り黒部ダムまで乗車。黒部ダム堰堤からは立山/雄山付近を望むことができ、10月に終了しているはずのダムの放水も見ることが出来ました!

午後2時頃までは素晴らしい晴天の下、歩くことが出来ましたが2時を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなり雷と小雨が降ってきましたが峡谷の水平歩道を歩くので殆ど影響なく歩くことが出来、Luckyでした。17時前には阿曽原温泉小屋に到着。露天風呂で疲れを癒しました。

20日は阿曽原温泉を出発、約4時間半程でトロッコ列車の終点、欅平駅に到着。昼食を済ませた後、本日の宿泊地の祖母谷温泉まで約50分程歩きました。祖母谷温泉は素朴なお宿で基本的には山小屋といった感じですが、お料理も美味しく何度も訪れたくなる宿です。

最終日の21日は再び欅平駅まで戻り、トロッコ列車出発時間まで近くにある猿飛峡まで往復約40分程散策しました。

欅平駅を出発後、通常なら宇奈月温泉駅まで直接向かうところですが今回は途中下車して鐘釣駅で下車、川辺の露天風呂、万年雪を観光してから再度トロッコ列車にて宇奈月温泉駅へと向かいました。峡谷沿では素晴らしい展望を楽しむことが出来、大満足でした。

紅葉の八甲田山・岩木山

9月29日(土)~10月2日(火)紅葉の八甲田山・白神岳・岩木山を登る予定でしたが、今年は台風の影響を受ける山行が多く

今回も初日は移動日で奥入瀬渓流の散策を予定していましたが、翌日以降台風の接近による降雨が予想された為、予定変更。

2日目に予定していた八甲田山を初日に登ることにしました。酸ヶ湯温泉の先にある大駐車場の脇にある登山口より入山、仙人岱分岐を経て八甲田山の最高峰/八甲田大岳(1584m)に登頂。残念ながら山頂付近はガスがかかり展望は得られませんでした。

山頂から大岳ヒュッテ(避難小屋)方向へ少し標高が下がると視界が開けてきて井戸岳、赤倉岳などの稜線を確認することが出来ました。ヒュッテ前で少し休憩をしたのち、暗くなる前に下山するべく先を急ぎました。秋の八甲田山一番の見どころである上毛無岱から下毛無岱へと下る階段からは素晴らしい草紅葉の景色と遠くに岩木山も望むことが出来感激でした!下毛無岱周辺では素晴らしい草紅葉のなか、何度もカメラのシャッターを押しながらも時間との戦いでした。下山口の酸ヶ湯温泉へは明るいうちに下山することが出来ホッとしました。初日宿泊の酸ヶ湯温泉は言わずと知れた名湯で、美味しい夕食に舌鼓をうち今夜もまた酒が進むのでありました。

2日目は予報通りの雨、八甲田雪中行軍遭難の地、蔦温泉の蔦沼、奥入瀬渓流、十和田湖などを観光しながら宿泊地のある黄金崎の不老不死温泉へと向かいました。こちらの波打ち際にある露天風呂が有名な宿です。3日目は白神岳登山の予定でしたが予報で台風通過が早朝から午前中の予報となっていたので安全の為、中止を決定。昼前から雨も止んできたので白神山地の十二湖ハイキングへ出かけましたが、小雨が降ったり止んだりの天候のため青池と沸壺の池だけ巡りました。

3日目は予報では晴れとなっていましたが岩木山周辺はスッキリしない天候で六合目より上部はガスの中、登山口がある八合目では風雨がありましたが、徐々に止んでくると予想し、登山決行。凰鳴ヒュッテ(避難小屋)付近に着く頃には雨もやみ山頂を目指しました。雨はやんでもガスが取れず山頂は真っ白、記念写真を撮り山頂にある避難小屋にて軽食を食べてから下山しました。無事八合目の登山口へと戻ってきた頃、ガスが取れてきて山頂付近を確認することが出来ました。最後は空港へ向かう途中、参加者の方々はリンゴの土産を買い占め、思い出とリンゴでリュックをいっぱいに膨らませ家路へとつきました。(#^^#)