ブログ

信仰の山 蓮華山

1月28日(日)山口県の蓮華山(576m)に登って来ました。

あいにくの曇り空で展望はききませんでしたが静かな山歩きが出来ました!

天候、曇り、行動時間は約3時間半でした。

ハワイ6日の旅

ハワイ6日間の旅、なんだか昭和のクイズ番組の賞品にあったようなタイトルですね!

1月21(日)~26(金)ハワイ島&オアフ島を巡って来ました。

成田空港経由でハワイ島のコナ国際空港?に到着。飛行機を降りるとそこは南国(^^♪ 国際空港と呼ぶにはあまりにも貧素な、いや質素な空港です。到着後、宿泊予定のホテルがあるコナ・コーストへ、到着後すぐに町の中を散策。まずはお腹を満たしその後、海岸沿いのホワイト・サンズ・ビーチ、アフエナ・ヘイアウ(カメハメハ大王が晩年過ごした茅葺きの家)、モクアイカウア教会(ハワイ州最古の教会、内部も自由見学できます)観光しました。ディナーは海沿いのレストランで美味しい料理とビアーで乾杯(#^.^#) 2日目は当初の予定ではキラウエア火口のトレイル&島内観光でしたが、アメリカ連邦議会予算審議の否決により国立公園がクローズされるというハプニングに見舞われました。その代わりにカラパナの溶岩台地の見学をはじめ、ワイピオ展望台、アカカ滝、ヒロの街、ビッグ・アイランド・キャンディ―ズ(クッキー&チョコレート専門店)&植物園観察を楽しみました。

3日目は朝からコナ・コーヒーが栽培されているUCCハワイ・コナ・コーヒー直営農園での見学。(ここでしか入手できない貴重なコーヒーも勿論購入(#^^#))なんとコーヒー農園で説明していただいた女性は大宰府出身とのこと、世界は狭いニャー!

ハワイ島北部にあるカパアウ(カメハメハ大王の生誕地)~マウナケア山の登るために標高2800mにあるオニヅカセンターまで行くも、これより上部は道路凍結による交通規制で入山禁止になってしましました(T_T)オニヅカセンターの敷地内にて夕食のお弁当を食べ下山。(オニヅカセンター傍にて絶滅危惧種のギンケンソウを見ることができました)山の中腹にてサンセット鑑賞してからホテルへ向かう途中、スターウォッチングをしました。

4日目は朝からコナ空港へと向い、国内線にてオアフ島へ移動。オアフ島へ到着後専用車でダイヤモンドヘッドハイキングへと向かいました。気持ちの良い青空の下、片道45分、往復1時間半のハイキングでした。山頂の展望台からは360度の大パノラマとお馴染みのワイキキの街を一望することが出来て感動でした!ハイキング終了後はワイキキのホテルへ直行。チェックイン後、自由散策を楽しみ、夕陽が沈むころワイキキビーチに面した素敵なレストランで美味しいディナーとビールで乾杯しました!

5日目はゆっくり朝食を食べてから空港へと向かい、後ろ髪を引かれつつ極寒の日本へと戻ることに!

今回、ハワイ島でのトレッキングが諸事情により実施出来なかった為、来年2019年の5月、ジャガランダの花が咲く頃、ハワイ島トレッキング、リべンジする事が決定しました!今回、行きそびれた方も是非ご参加下さいね~!

アロハ! コナ国際空港に到着

コナのスーパーにて物価調査

惣菜など量り売りが多いです

ビーチ沿いではマーケットが開かれていました

海沿いの景色

カメハメハ大王が晩年過ごした家

ハワイ州で一番歴史の古い教会

ワイピオ展望台からの景色

アカカ滝

レインボー滝

カラパナの溶岩台地

溶岩台地に生えていた植物

オヒア・レフア(真っ赤な花?じつはおしべの集まりです)

キャンディーズ・ビッグ・アイランド(チョコ&クッキー店)

店内はバレンタインの飾りつけがしてありました

キャンディーズに隣設されている植物園も素敵でした

UCC上島コーヒー農園直売所

コーヒー農園の中を案内して頂きました(解説は大宰府出身の女性、移住されているとか)

カメハメハ大王像(生誕地にてレプリカではありません)

マウナケアのオニヅカセンター

オニヅカ氏のレリーフです

絶滅危惧種のシルバー・ソード/銀剣草

マウナケア山を雪の女神ポリアフを神と崇める祭壇が設営されています

マウナケア山中腹でサンセット鑑賞

オニヅカセンター脇で交通規制(T_T)

印象派の画風のような夕焼け雲

空の色が刻々と変わっていく様は時を忘れます

晴れた日のマウナケア山を山麓から撮影

ハワイ島を後にしてオアフ島へ移動

オアフ島、ダイヤモンドヘッド公園、狭い草千里と烏帽子岳といった感じです(失礼しました)

山頂展望台からの景色

これぞハワイといった景色ですね!

少し下ったところから山頂を振り返る

ワイキキビーチから見たダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッドにズームイン

ワイキキビーチにて沈みゆく夕陽を鑑賞

ハワイ最後の夕食はここです!

ビーチ側から見た店内

ワイキキビーチ沿いのレストラン、リゾート感たっぷりと

初日のハワイ島の画像ですが、お疲れ様でした、チアーズ!

 

薩摩富士 開聞岳と竹山・大野岳

1月16日(火)~17日(水)鹿児島県の開聞岳、竹山、大野岳に登って来ました!

初日は大展望の大野岳(466m)に登りました。山頂一帯は公園として整備されており、山頂の近くには展望台も設営されており地元の市民にも親しまれている山です。山頂のすぐそ傍まで車で入ることが出来るため、初日の出に訪れる人も多いとか。山頂からの360度の展望は薩摩半島随一と評され、開聞岳や池田湖、東シナ海などの景色を楽しめます。また、錦江湾、桜島、大隅半島、晴れた日には硫黄島や屋久島の展望が広がります。我々が登った際にも、島影だけですが硫黄島、屋久島を確認することが出来ました。大野岳で展望を楽しんだ後は、長崎鼻の近くにある竹山(202m)を目指します。海岸線にラクダのコブのような異様な形をした岩峰が現れます。最初の鳥居を登り始めると15分ほどで中腹にあるお社に到着。これより上部は岩登りとなり通常の登山では危険な為、お社で終了とします。往路を引き返し、宿へと入りました。宿では勿論、砂蒸し体験もして頂きました。

2日目は夜中より降り出した雨(大雨)のため、登山口で時間調整して小降りになった頃を見計らい出発。

最初は小雨でしたが、登るにつれ雨も止みましたが山頂付近は残念ながらガスの中で展望なし(>_<)往路を下り、3合目ぐらいまで下った頃から日差しが出てきました。登山口を後にして、まずは昼食を済ませその後、温泉で汗を流しサッパリしてから帰路へとつきました。参加された皆さんお疲れさまでした!

火山活動が活発な桜島

せびら自然公園?

海岸線から見た開聞岳

大野岳公園展望台

池田湖

開聞岳と東シナ海

日本最南端の駅 指宿枕崎線 西大山駅

菜の花畑と開門岳

手前の岩山が竹山

竹山登山口の鳥居

竹山神社

登山で行ける最終地点にああるお社

美味しい夕食の一部

開門岳五合目展望所

九合目付近で視界が開けました

山頂部は残念ながらガスガス

下りのハシゴも気を付けて

登山口が近くなると陽射しが…

2018年 干支登山

1月6日(土)干支登山で福岡県の犬鳴山から西山まで縦走して来ました!

天気:曇り時々晴れ

行動時間:焼く5時間半

犬鳴トンネル口~犬鳴山~猪野岐~鹿見岐れ~薦野峠~西山~薦野峠~下降点~犬鳴ダム登山口

2018年の登り初めにしてはちょっと長いコースですが気持ちの良い樹林帯の山歩きを楽しむことが出来ました。

 

 

八女市 雌岳・姫御前岳・雄岳

12月14日(木)福岡県八女市黒木町に位置する雌岳・姫御前岳・雄岳の三座を歩いて来ました。

グリーンピア八女の駐車場をスタートして今回登る山で、一番標高の高い雌岳(596m)、姫御前岳(514m)、最後に雄岳(532m)の順番で登りました。雌岳・雄岳の山頂からは有明海を挟んで雲仙、耳納連山、英彦山、九重連山などの山々を確認することが出来ました。気温は低めでしたが歩くにはちょうど良い気温となりました。下山後は、グリーンピア八女で温泉入浴してから帰路へとつきました。今年最後の山歩きを無事終了、参加された皆さんお疲れさまでした!

行動時間は約4時間でした。

熊野古道 熊野三山と川湯温泉

12月8日(金)~11日(月)和歌山県の熊野三山を歩いて来ました。

熊野古道の初日は、発心門王子から水呑王子、伏拝王子、祓所王子を経て熊野本宮大社まで歩き、そのあと車で熊野速玉大社、神倉神社(ゴトビキ岩)を巡り、宿泊地の川湯温泉に到着。川湯温泉は冬の風物詩として川床に開設される大露店風呂『仙人風呂』が有名で、夜の灯篭の灯りの中で入る湯は雰囲気があります。

二日目は那智駅を出発して補陀落山寺、曼荼羅の道、大門坂を経て熊野那智大社、青岸渡寺、飛龍神社/那智大滝まで歩きました。

天気にも恵まれ楽しい古道歩きが出来ました。

帰路途中では和歌山県串本町にある橋杭岩、潮岬灯台の観光も楽しみました!

峯道ロングトレイル

12月6日(水)国東 峯道ロングトレイル第六回  文殊仙寺から行入ダム公園まで歩いて来ました。

天候:晴れ

行入公園に到着くするころには辺りが暗くなり始めていましたがギリギリセーフでした(^.^)

行動時間は約7時間でした!

宮崎県 飫肥の隠れ名山 3座

12月2日(土)~3日(日)

忘年登山で宮崎県日南市の飫肥にある名山3座に登って来ました!

初日は小松山(988m)に登りました。石原林道を進みケヤキ坂登山口よりスタート、程なくして板床コースと合流しその後は尾根を登っていきます。山頂直下の急登にはロープが張ってあり、喘ぎながら稜線に上がり左へ進み山頂に到着。モヤがかかっていましたが日向灘、日南市や明日登る男鈴山も確認することが出来ました。下山路は石原コースを利用し、無事下山。

2日目は西ノ園林道を車が入れるところまで進み、その後は徒歩で男鈴山登山口まで林道をさらに40分程進みます。あとは尾根を50分程登り男鈴山(783m)に到着。残念ながら山頂周辺はガスっており展望はききませんでした。山頂を後にして次の目的地、女鈴山へと進みます。縦走路の稜線は若干のアップダウンがありますが歩きやすい登山道が続きました。女鈴山山頂近くにある鈴嶽神社で参拝してから山頂へ向かいました。女鈴山山頂は本来展望が良いのですが今回は残念ながらガスっていました(>_<)下山路は台風の影響で倒木が多く大変でしたが無事下山することが出来ました。参加された皆さんお疲れさまでした!

下山後は同じ日南市にある鵜戸神宮に参拝してから帰路へ。

林道よりケヤキ林コースを望む

小松山登山口

小松山山頂に到着

今回、よく見れたツチトリモチ

鈴嶽神社入口

鈴嶽神社

女鈴山山頂

女鈴山山頂標識

林道登山口分岐へと戻りました

分岐の標識

鵜戸 鬼の洗濯岩

鵜戸神宮 楼門

本殿まで下ります

御本殿

霊石 亀石と奇岩

日南市にはモアイ像もありますよ~

男鈴山山頂にて ポーズ?

 

 

春日山原始林と柳生街道を歩く

11月26日(日)~29日(水)奈良県の春日山原始林と柳生街道を歩いて来ました!

27日(月)は柳生街道は滝坂の道/東海自然歩道から剣豪の道を経て柳生の里まで歩く予定でしたが、バスの待ち時間の関係で柳生の里から笠置の道を下りJR笠置駅まで歩くことにしました。

28日(火)春日山紅葉ハイクと奈良の町の自由散策を楽しみました。春日山原始林は世界文化遺産にも登録されており、春日大社の神域として古より狩猟や伐採が禁止されており素晴らしい自然林を今日に伝えている山です。今回は北遊歩道から若草山山頂を目指し、春日奥山道路や南遊歩道での紅葉ハイクを予定していましたが、台風の被害が大きく南遊歩道が一部通行止めとなった関係で北遊歩道から若草山の山頂を経由して北ゲートへと下る周遊コースへと変更しました。心配した紅葉も中腹より下は見頃で大変綺麗な紅葉を愛でることが出来ました。若草山山頂からは眼下に東大寺をはじめ、奈良盆地、遠くには生駒山地、金剛山地などの大パノラマが広がっていました。下山後は東大寺経由で近畿奈良駅まで歩き夕方まで自由散策を楽しみました。

暖かなお天気にも迎えられ楽しい奈良の旅となりました(^.^)

奈良と言えば鹿さんですね

浮見堂

旧柳生街道入口

滝坂の道

三体地蔵菩薩磨崖仏

弥勒磨崖仏(朝日観音)

上を見上げると紅葉が綺麗です

首切り地蔵

石切峠近くの茶屋

気持ちの良い山道

円成寺本堂

円成寺 多宝塔

剣豪の道 長閑な田園風景が広がります

柳生の里 家老屋敷

とりあえずゴール、柳生橋

おまけでJR笠置駅まで歩きました

周辺の山が紅葉して綺麗でした

朝、春日大社に参拝してスタート

春日大社

朱塗りの建物に金の灯篭が映えます

春日山遊歩道を登っていきます

森に朝陽が射しこみ綺麗です

見上げれば紅葉

春日山ドライブウェイ案内板

黄金色の森

若草山山頂入口

思い思いにシャッターを切ります

若草山山頂に到着

山頂付近は広い草原状になっています

若草山山頂を振り返る

のんびりと下山します

暫くは気持ちの良い下山路が続きます

モミジの紅葉

眼下に東大寺が見えています

綺麗な紅葉、何度も振り返ります

若草山 北側登山口へ下山

二月堂

東大寺 中門

大仏殿

鎌倉大仏 様

虚空蔵菩薩坐像

多聞天立像

如意輪観音

薬師寺 玄奘三蔵院伽藍

大講堂

食堂

唐招提寺 南大門

唐招提寺 石碑

鑑真和上 御廟入口

九州オルレ 福岡県 みやま・清水山コース

11月25日(土)九州オルレ みやま・清水山コースを歩いて来ました。

曇り空の一日となりましたが女山史跡森林公園や清水寺付近では綺麗な紅葉も愛でることが出きました。

竹林コース、紅葉の森林公園、史跡巡りをはじめ、展望なども楽しむことが出来る面白いコースでお勧めです!

山茶花の花も沢山咲いていましたよ~(^^♪

約5時間の行動時間でした。